一番楽しく痩せる?「自転車ダイエットのコツ」

気候の良い季節になったら、冬の間についてしまった脂肪を運動で落とすチャンス!

サイクリングも兼ねて、自転車ダイエットをしてみませんか?

効率的に痩せるためのコツをご紹介します☆

まずは自転車ダイエットの準備から


自転車はママチャリでも良いですが、できればクロスバイクやロードバイクがおすすめ。

ママチャリは運動用にできていないのでダイエット効果が出にくいし、長い距離を走るのには向いていません。

また、ペダルを漕いでいると汗をかくので、風邪をひかないよう吸汗速乾のサイクルウェアを用意しましょう。

忘れていけないのは頭を守るヘルメット! 汗で手が滑らないよう、グローブもあると良いです。

最初は短い距離から


普段あまり自転車に乗らない人にとって、いきなりの長距離サイクリングはキツいものです。

また、クロスバイクやロードバイクは慣れないとバランスがとりにくいので、初めて挑戦する場合は安全な場所で練習を積んだほうが良いでしょう。

うまく乗りこなせるようになったら、少しずつ距離を伸ばしてみてください。

脂肪は運動を始めてから20分ぐらいで燃え始めるので、最低でも20分、できれば30分ぐらい漕げるようにしましょう。

最適な心拍数を維持する


自転車は有酸素運動ですが、ダイエットの効果を最大限に引き出すには、一定の心拍数を維持することが重要だと言われています。

自分に最適な心拍数の計算方法は、「(220-年齢)×0.6」。

サイクルコンピュータや心拍計を使い、心拍数が極端に上がらないように調整しながら走りましょう。

自転車ダイエットの注意点


風を切って自転車を漕いでいるとつい水分補給を忘れてしまいがちですが、気付かないうちに汗をかいているので、こまめに水を飲むようにしましょう。

また、ペダルを踏む時は、つま先ではなく土踏まずのあたりを使うと、ふくらはぎの筋肉が鍛えられてダイエット効果が上がります。

それから、早く痩せたいからといって、疲れているのに無理に自転車に乗ったり、天気の悪い日まで強行するのは危険です。

週に3~4日でも運動効果は十分なので、マイペースで続けていきましょう。

まとめ

筆者はまだロードバイクを買うお金が貯まっていないので、エアロバイクを使って運動をしています。

30分も漕ぐと、汗がダラダラと出てきて気分爽快!

ダイエット効果があることを期待して、今日も頑張って漕ぎたいと思います。