修正いらずの肌を目指す♡SNS美人の鍵は下地を上手に活用すること♡

自撮りも含め、写真を撮ったときの自分の肌のトーンやしみ、クマが予想以上に気になる…という方に必見!

その肌悩み、メイクのベース作りで解消できちゃうんです!

コントロールカラーを味方につける!

shutterstock_667509178

下地には色つき、白色のクリーム様々ありますが意識して選んでますか?色つきの下地は、使い方によってシミ、くすみ、ニキビ跡などの肌悩みも隠すことができます。早速自分の肌の色、お悩みに合わせて上手に選ぶポイントをご紹介します。


自分肌のベースの色を知っておくと便利です

shutterstock_427216555

人にはベースの肌の色があり、イエローかブルーかどちらかに分かれます。イエローは黄みがかっている肌。

ブルーは色白で青みがかった肌。自分はどちらの色か知っておくと、下地はもちろんファンデーションを選ぶ際の1つの目安になります。


お悩みに合わせて下地・コントロールカラーを選びましょう

肌のくすみが気になる場合

イエローは肌のくすみを明るく、健康的な肌に見せてくれます。何色がいいのか困った時はイエローにすると間違いがありません。

また、ブルーは黄ぐすみを解消してくれます。これは補色の色の働きで黄色のくすみを目立たなくします。ただし、色白の人は血色がわるく見えてしまうのでNGです。


肌の顔色、血色がない場合

ピンク色はお肌を明るく見せてくれます。パープルは透明感があるお肌に、立体感があるお肌にも見せてくれる効果があります。


クマ・茶色のくすみが気になる場合

オレンジは青白いクマの部分、年齢による茶色のくすみを消し、肌の色を均等に見せてくれます。オレンジは均等使いにしましょう。


にきび跡が気になる場合

赤みを帯びたにきび跡にはグリーンの下地がおすすめです。他、小鼻の赤み、頬の赤みにも有効です。グリーンを全体に塗ってしまうと、白浮きしてしまうので部分使いしまよう。


自分のベースの肌や悩みに合わせて使用すれば肌が健康的に魅せることができ、さらにメイクも一層綺麗に仕上がります。ぜひ、取り入れてみてくださいね。