「3回神話だけど…」4回目のデートは脈アリなのか?【男性心理】

4回もデートを繰り返せば「これは脈アリってことでいいのかな?」と甘い妄想を抱いてくるころではないでしょうか。

でも実際のところは4回目のデートに誘ったからと言って、絶対に脈アリとは限らないんですよね。

ではどのような状況であれば脈アリだと言えるのか?今回は男性心理を見極める方法について解説していきたいと思います。

4回目のデートに誘ってくる男性心理


告白するなら3回目のデートで決着をつけるのが平均的とよく耳にしませんか?でももちろん3回目で告白したければいけない理由はありません。

それに4回目もデートに誘ってくるということは好いていることは確かです、ならばLIKEなのかLOVEなのかの2択になるため、それを見極める必要があるんですよね。

男性があなたをどんなポジションに置いているのかはデートの内容を見ればよくわかるので思い出しながら確かめてみてください。

4回目のデートで脈ありか見極める方法

デートプランをしっかり考えてくれている


好意を持っている女性とデートする際には事前にデートプランを計画する男性が多いです。

デートでグダってしまったら男として情けないし、女性からしても冷める原因になってしまうので退屈しないようにある程度のことは考えてデートをします。

4回目のデートでも凝ったプランを提案してくれるのであれば、あなたのことを大切に想っているという証拠。まだ告白する勇気がなく踏み出せないだけかもしれません。

恋愛について話をしてくる


男性は意外と告白して成功する可能性が高いとわかるまで告白しなかったりする生き物です。

なので好意があれば、あなたの気持ちを確かめるために恋愛についての話題を出してくるでしょう。

恋愛の話題と言っても、男性が他の女性についての恋愛相談をしてくる場合は友人枠に入れられてしまっている可能性が高いです。

でも逆に「好きな人いるの?」とか「どんな人がタイプなの?」というなんの変哲もない話題を2度も3度も出してくるようなら、あなたの気持ちを知りたがっている証拠

そんなときは男性の性格に当てはまるタイプを伝えてあげると距離が縮まりやすいですよ。

「買ってあげるよ」と言ってくる


男性は好きな女性には格好をつけたいと思う生き物です。そのため女性がほしがっているものがあるとプレゼントをしてあげたくなるんですよね。

ということは、デート中になにかを欲しがってみれば脈アリかを確かめられます。

あまり高いものをねだるのはイメージが悪くなるので、帽子とかマグカップとか、3,000円くらいあれば買えるものを「かわいい!買おうかな〜」と言ってみましょう。

そのときに男性から「買ってあげる」という言葉が聞ければ恋愛対象として意識されていると言えますね。

ただし、買ってあげると言われたあとは一度「悪いからいいよ!」と断りましょう。それでも買ってくれると言ったときだけ買ってもらうのです。謙虚さもアピールすることであなたの株が上がります。

次のデートの約束が取れるか確認する


食事に行くくらいなら友達でもできますが、デートらしいデートって好意がないとしないです。

なので「みたい映画がある」「買いたいものがある」「並んででも食べたい行列の〇〇がある」とサッと食事だけで済まされない予定を取り付けられるのかを確かめてみてください。

デート中だったら直接話しているから次の予定も立てやすいです。デートらしいデートをしたことがないのであれば、なおさらしっかりしたデートができるのかで脈アリかを見極めましょう。

デート内容にもよりますが4回目のデートなんてまだまだ相手のことを知らない状況です。

じっくりお互いを知ってから付き合いたいと思っている男性はまだまだ告白はしてこないかもしれません。

しかし、好意があるのかは4回もデートをすればわかっているので、デート中に潜んでいる彼の気持ちはしっかり見極めていきましょう!