香水どこに付けるのがベスト!?香りを持続させるコツ♡

第一印象を良くしたいとき、デートのとき、メイクやファッションと同じく効果的なのが 香水

でも、付ける場所や量を間違うと強い 香りを周囲にまき散らして最悪な結果に・・・。

そうならないため、いま一度 香水のつけ方をおさらいしてみませんか?

香水をつけるポイント



・外出の30分程度前につける
・擦らない
・耳の後ろは香りがきつくなるのでNG
・手首も食事の邪魔になるのでNG
・ほのかに香らせるためには下半身につけるのが◎
・自分でハッキリ香りが分かるほどつけるのはNG

香水は付けた瞬間は強く香り、30分ほどすると香水本来の香りが出てきます。

つけてすぐに満員電車などに乗ると、かなりキツイ匂いを漂わせることに……。

手首で擦ってからつける――というのはやってしまいがちな間違い。

これをやると香りの粒子が潰れ、香水本来の香りが出てくる前に消えてしまいます。


香水をつける、おすすめの場所



香りの強さは温度と関係していて、血管が近い場所(体温が高い場所)につけると長く良く香ってくれます。量は総じて少なめに。家族や友人などに確認するとつけ過ぎを防げます。



手首

脈打つ部分につけるとほのかに香ります。香りの持続が低いので何度かつけ直しが必要です。



耳のうしろ

つけると強い香りを漂わせます。少ないかな?と感じる程度の量がベスト。



膝の裏

香りは下から立ち上がる性質があるので、香りが全身を包みます。ほのかに香らせたいときに忍ばせておくと良いです。



髪の毛

肌への刺激が不安な方は髪の毛につけると安全です。髪が揺れるたびほのかに香ります。頭皮にはつけないように。



ウエスト

服を着る前にウエストの左右から30cmほど離して1プッシュ。

全身がほんのり良い香りに包まれる、とても品良い香らせ方ができます。


足首の内側

汗をかきにくい場所のため、香りが全身を包み、ほどよい香り方をします。

つけ直す場所としてもおススメです。


太ももの内側

体温高めの太ももの内側は、やわらかな香りを演出したい時に最適です。


ひざの裏

ひざ裏の少し内側につけると、適度に香らせ、また長く香りを楽しむことが出来ます。


バストの谷間

コットンに含ませて下着に入れておくと、香りが長持ちします。


洋服や持ち物

スカートの裏地の裾や、ハンカチなど、シミになっても大丈夫な場所につけましょう。さりげなく良い香りを漂わせる香り美人になれます。

香水をつけてはいけない場所

直射日光を受ける場所はつけない方が無難です。香料の種類によってシミやかぶれなどの症状を引き起こす場合があるからです。

首、鼻周辺、汗の出やすい額や脇の下も汗と香りが混ざってしまうので避けたいところです。