メイク崩れにサヨナラ!朝のメイクを夕方までしっかりキープする方法

朝、時間がない中でもメイクだけはバッチリ。颯爽と出かけていって……なのにお昼前にはもう崩れかけ。

なんて経験はみなさんにもあるのではないでしょうか?

メイク崩れは朝の仕上がりの時のキレイを一日中維持したい女子にとっては手ごわい難敵です。 

1日何度もメイク直しをしていては、自分がわずらわしいだけでなく仕事をサボっているように見られてしまう危険も。

オフの日の外出でも、メイク直しの度に相手を待たせてしまうのは気遣いのできる女性とは言い難いですよね。

かといってメイクを崩れたまま放置しているのも……。

large
出典:weheartit


▼夕方の顔は+5歳

オフィスで働く女性の顔は、同じ職場の男性の目に、朝に比べ夕方には5歳ほども老けて見られているとか。シビアですね……。

▼メイクが崩れた顔は魅力半減

女性の多くは、完璧メイクの自分に比べると、崩れメイクの自分の顔は50%パワーダウンと判断しているそうです。冷静ですね。

それではどうしたらメイク崩れを予防し、朝のメイクを夕方までキープできるのでしょうか?



朝のメイクを夕方までしっかりキープするポイント

○まずはしっかり洗顔

shutterstock_440166898

朝はぬるま湯洗顔で十分、そんな話も聞きますね。

でも汗をかきやすい夏はそれでは十分皮脂や汚れは落ちません。

しっかりやさしく洗顔して、寝ている間の汚れをきっちり落してしまいましょう。



○十分な保湿

shutterstock_389224699

肌の水分が足りないと、皮脂が過剰に分泌されたメイクは崩れやすくなってしまいます。

洗顔後は化粧水や乳液で十分に潤いを与えましょう。



○洗顔後にはひきしめ

shutterstock_409853893

お湯で洗顔した後の肌は毛穴が開いたままの状態。

冷水での引き締め、冷やしたタオルで引き締めの習慣を付けましょう。収斂効果のある化粧水を使う方法もあります。



○パックで集中保湿&ひきしめ

shutterstock_621994616

シートマスクでしっかり潤いを肌に浸透させ、同時に毛穴を引き締めるケアも効果的です。

洗顔後のパックもいいですが、余裕がある朝や、特にしっかりメイク崩れを抑えたい日は、朝の洗顔後にコットンやマスクを使いましょう。

十分に潤いを与えて肌をきゅっと引き締めたら、それからメイクに取り掛かると良いでしょう。



○ファンデーションの厚塗りはしない

shutterstock_367912988

多くのファンデーションには油分が含まれています。メイク崩れを避けるためにファンデーションを厚く塗ってしまうのはよくありません。

ファンデーションの油分で余計にメイク崩れを起こしやすくしてしまいます。ファンデーションはあくまで薄付きで。



○汗を防ぐ

顔からの汗はメイク崩れに直結します。

ポケット付きのタオルやハンカチに包んだ保冷剤を持ち歩き、手や首を冷やして汗を防ぎましょう。

また汗をかいてしまったら、吸収しやすいガーゼタオルや脂取り紙ですぐに抑えることも忘れずに。



 

メイクの仕上がりを台無しにしてしまうメイク崩れ。

できるだけ予防するには日頃のケアとちょっとした工夫が大切です。 

せっかくのオシャレや楽しい気分、やる気まで削いでしまうメイク崩れを防いで、元気にキレイに過ごしましょう♪