眉頭位置の決め方!眉メイクの基本「黄金ルール」を解説

更新日:2021年7月2日


眉頭位置「なんとなく」で決めていませんか?

自分に似合う正しい位置で眉を描くことで、お顔の印象が整います。

黄金ルールと言われる眉の基本を知ることで

眉頭の理想の位置を見つける事ができます。

眉毛はお顔のフレームとも言われる大切なパーツ!

近くに位置する目元を引き立てて、美人に見せてくれる大切なポイントでもあります!

記事を読んで、美人眉毛になりましょう♪

眉頭の正しい位置とは?

眉頭の正しい位置
出典:beauty-matome

眉頭のスタート位置は、眉毛全体のイメージを左右する位大切です。

なんとな〜く描き始めて、、、はNG!

顔型や骨格、目の位置などに合わせて、似合う眉毛があるんです。

自分の骨格や、顔のパーツの位置とのバランスをとりながら描く眉毛はお顔に馴染みます。

正しい位置で眉毛を描くことで、誰からみても自然で、まるで自分の元々の眉毛が整っているかのように見えるんです。

ナチュラルで綺麗な理想の眉毛を手に入れるために、眉毛の基本となる理想の位置を確認していきましょう!

理想の眉毛は、黄金比といわれる顔に対しての似合う位置が決められています。

自分の眉を黄金比に当てはめて仕上げることで、自然でナチュラルな眉毛に仕上がるのです。

ではさっそく、基本の黄金比の眉毛について確認していきましょう!


眉の黄金ルール

眉の黄金ルール
出典:beauty-matome

まずは、眉毛の正しい位置を紹介していきます。

眉毛の黄金比を測るときは定規やペンなどを使用するのがおすすめです。

自分に似合う、理想的な眉毛の形をチェックしてみてくださいね♪

黄金比のポイントはこの3つを設定することです。



眉頭
眉山
眉尻



詳しく説明していきます!

眉頭

眉毛の始まりの部分です。

小鼻の端から垂直に上がった位置が眉の理想のスタート位置。

両方の眉頭の高さは左右対称に揃えます。

眉頭の上の端は、毛が少ない部分です。

眉頭の上部分で左右の対象を合わせるよりも。眉頭の下ラインをガイドラインにすると合わせやすいです。

眉山

眉毛が一番高くなる、山の部分です。

真っ直ぐ前を向いた時の黒目の外側に作ります。

目頭からスタートして、目の全体の3分の2くらいの位置が理想です。

眉尻

眉毛の終わりの部分です。

小鼻から目尻まで一直線に線を引いた延長線上に作ります。

眉毛の終わりは、眉頭の下部分よりも上に位置するのが理想です。

眉毛の黄金ルールに沿った整え方

眉の一番基本である、黄金比ルールに沿って眉毛を整える方法をご紹介していきます。

眉の黄金比がわからない場合は、定規などで理想の眉頭、眉山、眉尻の箇所を決めて、薄く眉毛を描いておいてスタートしても良いですね!



使用アイテム
コームかスクリューブラシ
毛抜き
眉切りバサミ
お顔用シェーバー
保湿乳液かクリーム(お肌の乾燥対策)

手順

手順
出典:beauty-matome

①眉周りのお肌は、スキンケアで整えてからスタートします。最初にコームで眉毛の毛流れを整えましょう。 毛の向きが揃っていないままカットしてしまうと、毛先にばらつきが出てしまい美しく仕上がりません。


手順
出典:beauty-matome

②毛抜きを使って眉毛から離れている上下部分の余分な毛を抜いておきます。

下の眉ラインに生えている余分な毛は、少し遠くから見るとガタガタして見えてしまいます。 不要な毛を綺麗に抜いておくか、カットしておきましょう!

瞼の上の皮膚はとてもデリケート!、皮膚が引っ張られないように片方の指で優しく瞼を抑えて、毛の生えている方向に引いて抜くようにしましょう。


毛の生えている方向に引いて抜く
出典:beauty-matome

③コームを使って眉頭の余分な毛をカットしていきます。

コームを眉の上ラインの肌に垂直にあてて、コームからはみ出している毛をカットしていきましょう。

コームを肌に強く押し当てすぎると、自然な毛流れが潰されてしまい必要以上に短くカットしてしまう可能性があります。 力を入れずに優しくコームをあててください。


コーム
出典:beauty-matome

④眉山も同様にカットします。

眉山から眉尻は、毛が下向きになっているので、コームのあてる位置も下向きにしていきます。 コームを垂直にしてしまうとカットしにくいため、眉表面にコームを斜めに押し当てるようにあてましょう。

コームからはみ出た余分な毛はカットしていきます。 力を入れずに優しくコームをあてていきましょう。


眉山も同様にカット
出典:beauty-matome

⑤眉尻もカットしていきます。

眉尻の毛はナチュラルなカーブをして下向きに生えています。 短く切りすぎてしまわないように、カットする部分は、黄金比で決めた眉尻の位置よりもはみ出す長い毛のみです。

コームで自然な毛流れを作って毛の向きを確認しながら整えましょう。 眉尻は、短く切りすぎてしまうと眉尻の毛がなくなってしまい書く部分が不要に増えてしまうので注意しましょう。


⑥コームで眉をもう一度とかします。

眉毛よりもはみ出ている毛がまだ残っている場合はカットしてください。 仕上がったら、姿見の鏡でも確認しましょう。 少し離れた位置から全体のバランスを見ることで余分な毛残しや、不要な長い毛を発見できます。


シェーバー
出典:beauty-matome

⑦最後に、整った眉毛周りにあるうぶ毛をシェーバーで綺麗にしていったら完成です。

肌の負担にならないように、乳液などをつけましょう。シェーバーを使用する前には、肌が乾燥していないか確認してから行うようにしましょう。

眉頭で印象が変わる

眉頭のスタート位置は、なりたい印象や顔バランスの補正をする目的としても変えていく事があります。

眉頭の位置を変えると、どんな印象になるのか、どんな顔の特徴に合うのかをまとめました。

眉頭が内側より

眉頭が内側より
出典:beauty-matome

眉頭を少し内側から描き始めることで、意志が強い印象に仕上がるのです。

さらに、力強さが出るので目元もハッキリとします。

はっきりとした印象で、クールなメイクに仕上げたい時は、基本の眉頭の位置よりも1~2ミリ程度内側から描き始めましょう。

内側に入りすぎはNGです!

求心的になりすぎて、バランスも悪くなります。小鼻のくぼみの真上あたりを参考にスタートさせてください。

眉頭を内側からスタートさせる時は、眉毛の色にも注意しましょう。

黒やダークブラウンすぎる色は、強く見えすぎてしまいます。

ライトブラウンか、髪の毛の色よりもワントーン明るめで仕上げましょう。

眉頭が外側より

眉頭が外側より
出典:beauty-matome

眉頭をやや外側から描き始めることで、柔らかい印象になり親しみやすい雰囲気を出せます。

職業柄などでフレンドリーさを出したい時は、少し外側から描き始めることがおすすめです。

ファッションに合わせて少し外側から眉毛を描くこともおすすめです。

例えば、女性らしい服装やメイクをして、可愛らしい印象のコーデの時は外側の眉頭が似合います。

眉頭を少し外側にすれば、優しい女性らしい印象でおだやかな表情に見せる事ができるからです。

レースや、ふわっとした質感の可愛い印象に似合うメイクに仕上がりますね♪

眉頭の位置を外側にしたい場合は、基本位置よりも1~2ミリ程度外側から描き始めましょう。

こちらも、離れすぎはNGです!

のほほんとした、のんびり顔に見えすぎてしまいます。

顔の特徴によっても変えていこう

なりたい印象の他にも、顔の形や特徴に合わせて、眉頭の位置を変える事ができます。

描き始めの位置を数ミリ調節することで、お顔のバランスが取れて整った顔に見えます。

顔の横が幅狭い顔

顔の横幅が狭いお顔には、短めの眉が似合います。

眉頭を、内側に入れすぎてしまうと眉全体が長くなってしまいます。

基本の位置より0,5ミリから1ミリ位、外側から描き始めましょう。

また、眉尻の位置にも注意が必要です。

眉尻の位置は、口角と目尻の延長線上にして、黄金ルールの位置よりも少し内側で仕上げるようにしましょう。

横幅の狭さを生かして、小顔効果がアップしたお顔に仕上がります♪

顔の横幅が広い顔

顔の横幅が広めお顔には、長めの眉が似合います!

眉頭は、基本の位置より0,5ミリから1ミリ位、内側から描き始めましょう。

内側に入りすぎてしまうと、長さがある分強い印象になりすぎてしまうので注意しましょう。

また、眉頭はしっかりとぼかして描くこともポイントです。

マイシャドウブラシなどを使って、眉間部分にぼかしこむと良いでしょう。

眉尻の位置も長さを意識して仕上げます。

クッキリ長く描くのではなく、眉尻からスッと自然に消えていくような線で長さを出すことで、強くなりすぎない眉毛に仕上がります。

求心顔/遠心顔

お顔のパーツが中心、または外側寄りのお顔立ちは、眉頭の描き始めで顔バランスを取ることが出来ます。

求心顔のお顔は、眉頭の位置を少し外側から描き始めましょう。

遠心顔のお顔は、眉頭の位置を少し内側から。

数ミリ変えるだけで、自然と目元のバランスが整い、顔全体の印象もバランスよくなります。

試してみてくださいね♪

眉頭の整え方

眉頭の整え方
出典:beauty-matome

自分の顔に合う眉頭の位置は見つかりましたか?

次は理想の眉頭を作る為の、正しい眉毛の整え方を説明します。

眉を描くテクニックはもちろん大切ですが、眉が綺麗に整っていないと美しい眉毛に仕上がりません!

正しい整え方で、理想の眉毛を作っていきましょう♪

今回は、眉頭のスタート位置別の整え方をご紹介していきます。


使用アイテム(全て一緒)
コームかスクリューブラシ
毛抜き
眉切りバサミ
お顔用シェーバー
保湿乳液かクリーム(お手入れ後用)

眉頭を内側に作る場合の整え方

①眉の毛流れをコームかスクリューブラシで整えます

②眉の黄金比を確認しましょう。スクリューブラシの持ち手などで正確に位置を計りましょう。

③眉頭は、黄金比よりも内側に作ります。小鼻横ではなく、小鼻のくぼみから垂直に上がった位置を眉頭に設定します。

④眉頭よりも内側にある毛は、毛抜きやシェーバーで整えましょう。

⑤眉頭から、眉山まで余分に長い眉毛をカットしていきます。コームでとかして、眉毛のラインからはみ出す毛をカットしていきましょう。

⑥眉尻部分もカットしていきます。眉尻は毛流れが上からした方向に生えているので、とかす向きに気をつけてください。

⑦眉毛周りの細かい毛を抜いていきます。特に、眉毛の下ラインからはみ出ているまぶたの毛は、生えていると眉毛がガタガタして見えてしまいます。毛抜きで抜いたり、シェーバーで整えましょう。

⑧眉毛を整えた後は、シェーバーなどのダメージを和らげるために、乳液かクリームで保湿をしておきましょう。ベタつくのが気になる人は、最後にティッシュオフをしたら完成です。


★ポイント
眉が内側に入りすぎてしまうと、中心が寄ってバランスが悪くなってしまいます。 整える時も、ほんの数ミリ程度内側にしてあげましょう。

また、眉間の産毛が濃いと眉毛が繋がって見えてしまいます。 シェーバーで整えておきましょう。

眉頭を外側に作る場合の整え方

①眉の毛流れをコームかスクリューブラシで整えます

②眉の黄金比を確認しましょう。スクリューブラシの持ち手などで正確に位置を計りましょう。

③眉頭は、黄金比よりも外側に作ります。小鼻横ではなく、小鼻の横から1ミリ1,5ミリ位外側から垂直に上がった位置を眉頭に設定します。

④眉頭よりも内側にある毛は、毛抜きやシェーバーで整えましょう。

⑤眉頭から、眉山まで余分に長い眉毛をカットしていきます。コームでとかして、眉毛のラインからはみ出す毛をカットしていきましょう。

⑥眉尻部分もカットしていきます。眉頭が外側からスタートしているので、眉尻が短すぎてしまうと全体がコンパクトになってしまいます。眉尻の毛の切りすぎに注意してください。

⑦眉毛周りの細かい毛を抜いていきます。特に、眉毛の下ラインからはみ出ているまぶたの毛は、生えていると眉毛がガタガタして見えてしまいます。毛抜きで抜いたり、シェーバーで整えましょう。

⑧眉毛を整えた後は、シェーバーなどのダメージを和らげるために、乳液かクリームで保湿をしておきましょう。ベタつくのが気になる人は、最後にティッシュオフをしたら完成です。


★ポイント
整えるときの眉尻の長さに気をつけましょう。 しっかりとコームでとかして、自然な毛流れをみておくのがポイントです。

眉尻は、毛が少ない人が多いですが、毛の長さがあれば眉毛マスカラでコーティングして綺麗に眉尻を仕上げることが出来ます。カットしすぎないようにしましょう。

眉頭の位置別メイク方法

眉頭を理想の位置で整えたえら、早速眉メイクを仕上げていきましょう♪

眉頭の位置別で、眉メイクの方法と注意点をご紹介していきます。


使用アイテム(全て一緒)
コームかスクリューブラシ
ファンデーション
アイブロウパウダー
アイブロウペンシル
マイブロウマスカラ
アイブロウブラシ
アイシャドウブラシ

眉頭を内側に作る場合のメイク方法

眉頭を内側に作る場合のメイク方法
出典:beauty-matome

①眉周りにもファンデーションをつけておきましょう。パウダーのノリがよくなります。

②眉毛の毛流れを整えます。コームまたはスクリューブラシでとかしましょう。

③眉頭よりも3ミリくらい外側から、毛流れに沿ってアイブローパウダーをのせていきましょう。

④眉山まで仕上げたら、眉頭を作っていきます。ブラシに残っているパウダーを使用して、眉頭部分に色をのせていきます。

⑤眉頭の毛の生えている方向に沿ってブラシを動かすことで、自然に色がのります。下から上に向かって動かしましょう。

⑥眉頭の位置を少し内側に調節します。小鼻のくぼみの垂直線上に作りましょう。アイシャドウブラシに少しパウダーをとって優しいタッチで内側に入れ込んでいきます。

⑦眉の下ラインで隙間があるところはペンシルで整えます。

⑧眉山から眉尻はペンシルで仕上げましょう。眉尻の終わりが、眉頭よりも下がらないように注意しましょう。

⑨眉マスカラで毛流れを整えましょう。


★ポイント
ファンデーションを事前につけ、眉毛は毛流れを整えてから描き始めましょう。

アイシャドウブラシで眉頭を仕上げるときは、濃くなりすぎないように気をつけてください。ブラシにとるパウダーはほんの少しで十分です!

眉頭を外側に作る場合のメイク方法

メイク方法
出典:beauty-matome

①眉周りにもファンデーションをつけておきましょう。眉頭を外側から描きたいので、眉間側の眉毛や産毛が目立たないようにしっかりとカバーしておきます。

②眉毛の毛流れを整えます。コームまたはスクリューブラシでとかしましょう。

③眉頭よりも5ミリくらい外側から、毛流れに沿ってアイブローパウダーをのせていきましょう。

④眉山まで仕上げたら、眉頭を作っていきます。ブラシに残っているパウダーを使用して、眉頭部分に色をのせていきます。眉頭を少し外側にしたいので、黄金比の位置よりも2ミリ位外側を意識して描いていきます。

⑤眉頭の毛の生えている方向に沿ってブラシを動かすことで、自然に色がのります。下から上に向かって毛をとかすように動かしましょう。

⑥眉頭部分に隙間が目立つ人は、アイシャドウブラシで描くと簡単です。アイシャドウブラシに少量色をとり、ポンポンと置くように色をのせていきましょう。

⑦眉の下ラインで隙間があるところはペンシルで整えます。

⑧眉山から眉尻はペンシルで仕上げましょう。眉尻の終わりが、眉頭よりも下がらないように注意しましょう。

⑨眉マスカラで毛流れを整えましょう。


★ポイント
ファンデーションを事前につけ、眉毛は毛流れを整えてから描き始めましょう。

アイシャドウブラシで隙間を埋めるときには、色がどん、とのりすぎないように気をつけてください。ブラシにとるパウダーはほんの少しで十分、使う前にブラシ表面についている余分なパウダーは払っておきます。

眉頭を外側から描き始めたいので、自眉毛が内側に生えているとうまくいきません。コンシーラーなどで隠すか、眉毛を整えてから描くようにしましょう。

眉毛メイクの失敗例

眉毛のメイクは、メイク全体の印象さえ変えてしまいます。

失敗した眉毛では、どれだけアイシャドウやチークが綺麗についていても、美人メイクには見えないのです。

失敗する眉毛は、どんな眉毛でしょうか??

美しく理想的な眉毛を仕上げるために、これはNG!という失敗例を知っておくことも大切です!

失敗例を知って、自分の眉毛を仕上げるときに注意点にして下さいね♪

眉毛の失敗例は、以下の3つです!

・眉の濃淡がない
・髪の毛よりも濃い色で描いてしまう
・眉マスカラをつけていない


それぞれ詳しく説明していきます!

眉の濃淡がない

眉の濃淡がない
出典:beauty-matome

眉毛の濃淡がないと、のっぺりとした眉毛に見えてしまいます。

のっぺりとした眉毛は、地味な印象で立体感も出ません。

眉毛は、さりげないグラデーションを作って描くことで、自然で立体的に仕上がります。

濃淡がない1色で仕上げた眉は、のっぺりとした印象で不自然です。

眉の中央部分がもっとも濃く、眉尻に行くに連れて自然に馴染んでいくようにしましょう。

眉頭は中央からきたグラデーションで、少しづつ薄くしていって眉間側にぼかして仕上げるのがポイントです。

髪の毛よりも濃い色で描いてしまう

濃い色
出典:beauty-matome

髪の毛の色と眉毛の色は、比例させましょう!

理想的な眉毛の色は、髪の毛のカラーよりも1トーン明るいものです。

髪の毛を染めていない黒髪の人は、うっすら柔らかいグレーか、ナチュラルなダークブラウンで仕上げると良いでしょう。

眉にインパクトを出したくない場合は、眉毛の色は髪の毛の色と同じか、少し薄く仕上げましょう。

濃い色で描いた眉毛は、強い印象を与えて眉毛ばかりが目立つメイクになってしまいます。

眉マスカラをつけていない

眉マスカラ
出典:beauty-matome

眉毛のマスカラは絶対必須のアイテムです!

眉マスカラは、色を与えるだけではなく毛流れを整えてくれます。

眉毛美人の秘訣は、毛流れ!と言っても良いほど、美しく整った毛流れは重要なのです。

眉マスカラがついていないと、毛流れがボサボサに見えたり清潔感が欠けてしまいます。

また、アイブロウを描いても眉毛の一本一本には色はつきません。

眉毛の描いた部分だけが浮いてしまい、毛が馴染んで見えないのです。

髪の毛の色と同じか、少し明るいカラーの眉マスカラを使用しましょう!

髪の毛をカラーリングしている人はカラーマスカラを、していない人でも透明マスカラを使用するのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、苦手な人も多い眉メイクの「眉頭の位置」を中心にご紹介していきました。

朝の忙しい時間帯で、眉のメイクは時間もかかるしストレスです!

ですが、正しい理想の眉毛位置を知っていれば、時間をかけずに綺麗な似合わせ眉を描くことができるようになります♪

眉の仕上がりはお顔の印象をガラッと変えてしまいます。

正しい方法と、正しい位置で眉毛を整えることから始めてみましょう!

そして、自分に似合った美しい眉を手に入れて、自信を持って出かけましょう♪

関連記事

ランキング

  1. [PR]「自分らしく輝く、理想の透光素肌へ」スペシャルインタビュー女優・中越典子さん

  2. 1

    ダイソー300円ショップ【THREEPPY】遂に全国91店舗にオープン!

  3. 2

    肩幅を狭くする脅威のストレッチ!マイナス5cmも夢じゃない!?

  4. 3

    「今買わないと後悔する!」しまむら激売れマルチショルダーが再登場!

  5. 4

    「ワークマンさん感謝!」最強新作、これ本当にこの値段でいいの?

  6. 5

    筋肉痛時(運動翌日)の体重増加の謎…解消法教えて!

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「もうこれしか無理!」Mame×UNIQLOの他が穿けなくなるパンツ。

  2. 23度の服装はこれ!オシャレな人気のおすすめコーデを紹介!

  3. ちふれの口紅の人気カラーは?コスパ最強のエロリップや定番カラーなどを紹介!

  1. スカーフを使ったおすすめのヘアアレンジ方法を紹介

  2. 「太ももがみるみるほっそり!」スラっと美脚になる簡単ストレッチがあった!

  3. 「100均感ゼロ!」ダイソーで見つけた、衝撃の高見えアクセ。