実は簡単♡まつげカールを持続させる4つのテクニック

どのマスカラを使ってもまつげのカールが取れてしまう・・・。

その原因は、マスカラではなくビューラーの使い方とマスカラの付け方にあるかも?

今回は、朝のくるっとカールまつげが長時間キープできる、ビューラーテクとマスカラの使い方をご紹介します♡

クルンとカールまつげを作るビューラーの使い方

81c863291b70d167d89c166c6020a130_s
出典:photo AC

テク1. 根元部分はビューラーを眼球のカーブに押し付ける

まつげの根元をしっかり上げると、まつげがグンと長く見えます。

軽くビューラーを根元に挟んだら、ビューラーの上のカーブを眼球のカーブに押し付けましょう。

さらに根元の深い部分をカールできるテクニックです。

テク2. ビューラーを持つ腕はひじを上げる

根元をカールさせたら、少しずつ毛先に向かってビューラーを動かしましょう。

このとき、ビューラーを持つ腕はひじを上げるようにします。そして手首は手のひらが天井を向くように、少しずつ返していくと、綺麗なカーブまつげができるんです。

ビューラーでまつげを強く挟むのはNG

カールキープのために、手に力を入れてビューラーで力強くカールさせる人は多いと思います。

力強くまつげを挟むと、抜け毛の原因になるので要注意。

筆者も一時期、力任せにビューラーでまつげを挟む方法を使っていたのですが、まつげにダメージが加わってまつげが短くなってしまいました・・・。(その後しばらくビューラーを使わずにまつげケアしたら復活しましたよ!)

ひじと手首の使い方を意識すれば、弱い力でもしっかりカールまつげに仕上がります。

カールが落ちないマスカラの塗り方

e502f340a29956332ce2c522106660b1_s
出典:photo AC

テク1. マスカラはまつげ上下に塗る

普通マスカラを塗るときは、下からマスカラを当てて塗りますよね。

この方法では、マスカラが乾くと液が縮んでまつげに負荷がかかり、カールが下がりやすくなるのです。

カールをキープさせるためには、上からもマスカラを重ねて、上下の重さのバランスを整えましょう。

テク2. カールキープ剤は必須!

IMG_0402 (1)

カールキープのためにマスカラを買い替えるよりは、まずカールキープ剤を手に入れたほうがいいです。

カールキープ剤を塗るだけで、プチプラのマスカラでもしっかりカールがキープできますよ!

筆者のオススメは、キャンメイクの「クイックラッシュカーラー(透明タイプ)」。

IMG_0403

画像は朝メイクしてから6時間後、メイク直ししない状態で撮影しました!

カールがあまり取れていませんよね♪

使い方は、さっと撫でるように上下のマスカラにつけ、乾いたらマスカラを重ねます。これを使ったときと使わなかったときでは、カールのキープ時間が全然違うんです!

価格も734円とプチプラなので、試して損はないですよ♪

まつげのカール力はビューラーとマスカラの塗り方次第

高級なマスカラを使っても、カールがキープできないのは、土台づくりと塗り方に問題があるから。

マスカラを買い替える前に、まずはビューラーの使い方とマスカラの塗り方を変えてみてください!