プチプラの神!「ちふれ化粧下地」を徹底比較してみました♪

ちふれのアイテムはプチプラなのに優秀なところが魅力的♪

今回はそんなちふれの人気プチプラ下地3種類を塗り比べて比較してみました。

ちふれの下地が気になっているけど「どれを選んだら良いか分からない……」とお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

ちふれの3種類の化粧下地って?

まずは今回比較するちふれの3つの化粧下地について、それぞれ簡単に説明していきます。

1:メーキャップベースクリーム


「メーキャップベースクリーム」は、保湿クリームみたいな使用感の下地クリームです。

UVカット効果などはありませんが、お肌を保湿しなめらかな状態に整えてくれる効果があります。

またホワイトカラーのクリームで、ほんのりトーンアップもしてくれますよ。


容量・価格:35g 300円(税抜)

2:メーキャップベースクリームUV


「メーキャップベースクリームUV」は、淡いピンクカラーの化粧下地でお肌のくすみを自然にカバーしてくれます。

紫外線吸収剤不使用ですが軽いUVカット効果(SPF18・PA+)があります。

保湿力がありながら、べたつかないところもポイントです。


容量・価格:35g 600円(税抜)

3:メーキャップベースミルクUV


「メーキャップベースミルクUV」は、さらりとした日焼け止めみたいなテクスチャの下地です。

UVカット効果が「SPF34・PA+++」で、夏も活躍してくれそう。

テカリや皮脂を抑えてくれるタイプの下地なので、オイリー肌さんに人気があります。


容量・価格:30mL 700円(税抜)

ちふれの下地塗り比べました♪


それでは3種類の下地を比較していきましょう!

こちらは3種類のちふれの下地を実際に出してみたところです。

こうして見ると、カラーが結構違いますね。 テクスチャの違いもわかるのではないでしょうか。


手の甲に軽く伸ばしてみると、こんな感じになります。

「メーキャップベースクリーム」と「メーキャップベースクリームUV」はクリームタイプなだけあって、しっとりとしています。

「メーキャップベースミルクUV」はゆるめのテクスチャで、肌馴染みが良い感じですね。

どれも色味はそこまで主張しないので、白浮きなどは気になりませんでした。

結局どれがおすすめ?


結局3つのうちどれがおすすめなのかというと、それは「肌質と求める効果」によります。

乾燥肌の方には保湿力が高めの「メーキャップベースクリーム」と「メーキャップベースクリームUV」が、オイリー肌の方にはさらっとした質感の「メーキャップベースミルクUV」がおすすめです。

またUVカット効果もそれぞれ異なるので、季節やシーンに合わせて選ぶのも良いですね。


ちふれの3つの下地を実際に塗って比較してみましたが、いかがでしたか。

それぞれ違った特徴がありながらもどれも優秀な下地でしたので、気になるものがあったらぜひ使ってみてくださいね。


■公式: https://www.chifure.co.jp/