【プロ直伝テク】ファンデ全塗りは卒業!塗るべき場所は○○だけ!?

ファンデーションは顔全体に塗るもの。それが一般的なファンデーションの塗り方の常識ですよね。

でも実は、ある一部分にだけたっぷりファンデーションを乗せれば、顔全体に塗らなくても美肌に仕上がるんです!

シミやくすみもしっかりカバーできるのにナチュラル、プロのヘアメイクさんイチオシの斬新なファンデーションの塗り方をご紹介します。

ファンデを塗るのは美肌ゾーンのみでいい

美肌ゾーンにたっぷりファンデーションを塗る



美肌ゾーンとは、目の下から頬骨の高い部分を通ってこめかみまでの部分です。

人気ヘアメイクの長井かおりさん曰く、美肌ゾーンにファンデーションをたっぷり塗るだけで、簡単に立体感のあるベースメイクに仕上がり、さらにシミやくすみもカバーできるそう。

使うのはリキッドファンデーション。ポイントは、ファンデーションをなじませるときにスポンジで優しく叩き込むこと。

スポンジや手で伸ばすと、シミなど隠したい部分が目立ちやすくなります。

美肌ゾーン以外はスポンジに残ったファンデを撫でるようにつける

スポンジに残ったファンデーションを顔全体に撫でるようにつければ、もうファンデーションは塗る必要はありません。

本当にそれだけで美肌に仕上がるの?と疑う人にこそ、やってみてほしいメイクテクニックです。ファンデーションを使う量が減るぶん、節約にもなりますよ♡

下地はピンク系下地&ポリマー系下地を部分使いしよう

숨さん(@beauty_soom)がシェアした投稿



より美肌に仕上げるためには、2種類の下地を使い分けましょう。肌のくすみをトーンアップさせるピンク系下地と、皮脂を抑えて毛穴をカバーするポリマー系下地がオススメ。

下地もファンデーション同様、顔全体に塗らずに必要な部分にだけ塗ります。

  • ピンク系下地:目の周りに塗る
  • ポリマー系下地:皮脂が出やすい部分(小鼻、鼻の頭、頰など)にくるくると塗り込む

ヘアメイク長井かおりさんのメイク動画が参考になる!

様々なメディアでヘアメイクを手がける人気ヘアメイクアーティストの長井かおりさん。

今回ご紹介したファンデーションテクニックは、長井かおりさん推奨のテクニックです。

動画で詳しいやり方がチェックできるので、ぜひご覧ください♡

▽下地の塗り方


▽ファンデーションの塗り方

いかがでしたか?これでもうファンデーションの塗り方に悩むことはなくなりますね!?是非試してみてくださいね。