パッチリアイに見せる!たったコレだけ♡アイラインの正しい引き方

誰もが憧れるパッチリアイ。そのポイントはアイラインです。アイラインの引き方一つで、目がより大きく見える方法があります。そこで今回は、正しいアイラインの引き方をご紹介します。

やるとやらないとじゃ全く違うまつ毛の間ライン

shutterstock_641114647

難しそうで、つい手を抜いてしまいがちなのが、まつ毛の間の白い皮膚の部分をライナーで埋めることです。

ここをしっかり埋めることで目のパッチリ度が変わってきます。

また、まつ毛の根本の密度が濃くなるため、まつ毛も多く見えるという嬉しい効果があります。

引き方はまぶたを引っ張り、まつ毛の生え際の下からアイラインを引いていきます。点と点をつなげるようなイメージで少しずつ引いていくと上手に引けます。


目の幅を広く見せる引き方

large
出典:weheartit

目の幅を広く見せる引き方を2つご紹介します。
まず、1つめは目頭にもラインを細く入れること。目の幅が広く見えるのでおすすめです。

上手く描くコツは、目頭に「く」の形に入れるということ。かなり細く入れることがポイントなので、リキッドのアイラインがベストです。

もう1つの方法は目尻に向かって少しずつ太く、若干長めに入れる方法です。目尻の端を少し跳ね気味に描くことで、セクシーな切れ長の大人っぽい目に仕上がります。

逆に目の形に添って自然なラインで下げて描くと可愛いく幼いイメージになります。どちらの方法も目の幅は広く見えるので、その日のイメージによって引き方を変えることができますね。


リキッドかペンシルか?

リキッドはくっきりとした印象に仕上がります。インパクトのある大きな目もとになりたいときに取り入れましょう。

メイク上級者は迷わずこちらを選びましょう。

ペンシルは柔らかい雰囲気に仕上がります。ナチュラルでぱっちりとした目もとになりたいときに使用しましょう。こちらはアイライン初心者さん向けです。


アイラインの上手な引き方を覚えてしまえば、目元を大きく見せたり、雰囲気を変えたり自由自在にできます。

色々なパターンを試してみて、ご自身に合う種類のペン、引き方を探してぱっちりとした印象的な目もとをメイクしましょう!