平行眉で今どき美人顔に!顔タイプ別おすすめ平行眉メイクをレクチャー!

公開日:2021年3月1日


自分の眉毛に満足している人は意外と少ないものです。

そこで今回は、トレンドの垢抜けおすすめ平行眉のご紹介です!

少し形を変えるだけで、今どきの美人顔にチェンジできる平行眉

顔タイプ別に似合う形や、正しい整え方を知って

マンネリ化していた眉メイクの雰囲気を変えていきましょう♪

平行眉とは?特徴は?

平行眉
出典:beauty-matome

眉メイクのトレンドって、とっても変化が大きいですよね。

細い眉が流行した時代もあれば、しっかり描く太眉が主流になった事もありました。

そんな眉メイクのトレンドヒストリーの中で、平行眉は2010年位から取り入れられるようになった形なんです。

眉下のラインを、地面と平行に描くという事から名付けられた平行眉。

当時の平行眉はかなり短めで、眉尻まで直線で描くことで、少し下がった眉毛に見えるものでした。

時代やファッショントレンドも変化して、今また火がついた平行眉は、形も仕上がりも進化しています。

今回ご紹介するのは、旬な仕上がりで垢抜け顔になる最新版の平行眉♪

誰でも簡単に取り入られて、マンネリ化していた眉メイクもイメージチェンジできますよ。

平行眉の特徴

平行眉の名称「平行」には、2つの意味があります。

まずは眉毛の下ライン。ここのラインが地面と平行であることから名付けられています。

地面と平行に書くことで、目と眉毛の位置も近づき目が大きく見えます。

下のラインが整っていることで、眉メイクがクッキリ綺麗に見えて、まるでプロアーティストが書いたような美しい眉毛に仕上がります。

「平行」の由来2つめは、眉の下ラインと上ラインが平行になっている事です。

眉頭から眉山手前までの上下のラインは平行に仕上げるのが特徴、眉毛の中に小さな長方形を描くイメージです。

上下ラインが平行に整っているので、すっきりした印象になり自眉毛が綺麗に生えているように仕上がります。

平行眉が似合う人

最新の平行眉の魅力は、ほとんどの顔形やテイストにも似合わせやすい事です。

以前の平行眉が眉頭から眉尻まで直線だったことで、丸顔や目の丸い人には不自然に見えてしまっていました。

最新版の平行眉は、地面よりも2度程角度をあげて描きます。

さらに眉山から眉尻は、なだらかで自然なアーチも作ることから多くの顔形に取り入れやすくて似合う形で仕上げる事ができます。

形は平行眉でも、太さを変えて太眉に仕上げたり、細眉にしたりの調節も可能。

なりたい雰囲気や自分の顔パーツの大きさに合わせて似合わせ眉が作れます。

特に相性が良いのは、面長形と丸顔形のお顔。太眉の平行眉は、お顔の面積を小さく見せてくれるので小顔効果もあります。

また、遠心顔や求心顔さんも、眉頭の位置を少し変えるだけでお顔バランスが取れるんです。

平行眉が似合わない人

眉は目元メイクの一部です。目の形によっては平行眉がお顔の印象を大きく変えてしまうので注意が必要な方もいます。

例えば、目尻の角度が急で上に上がっているつり目さん、または下に下がっている垂れ目さんの目元にはあまりおすすめできません。

平行なラインは、角度のある目の形を極端に見せてしまいます。

つり目さん、垂れ目さんは、目の形に合わせて少しアーチを取り入れる形で仕上げましょう。

平行眉の魅力は?

平行眉の魅力
出典:beauty-matome

最大の魅力は、どんなテイストのメイクにも、お顔の形にも似合わせやすい事です。

平行で顔の形に合わせて書かれた平行眉は、すっきり印象的に仕上がるのに自然でとっても垢抜けておしゃれに見えます。

特に、マスクをしている生活では、目元の印象が全てを決めるといってもいいほど。

整って綺麗に書かれた平行眉は、目元の存在感がアップして魅力的に見えます。

また、自分の毛や毛流れを使って描いていくので、自眉毛を抜きすぎたり切りすぎる必要もありません。

お手入れも楽ちんで、簡単に似合わせ眉毛が描ける事も、平行眉の魅力なんです♪

そえぞれのお顔の特徴で、平行眉の魅力をまとめました。

丸顔

お顔に丸みがあると、幼い印象に見えやすいです。

平行眉で仕上げることで、大人っぽさが増して意思の強い目元に仕上がります。

平行眉でも少し細さを出すことで、お顔が引き締まり小顔効果でほっそりと見えます。

面長

縦のお顔面積が多く、おっとりした印象の顔立ち。

少し太めの平行眉に仕上げると、お顔の面積を少なく見せ、面長も目立ちにくくなります。

また、ラインが整った眉毛はすっきり見えて、キリッとした印象になります。

遠心顔/求心顔

お顔のパーツが中心、または外側寄りのお顔立ちにも平行眉はぴったり。

眉頭のスタート位置を調節することで顔のバランスが整います。

平行眉の整え方

平行眉の整え方
出典:beauty-matome

平行眉を美しく仕上げる為には、眉が整っていることが大切です!

正しい平行眉の為の、眉毛の整え方をご紹介していきます。

必要なアイテム

眉ペンシル(下書き用)
毛抜き
眉毛用ハサミ
コーム
スクリューブラシ
眉用シェーバー

手順

平行眉の整え方
出典:beauty-matome

①眉毛は、丁寧にとかしてから始めましょう。スクリューブラシで毛先を立てるように毛流れにそってとかします。


手順
出典:beauty-matome

②眉の下ラインと上ラインを、眉山あたりまで薄く眉ペンシルで下描きします。

さらに眉の黄金比で眉頭、眉尻の位置を決めて下書きで眉毛を仕上げておきます。眉を整えるときのガイドラインになり、切りすぎを防げます。

下ラインは、地面より2度位角度をつけるイメージで、下眉毛の毛と毛の間を埋めていくようにラインを繋げましょう。上のラインは下ラインと平行になるように眉山まで描きます。

平行眉の黄金比:眉頭は小鼻から垂直に上がった位置からスタート、眉山は真正面を向いた時の黒目の外側の眉の筋肉がある所に。

眉尻は、小鼻から目尻を一直線上に結んだ時の延長線上にします。


平行眉の整え方
出典:beauty-matome

③上下に下書きしたラインよりもはみ出て生えている毛は毛抜きで抜いておきます。


平行眉の整え方
出典:beauty-matome

④眉頭の長い毛をカットしていきます。コームを使って眉の上ラインまで毛をとかし、はみ出た部分をカットしていきましょう。

⑤眉中央から眉山部分の余分な毛をカットしていきます。中央の毛は上向きに生えています。毛流れにそってコームでとかし、ラインよりもはみ出た毛はカットしてください。

⑥眉山に向かうにつれ、毛流れは下向きになっていきます。自然な流れに合わせてとかしながら、眉尻よりも長い毛がある場合はカットします。

⑦全体をみて、はみ出ている毛が残っていればカットします。


平行眉の整え方
出典:beauty-matome

⑧シェーバーで、毛抜きで掴みきれない産毛や短い毛を剃っていきます。

ポイント

・平行眉は、毛流れを生かして仕上げていきます。ケアをする前には丁寧にとかして、毛流れを整えてからスタートしましょう。切り残しや、切りすぎも防げます。

・下書きは濃く描きすぎないようにしましょう。毛が見えにくくなり、綺麗にカットしにくくなります。

・シェーバーやハサミは刃物で危険です。使う時は周りに人がいないところで、慎重に行いましょう。

基本の平行眉の描き方

基本の平行眉の描き方
出典:beauty-matome

眉を綺麗に整えたら、平行眉を描いていきましょう♪描き方の手順とポイントを紹介していきます。

必要なアイテム

眉ペンシル
マイブロウパウダー
アイブロウブラシ
コームまたはスクリューブラシ
眉毛用マスカラ
アイシャドウブラシ(ぼかし用)

平行眉を描く手順

平行眉を描く手順
出典:beauty-matome

①コームまたはスクリューブラシで眉毛をとかして、毛流れを整えます。


平行眉を描く手順
出典:beauty-matome

②ペンシルを使って、形を先に作りましょう。眉頭1センチ位外側の眉下ラインから書き始めましょう。

地面に対して2度くらいの角度を意識して、眉山の下までまっすぐラインを書きます。

③眉の上ラインを書いていきます。下のラインと平行になるように書いていきます。上の毛は下に比べて隙間も多くぼやっと見えやすいので、書き始めは下よりも少し内側からスタートします。眉頭5ミリ外側から眉山まで真っ直ぐラインを書きます。

④眉山から眉尻のアーチは、すっきり書くためにそのままペンシルで仕上げます。眉の下ラインを、眉の黄金比で設定した眉尻まで伸ばします。

⑤次に上ラインも眉尻まで繋げましょう。眉山からのラインには、自然なアーチができるはずです。


平行眉を描く手順
出典:beauty-matome

⑥アイブロウパウダーを使用して、眉の中と眉頭を仕上げていきます。平行眉は強さが出やすいので、髪の毛よりも少し明るめのブラウン系を使用しましょう。

眉頭1センチ外側から毛流れに合わせてブラシを動かして、毛と毛の間を埋めていきます。眉山から眉尻、ペンシルで書いた隙間もブラシを滑らせるようにスっと動かして埋めていきましょう。

⑦眉の中央から、眉頭に色をぼかしていきます。濃くなりすぎないようにブラシに残っているパウダーをそのまま使用しましょう。

眉頭1センチ外側から眉頭に向かって、ブラシを動かして少しずつ色をのせていきます。


平行眉を描く手順
出典:beauty-matome

⑧全体に色がのったら、眉マスカラで仕上げます。毛流れにそってとかすようにつけていきましょう。

ポイント

・平行のラインは、地面から2度眉尻に向かって上に傾けて仕上げます。少し上げて書くことで、眉尻を描くときも自然なアーチができて、骨格に合う今っぽい平行眉に仕上がります。


・眉頭の毛量も人によってさまざまです。強くなりすぎないように、必要であれば何もついていないアイシャドウブラシでぼかしてください。

おすすめ製品

ジルスチュアート/アイブローパウダー

アイブローパウダー
出典:Qoo10

■ジルスチュアート/アイブローパウダー
価格:3,200円(税抜)
公式サイト:https://www.jillstuart-floranotisjillstuart.com/site/jillstuart/g/gSTPN002/

3色入りで自然なグラデーションが作れて、ふんわりピュアな眉をつくるアイブロウパウダーです。汗や皮脂に強いので綺麗な平行眉を1日キープできます。ブラシが付属でついています。

アディクション/アイブロウブラシ

アイブロウブラシ
出典:rakuten

■アディクション/アイブロウブラシ
価格:3,500円(税抜)
公式サイト:https://www.addiction-beauty.com/site/g/gMAJK/

コシがあってぼかしも、ラインも簡単にできるアイブロウブラシ。幅広な形の毛先ですが、角を使って描くことで眉尻も簡単に仕上がります♪

エクセル/カラーオンアイブロウ

エクセル眉マスカラ
出典:Qoo10

■エクセル/カラーオンアイブロウ
価格:1,200円(税抜)
公式サイト:https://noevirgroup.jp/excel/g/g78015/

しっかりと色がついて、ふんわりと柔らかな眉に仕上げてくれるアイブロウマスカラ。

軽いテクスチャーで固まりにくいので、自然な毛流れ感が出て平行眉もナチュラルに仕上がります。汗や皮脂、水にも強いウォータープルーフ。

セザンヌ/超細芯アイブロウ

セザンヌ眉ペンシル
出典:Qoo10

■セザンヌ/超細芯アイブロウ
価格:500円(税抜)
公式サイト:https://www.cezanne.co.jp/lineup/4939553040903/

0.9mmのとても細い芯が特徴のアイブロウ。細く滑らかに描けるので、上下の平行ラインも失敗しにくいです。汗や皮脂、水にも強いウォータープルーフ。

【顔タイプ別】平行眉の描き方

失敗しない平行眉を作るために、顔の形や特徴に合わせてのポイントを知っていきましょう。

それぞれに合わせたコツもご紹介していきます。

丸顔さんの平行眉

丸顔さんの平行眉
出典:shutterstock

丸顔さんは平行眉にする事で、お顔の幼さをなくしてすっきり見せる事が重要です!

眉の横幅が長いと、顔の形に対して横ラインが不自然に目立ってのっぺりとした印象になってしまいます。

眉尻を少し短めに設定して、小ぶりな平行眉に仕上げるのがおすすめです。

また、太すぎる平行眉も小ぶりな長さに対して不自然に。少しほっそりと書くイメージで行いましょう。

必要なアイテム

眉ペンシル
マイブロウパウダー(濃淡2色使用)
アイブロウブラシ
コームまたはスクリューブラシ
眉毛用マスカラ
アイシャドウブラシ(ぼかし用)

平行眉を描く手順

①コームまたはスクリューブラシで眉毛をとかして、毛流れを整えます。

②ペンシルを使って、形を先に作りましょう。眉頭1センチ位外側の眉下ラインから描き始めましょう。地面に対して2度くらいの角度を意識して、眉山までまっすぐラインを描きます。

③眉の上ラインを描いていきます。下のラインと平行になるように、眉頭5ミリ外側から眉山まで真っ直ぐラインを描きます。縦幅が太くなりすぎないように、眉毛の毛先ではなく、毛の生えている根本をガイドラインにして描くのがポイントです。

④眉山から眉尻のアーチは、すっきり書くためにそのままペンシルで仕上げましょう。

眉尻は、眉の黄金比より少し内側にします。口角から目尻を結んだ延長線上に設定すると顔の大きさにあった短めの眉毛に仕上げる事ができます。眉の下ラインを、設定した眉尻まで伸ばします。

⑤次に上ラインも眉尻まで繋げましょう。眉山からのラインには、自然なアーチができるはずです。

⑥アイブロウパウダーを使用して、眉の中と眉頭を仕上げていきます。明るめの色を使用して、眉頭1センチ外側から毛流れに合わせてブラシを動かして、毛と毛の間を埋めていきます。

眉山から眉尻のペンシルの隙間には、濃い色を使用してブラシを滑らせるようにスっと動かし埋めていきます。

⑦眉の中央から、眉頭に色をぼかしていきます。濃くなりすぎないように、ブラシに残っているパウダーをそのまま使用しましょう。眉頭1センチ外側から眉頭に向かって、ブラシを動かして少しずつ色を乗せていきます。

⑧全体に色が乗ったら、眉マスカラで仕上げます。毛流れにそってとかすようにつけていきましょう。

丸顔さんのポイント
・眉毛が太くなりすぎないように仕上げます。毛をとかす時も、眉毛を必要以上に立ち上げすぎると縦幅が出てしまい、太くなってしまいます。

毛流れにそいつつも、横に流すように意識してとかす事で失敗しにくくなります。

・眉頭の書き始めがクッキリしすぎている場合はぼかすのを忘れずに!何もついていないアイシャドウブラシでブレンドするだけで自然にぼかせます。

おすすめ製品

ちふれ/アイブローパウダー

ちふれブローパウダー
出典:Qoo10

■ちふれ/アイブローパウダー
価格:700円(税抜)
公式サイト:https://www.chifure.co.jp/products/eyebrow/2832

順番にぬるだけで簡単にグラデーション眉をつくることができるパレットタイプ。密着性も高く粒子も細かいのが◎ 細くて短い平行眉でも、眉のカラーでグラデーションを出せば立体的に仕上がります。

面長さんの平行眉

面長さんの平行眉
出典:shutterstock

おっとり顔の面長さんは、縦の面積を少なくみせてお顔のはっきり感を出すことがポイントです。

平行眉の横幅は少し長めに仕上げましょう。

特に眉尻を長くすっきりと引く事で、横のラインが強調されて横顔も綺麗に仕上がります。

縦の顔面積を少なく見せるために、縦幅も太めに仕上げていきます。

眉マスカラで毛を立ち上げることで、縦ラインもしっかり強調されるので、ジェルタイプでコーティング力がある眉マスカラを使うのがおすすめです。

必要なアイテム

眉ペンシル
マイブロウパウダー
アイブロウブラシ
コームまたはスクリューブラシ
眉毛用マスカラ(ジェルタイプ)
アイシャドウブラシ(ぼかし用)

平行眉を描く手順

①コームまたはスクリューブラシで眉毛をとかして、毛流れを整えます。毛を根本から立ち上げるように縦のラインを意識してとかしましょう。

②ペンシルを使って、形を先に作りましょう。眉頭1センチ位外側の眉下ラインから描き始めましょう。地面に対して2度くらいの角度を意識して、眉山までまっすぐラインを描きます。

③眉の上ラインを描いていきます。下のラインと平行になるように、眉頭5ミリ外側から眉山まで真っ直ぐラインを描きます。

上のラインが眉の太さを決めます。しっかり立ち上げた眉毛は、毛根よりも縦にボリュームも出ているので、毛先のラインに合わせて描くようにする事で自然な太さが出ます。

④眉山から眉尻を引いていきます。眉の下ラインから眉尻に向かってラインを伸ばしていきます。

眉尻でピタッと止めるのではなく、眉尻ポイントまでしっかり描いたら、そのままペンシル先の力を抜いて横にスッと抜くように仕上げる事で、横に長い眉毛に仕上がります。

⑤眉山から眉尻のポイントまでラインを繋げていきます。

⑥パウダーで、眉の中央を埋めていきます。眉頭1センチ外側から、眉山まで埋めていきましょう。眉尻は、ブラシを擦るようにスッと動かすことでモヤっとしないすっきり眉に仕上げる事ができます。

⑦眉頭はぼかしながら書いていきます。太くて長い眉毛なので、眉頭はしっかりとブレンドされている必要があります。ブラシに残っているパウダーで薄く描いていきましょう。

眉中央から眉頭方向にブラシを動かす事で、中央部分とブレンドさせながら眉頭を仕上げる事ができます。

眉頭が完成したら、何もついていないアイシャドウブラシを使って眉頭をぼかします。

⑧眉マスカラをつけていきます。コーティング力の強いジェルタイプで、毛を立ち上げながらとかすようにつけたら完成です。

面長さんのポイント
・眉の毛流れも、太さを出すために縦長を意識しましょう。上に向かってとかす事で、眉毛が根本から立ち上がり、描くときに太さを出す事ができます。

・長さを出すために、眉尻ポイントはとても重要です。

眉尻でピタッと止めるのではなく、そのままペンシル先の力を抜いて横にスッと抜くように仕上げますが、眉山から眉尻までを書く時と同じ力加減で行うと、濃くて長い線ができてしまいます。

眉尻の後ろは、ペン先が触れているか触れていないかの、弱い力加減で、線の延長方向に向かってスッと抜くのがポイントです。

濃くなってしまったら、綿棒などで調整しましょう。

おすすめ製品

ケサランパサラン/アイブロウジェル

ケサランパサランジェルマスカラ
出典:Qoo10

■ケサランパサラン/アイブロウジェル
価格:2,500円(税抜)
公式サイト:https://shop.kesalanpatharan.co.jp/shop/g/g490110750KEJE/

眉の毛流れを整えてくれる、ジェルタイプのアイブロウマスカラ。毛流れをふわっと立ち上げて軽やかにキープしてくれるので、平行太眉を書きたい面長さんにおすすめ。

皮脂や汗にも強いので、1日中毛流れと色づきをキープしてくれます。

遠心顔/求心顔

遠心顔/求心顔
出典:shutterstock

目鼻立ちのバランスを取る事ができる平行眉は、眉頭のスタート位置を変えるだけで、遠心顔さん、求心顔さんの印象も変えてくれます。

書き方の基本のステップは変わりませんが、ポイントは眉頭の位置。それぞれに合わせてご紹介していきます。

必要なアイテム

眉ペンシル
マイブロウパウダー
アイブロウブラシ
コームまたはスクリューブラシ
眉毛用マスカラ

平行眉を書く手順

①コームまたはスクリューブラシで眉毛をとかして、毛流れを整えます。

②ペンシルを使って、形を先に作ります。遠心顔さんは眉頭1センチ位外側、求心顔さんは1.2センチ外側からスタート)の眉下ラインから描き始めましょう。

地面に対して2度くらいの角度を意識して、眉山までまっすぐラインを描きます。

③眉の上ラインを書いていきます。下のラインと平行になるように、眉頭5m外側(求心顔さんは7ミリほど外側)から眉山まで真っ直ぐラインを書きます。

④眉山から眉尻のアーチは、すっきり描くためにそのままペンシルで仕上げましょう。眉の下ラインを、設定した眉尻まで伸ばします。

⑤次に上ラインも眉尻まで繋げましょう。眉山からのラインには、自然なアーチができます。

⑥アイブロウパウダーを使用して、眉の中を仕上げていきます。

自然な眉頭の位置1センチ外側から毛流れに合わせてブラシを動かして、毛と毛の間を埋めていきます。眉尻も、下ラインと上ラインの間の隙間を埋めていきます。

⑦ポイントの眉頭の位置を決めていきます!求心顔さんは、眉毛も目の位置に合わせて内側に生えていることが多いです。

小鼻から垂直に上がった位置が眉頭の正しい位置。それよりも内側から毛が生えている場合はカットしておくか、ファンデーションでカバーしましょう。

眉頭を、目頭よりも外側からスタートさせるので、仕上がりはしっかりぼかすようにします。毛の中央にのせたパウダーを眉頭側にぼかしていき、毛の間を埋めて眉頭を仕上げましょう。

最後には何もついていないアイシャドウブラシでブレンドして、さらに自然に見えるように眉頭から鼻にかけてぼかし、ノーズシャドウの代わりにしましょう。

遠心顔さんは、眉頭の位置が眉の黄金比よりも外側から始まっています。

パウダーとペンシルで描き足して、自眉毛よりも内側から書き始めましょう。毛が生えていない素肌に書いていくので、眉頭も色の出るペンシルで書くのがおすすめです。

濃くなりすぎないように、ブレンドをしながら描いていき、仕上げには何もついていないアイシャドウブラシで少しぼかしましょう。

目の位置と眉のバランスが不自然にならなように、眉頭下からノーズシャドウを薄く入れて目と繋げて見せると良いでしょう。

⑧全体に色が乗ったら、眉マスカラで仕上げます。毛流れにそってとかすようにつけていきましょう。

ポイント
・眉頭の位置をしっかり見極めましょう。求心顔さんは、眉頭の間を少し離して仕上げ、遠心顔さんは近づけるイメージです。

・目と眉毛のバランスを不自然に見せないためにも、眉頭からぼかしこんでノースシャドウを入れましょう。目元に繋がりができて自然に仕上がります。

おすすめ製品

ケイト/デザイニングアイブロウ3D

ケイトアイブロウ
出典:Qoo10

■ケイト/デザイニングアイブロウ3D
価格:1,100円(税抜)
公式サイト:https://www.nomorerules.net/all_products/eye_brow/

立体的に仕上がる、がテーマの3色入りパウダーアイブロウです。

付属のアイブロウブラシの反対側にはぼかせるアイシャドウブラシがついているので、求心顔さんが眉頭をぼかしたり、ノーズシャドウを作るのにもおすすめです♪

セザンヌ/ブラシ付きアイブロウ繰り出し

セザンヌアイブローペンシル
出典:Qoo10

■セザンヌ/ブラシ付きアイブロウ繰り出し
価格:580円(税抜)
公式サイト:https://www.cezanne.co.jp/lineup/4939553040552/

便利な繰り出しアイブロウペンシル。柔らかい芯で、眉頭の毛が足りない箇所も描きやすいので、遠心顔さんにおすすめです。簡単にぼかせる専用のブラシ付きです。

平行眉のよくある失敗例

初めて平行眉を書いてみると、自分の顔に馴染んでいない気がしたり、浮いて見えたりと、失敗も付き物です。

よくある失敗例を知って、眉を書くときに注意しながら書くようにしましょう。

失敗例その1 眉毛のメリハリがない

失敗例その1 眉毛のメリハリがない
出典:beauty-matome

メリハリとは、眉頭のぼかしや眉尻の細さなど、眉毛のバランスの事です。

通常の眉毛に比べてボリュームの出やすい形の平行眉は、のっぺりと濃く見えやすいです。

眉頭はしっかりとぼかして、眉尻に向かって細いラインにしていく眉バランスを大切にしましょう!

失敗例その2 骨格を無視して描いてしまう

基本的には眉頭、眉山、眉尻の位置は眉の黄金比を参考にします。

無視して書くと、自分の骨格から外れたバランスの悪い眉毛に仕上がってしまいます。

平行眉は骨格に合っていないと、不自然で眉毛ばかりが浮いて見えてしまいます。

失敗例その3 眉を整えずに書いてしまう

失敗例その3 眉を整えずに書いてしまう
出典:beauty-matome

余分な毛が生えている状態でかくと、下ラインも上ラインもガタガタに仕上がってしまいます。

余分な毛はカットしたり抜いておいてすっきりとラインが強調できるようにしておきましょう。

失敗した時の修正ポイント

・眉頭をぼかすときは、何もついていないアイシャドウブラシでブレンドしていく事をおすすめします。

毛先を眉頭にあてて、ノースシャドウを作るように内側に薄くぼかしていきます。

・眉尻は、しっかり書く位置を決めてから仕上げましょう。上のラインから書いてしまうと眉尻の太さが出やすいので、下ラインを伸ばして目尻を書くようにしましょう。

太さが出て仕上がってしまった場合は、コンシーラーなどで、上のラインを少し削ると調整しやすいです。

・骨格に合わせて仕上げるために、自分の眉の黄金比を事前に確認しておきます。

わかりやすく、点を置いて書く時の目安にしても良いでしょう。

・余分な毛を発見した場合、すでに眉を書いてしまった後であれば、ガタガタして見える余分な毛は毛抜きで抜くようにしてください。

眉マスカラでコーティングされているので、カットをしてしまうと短く切りすぎてしまう可能性があります。

まとめ

お顔立ちに合わせた正しい平行眉の書き方を知ったら、早速明日の朝から試してみましょう♪

眉はお顔のイメージを変えてくれる大切なパーツです。

今時の平行眉を取り入れれば、お顔の印象も気分もフレッシュな1日を過ごせるはずですよ♪