《医師直伝》免疫力を上げる、”簡単3・6・9”って?

乾燥しやすい冬の季節。なんといっても菌が繁殖し、風邪を引きやすい季節になりました。

インフルエンザ風邪を引かない強い身体を作りたいですよね。

今回はイシハラクリニック副院長 石原先生直伝、“おやすみ前の『3・6・9』で免疫力上げる方法をご紹介します。

湿度が40%を切ると菌が繁殖!?


実は風邪やインフルエンザなどのウイルスは、湿度40%を切ると活発になると言われています。

特に、11月~3月までの冬の期間は平均湿度が50%以下になり、ウィルスが活発になりやすく、十分な注意が必要です。

しかも夜寝ている間は日中に比べて乾燥が進み、ウィルスが繁殖しやすい環境になるため、寝る前の一工夫が重要となってきます。

《3》3・3・3入浴法のやり方


体温が1度あがると、免疫力は一時的に5~6倍になるとも言われています。

体温や基礎代謝を高める入浴法が“3・3・3入浴法”です。


【3・3・3入浴法のやり方】
  • 42℃の熱めのお湯に3分肩まで浸かる

  • 湯船から出て3分で身体を洗う※この①と②を2回繰り返す

  • 最後に3分お湯に入る


肩までお湯に浸かることで、体重の約10倍の水圧がかかり、胸郭や肺が圧迫されて心臓に戻る血流が増え、全身の血液の巡りがよくなります。

しかもこの入浴法は、ウォーキング1時間、ランニング30分の消費カロリーである約300kcalに相当するといい、ダイエット効果も期待できます♡

《6》部屋の湿度は最低でも60%を保とう♪

冒頭でもお話したようにウイルスなどの菌が繁殖するのは40%以下ともいわれています。

湿度を下げないということも風邪予防に繋がります。

加湿器や洗濯物を活用☆

湿度を保つためには加湿器や濡れタオルを活用して部屋の湿度を50%~60%くらいに保つことがおすすめです。

また、夜に洗濯物を回して干しておくと湿度も上がるし洗濯物も乾くので主婦の方にはおすすめの方法です♪

《9》90秒のホット野菜ジュースで身体の芯からポカポカ♡


野菜ジュースに多く含まれている人参にはβ-カロテンが豊富に含まれており、β-カロテンは体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を健康に保つのに役立ちます。

さらに、人参は水分が少なく、陽性食材であり、体温を温める効果があります。

人参が豊富に含まれている野菜ジュースは、手軽にビタミンAを摂取できるドリンクなのです。

また、ホットにすることで寒い季節でも身体の芯から温まることができます。

睡眠前のひと時にゆっくりと読書をしながら飲んでみるのもいいですね☆


【90秒ホット野菜ジュースのつくり方】
  • カップに野菜ジュースを注ぎ、すりおろしたショウガをひとかけ加え、混ぜ合わせる

  • カップをレンジに入れ、500Wで90秒温める

加熱するとより効果がアップ!?


カロテノイド(β-カロテン、リコピン)とミネラル(カルシウム、マグ ネシウム)は、加熱をして固い細胞壁を柔らかくして壊しやすくすることで、吸収率を高めることができます。

特に野菜ジュースは「破砕」と濃縮する際の「加熱」の2工程を経ており、カロテノイド・ミネラルの吸収にとってはかなり最適な摂取方法です。

実際に、2015年9月にカゴメが発表した研究結果では、生人参よりも野菜・果実ミックスジュースの方がβ-カロテンを効率的に吸収できることが確認されています。

『3・6・9』の法則でインフルエンザ・風邪に負けない体に♪


簡単にできる『3・6・9』の法則。

一度覚えてしまえばあとは自然と生活習慣に取り入れるだけですね。ぜひ2019年は風邪やインフルエンザに負けない健康な年にしてくださいね♡


監修:イシハラクリニック副院長 石原新菜先生