「眉も整形級!」皆がリピする神アイブロウ

ケイト デザイニングアイブロウ3Dは、「これがないともう眉が書けない」という人も多い人気商品です。

どこがそんなに使いやすいのか、特徴を調べてみました。

アイブロウとノーズシャドウが一体になっている

出典:qoo10

濃中淡3色入りで、アイブロウノーズシャドウがこれ1つでできてしまいます。

ブラシもそれぞれに適したものが付属品として付いてくるので、わざわざ別に用意する必要もなく、時短メイクに便利♪

ミラー付きで、外出先でもささっと使えますよ。

立体グラデ眉が簡単に作れる


ケイト デザイニングアイブロウ3Dには「ライトブラウン系」「ブラウン系」の2種類のカラーがあります。

濃中淡3色を好きな色に混ぜ合わせることもできるので、自分のの色に合わせやすいのが人気の秘訣です。

また、付属のアイブロウブラシは眉尻まで繊細に描ける造りになっており、不器用な方でもきれいな立体グラデ眉が簡単に作れます。

公式HPが教えるベストな使い方!

【アイブロウ】
(1)ブラシにパウダーを適量とり、一度手の甲などで調節。

(2)上段・中段をお好みの色に混ぜ、眉全体をぼかすように描きます。

眉頭は淡めに、眉中央から眉尻に向かって少し濃いめに色をのせて、グラデーションをつくることで、眉に立体感を演出できます。

(3)上段を眉山〜眉尻まで細く描きます。


【ノーズシャドウ】
ノーズシャドウブラシに下段をとり、眉頭の下から鼻の側面に沿って淡くぼかします。

気になる口コミをチェック!


↑美容に敏感な人達の間でも人気が高い「ケイト デザイニングアイブロウ3D」。

自然で印象的な眉が簡単に描けるので、一度使うと手放せず、他のアイテムに浮気しても戻ってくるリピーターが多いです。





↑一番薄い色は主にノーズシャドウに使われますが、ここが先になくなると言っている方が多いです。

バランスの良い容量のものが発売になるといいですね。



↑「落ちにくい」という口コミも発見!

きれいな状態が長持ちするのは嬉しいですね。

まとめ

筆者はペンシル型とパウダータイプ、両方のアイブロウを持っているのですが、やはり自然な仕上がりを求めるならパウダータイプがいいなぁと思っています。

「ケイト デザイニングアイブロウ3D」は色を混ぜて使うことができるので、よりナチュラルに仕上がりそう。

1,000円ぐらいで買えるし、今使っているアイブロウがなくなったら、ぜひ試してみたいと思います☆

ケイト デザイニングアイブロウ3D