濃い眉毛を大人の美人眉に見せるメイク術!眉毛の整え方と描き方を解説!

公開日:2021年2月26日


濃いめの眉毛は、少しメイクするだけでも強い印象になってしまったり、濃くなりやすいですよね。

そんなお悩みを解決する今回のテーマは

濃い眉毛を大人の美人眉に見せるメイク術です!

アイブロウの描き方だけでなく、綺麗な眉の整え方もご紹介していきます♪

まずは眉の基本を知ろう

眉頭・眉山・眉尻
出典:beauty-matome

美しい眉を手に入れるなら、自分に合わせた形と長さで描くことが大切です。

綺麗な眉は、顔のパーツの大きさと骨格のバランスで決まる黄金比があります。

眉の黄金比/眉頭

自分の小鼻の端から垂直に上がった位置が眉のスタートです。

基本の位置より内側に入りすぎている場合は、眉毛を整えて理想的な位置から描くようにします。

長さが足りない場合は、メイクで足していくことで綺麗な眉バランスで仕上げることができます。

両方の眉頭の高さは左右対称に揃えます。

眉の黄金比/眉山

眉山は、真っ直ぐ前を向いた時の黒目の外側に作ります。

目頭からスタートして、目の全体の3分の2くらいの位置が正しい位置になります。

眉山を作る場所は眉の筋肉が発達しているので、鏡を見ながら自分でも見つけることができます。

上を向いた時に動いたり、表情に合わせてピクッと動く場所が眉山になります。

眉の黄金比/眉尻

眉尻は、小鼻から目尻まで一直線に線を引いた延長線上に作ります。

長すぎると目が小さく見えてしまったり、横から見た時には顔が下がった印象に見えるので、余分な眉毛はカットして整えておきましょう。

濃い眉毛はカットで整えよう

濃い眉
出典:beauty-matome

美しい眉毛メイクは、下準備がとっても大切なんです!

余分な毛はカットして整えておくことで、綺麗な形に仕上がってお顔の印象もすっきりします。正しい眉毛のお手入れ方法をご紹介します。

必要なアイテム

必要なアイテム
出典:beauty-matome

眉バサミ
毛抜き
お顔用シェーバー
眉用コームやスクリューブラシ

眉の整え方

眉
出典:beauty-matome

1 眉周りのお肌は、スキンケアで整えてからスタートします。最初にコームで眉毛の毛流れを整えましょう。

ポイント:
乾燥しているお肌にシェーバーをあててしまうとお肌の角質を傷つけてしまう原因になります!

また、毛の向きが揃っていないままカットしてしまうと、毛先にばらつきが出てしまい美しく仕上がりません。

眉の黄金比がわからない場合は、定規などで理想の眉頭、眉山、眉尻の箇所を決めて、薄く眉毛を描いておいてスタートしても良いですね!

眉
出典:beauty-matome


2 毛抜きを使って眉毛から離れている上下部分の余分な毛を抜いておきます。

特に下の眉ラインに生えている余分な毛は、少し遠くから見るとガタガタして見えます。不要な毛は鏡を離して見つけると良いでしょう。

ポイント:
瞼の上の皮膚はとてもデリケートです。

抜くときは、皮膚が引っ張られないように片方の指で優しく瞼を抑えて、毛の生えている方向に引いて抜くようにしましょう。

眉
出典:beauty-matome


3 コームを使って眉頭の余分な毛をカットしていきます。

眉頭は毛が上方向に向かって生えています。コームは下から上にとかしながらあてていきます。

コームを眉の上ラインの肌に垂直にあてて、コームからはみ出している毛をカットしていきましょう。

ポイント:
コームを肌に強く押し当てすぎると、自然な毛流れが潰されてしまい必要以上に短くカットしてしまう可能性があります。力を入れずに優しくコームをあててください。

眉
出典:beauty-matome


4 眉山も同様にカットしていきます。

眉山から眉尻は、毛が下向きになっているので、コームのあてる位置も下向きにしていきます。

コームを垂直にしてしまうとカットしにくいため、眉表面にコームを斜めに押し当てるようにあてましょう。コームからはみ出た毛はカットしていきます。

ポイント:
コームを肌に強く押し当てすぎると、自然な毛流れが潰されてしまい必要以上に短くカットしてしまう可能性があります。力を入れずに優しくコームをあててください。
5 眉尻もカットしていきます。

眉尻の毛はナチュラルなカーブをして下向きに生えています。カットする部分は、黄金比で決めた眉尻の位置よりもはみ出す長い毛のみです。

短く切りすぎてしまわないように、コームで自然な毛流れを作って毛の向きを確認しながら整えましょう。

ポイント:
短く切りすぎてしまうと、眉尻の毛がなくなってしまい書く部分が不要に増えてしまうので注意しましょう。
6 コームで眉をもう一度とかします。

眉毛よりもはみ出ている毛がまだ残っている場合はカットしてください。

ポイント:
最後の眉チェックは、姿見の鏡でも確認しましょう。少し離れた位置から全体のバランスを見ることで余分な毛残しや、不要な長い毛を発見できます。

眉
出典:beauty-matome


7 最後に、整った眉毛周りにあるうぶ毛をシェーバーで綺麗にしていったら完成です。

ポイント:
肌の負担にならないように、肌が乾燥していないか確認してからシェーバーをしましょう。

濃い眉毛でも大人の美人眉に見せるコツ

濃いめの眉毛は、少し足しただけでも強い印象になってしまったり、眉毛ばかりが主役のメイクになりがちです。

少しのポイントを抑えてメイクをすれば、濃い眉毛でも大人な美人眉に仕上げることが出来るんです。

どんなことに気をつけると良いかをまとめてみました♪

ポイント①眉頭

眉頭
出典:beauty-matome

眉頭は、眉の強弱を左右するポイントです。

眉を仕上げるときに、眉頭からメイクをスタートするのは厳禁!眉頭から1センチ位外側の部分からメイクをしていくようにします。

眉中央から眉尻が仕上がった後に、薄い色で眉頭の隙間を埋める程度に仕上げていきましょう。

最後に必ず眉頭を指かブラシでぼかして、肌に馴染ませていくと柔らかい印象の美人眉に仕上がります。

ポイント②眉尻の長さ

眉尻
出典:beauty-matome

黄金比の眉尻位置で眉メイクを仕上げる事は、間違いではありません。

ですが元の眉毛が濃いめの場合は、黄金比の型にそってメイクするだけでも強い印象になってしまうんです。

ポイントは、眉尻の長さを黄金比の位置よりも少し内側に設定する事です!

目安の位置の見つけ方は、口の広角から目尻を結んだ一直線の延長線の位置。ここに眉尻を作ると、眉毛が少し短く仕上がります。

ほんの数ミリの違いでも、眉毛の印象の強弱は変わります!

眉毛ばかりが目立ちすぎないように、眉の長さの微調整をしていきましょう。

ポイント③眉山

眉山
出典:beauty-matome

眉山に強いカーブを作ったり角をクッキリ書きすぎてしまうと、ツンと怒ったような強い印象になってしまいます。

眉山を書く時には、ペンではなくブレンドしやすいパウダー製品がおすすめ、色もブラウンがかったような柔らかいカラーで仕上げましょう。

描き終わった後に、山に角がつきすぎていたら指かブラシで肌に馴染ませてブレンドしておくと、強すぎない大人な美人眉に仕上がります♪

ポイント④色選び

色選び
出典:beauty-matome

眉毛の色は、なりたいメイクの雰囲気によって使う色を変えます。

濃いめの眉毛の場合は、自分の髪の毛の色よりも薄い色を使って仕上げましょう。

優しい印象のブラウン系やアッシュ系グレーがおすすめです。黒さが抜けた色は眉の印象を優しく見せてくれます♪

ポイント⑤綺麗に整える

美人眉の基本は眉が綺麗に整っているかです!

余分な毛が生えていたり、長くてボサボサした印象のままメイクップをしても綺麗に見えません。

下準備がとっても大切なことを覚えておきましょう♪

濃い眉をふんわりやわらか眉にするメイク術

濃いめの眉メイクも、もう仕上がりの心配をしなくて大丈夫!

失敗しないふんわり眉にするメイク術、抑えておきたいポイントやおすすめ製品もご紹介していきます♪

眉毛を書くアイテムは、柔らかく見えるパウダータイプがおすすめです。色は柔らかいブラウン系かアッシュ系グレーを使っていきます。

使用アイテム

使用アイテム
出典:beauty-matome

コームやスクリューブラシ
アイブロウパウダー(ダーク系、ライト系の2色を使用)
アイブロウブラシ
アイブロウペンシル(眉尻のみ)
眉マスカラ

メイク術

メイク術
出典:beauty-matome

1 コームかスクリューブラシを使って毛流れを整えましょう。

毛の1本1本が濃密な濃いめの眉毛は、毛先の方向がバラバラだともさっとした印象に仕上がってしまいます。必ずメイクをスタートする前にコームで毛流れを整えましょう。

メイク
出典:beauty-matome

2 眉周りと毛の内側にも、薄くファンデーションかパウダーをつけましょう。

ふんわりメイクに欠かせないのは、クッキリ描きすぎないブレンドされた眉ラインです。
ファンデーションやパウダーをのせておくことで後でブレンドがしやすくなります。

素肌の上に直接眉メイクをスタートすると、肌質によっては色がのりすぎる、またはのりにくくて何度も何度も描いて濃くなってしまったりと、失敗の元になります。

少量のベースアイテムは忘れずにつけておきましょう。

眉
出典:beauty-matome


3 眉頭から1センチ位外側から眉毛を描き始めます。

眉ブラシにライト系のカラーを少量とって、眉毛をとかすように毛の向きに合わせて動かしていきます。

擦って描くよりも、毛流れに沿って一方方向でつけることで薄くつき、柔らかい印象に仕上がります。同じように眉山まで描いていきます。

眉
出典:beauty-matome


4 眉頭から眉山は大きな角度をつけずに、なだらかで自然なカーブか同じ高さにしていきます。

眉山の角があると、つんと怒った印象に見えやすいので、なだらかに仕上げていって眉尻に向かって角度を下げていきます。


眉
出典:beauty-matome


5 眉尻の角度は、真正面を向いた時の自分の目のカーブに合わせます。目の角度と平行になるように仕上げましょう。

眉尻はすっきり仕上げるのがポイント。ブラシにダーク系のパウダーを少し足して描いていきます。濃いめのカラーは発色も良いので、眉尻までのラインがすっきりかけます。

どうしてもパウダーで描くことが苦手な方は、眉尻のみペンシルで仕上げましょう。

ペンシルで描く場合も濃くなりすぎないように、擦らずに2、3回のストロークで描き上げるようにしましょう。

何度も行ったり来たりで描いていると、どんどん濃い眉毛になってしまします!

メイク術
出典:beauty-matome


6 一度ブラシのパウダーはティッシュでオフしておきます。

眉頭は、ティッシュオフした後のブラシに残っている少量のパウダーで、ぼかすように描いていくのがおすすめ。

この時、すでに描いてある中央の眉カラーを眉頭にぼかし混んでいくようにしましょう。最後は、毛流れに合わせてとかすように仕上げます。

眉頭に毛が少ない人は、ライト系パウダーをブラシにとって描いていきますが、パウダーをつけすぎないのがポイントです!

少量のパウダーでふんわり仕上げることで、柔らかい印象に仕上がります。

メイク術
出典:beauty-matome


7 眉頭をぼかしましょう。指の腹で優しく眉頭を肌と馴染ませます。

または、何もついていないアイシャドウブラシで軽く擦ってぼかします。

ぼかす方向は、眉毛から眉間と、眉間下方向にぼかしていきます。

メイク術
出典:beauty-matome


8 眉毛マスカラを使用しましょう。毛1本1本の印象が柔らかくなる眉マスカラは必需品です!

髪の毛の色か、それよりも柔らかい色のブラウン系を選びましょう。

毛流れを意識して溶かすようにつけることで、毛もまとまり綺麗に仕上がります。

おすすめ製品

ケイト/デザイニングアイブロウ3D 

ケイトブロウパレット
出典:Qoo10

■ケイト/デザイニングアイブロウ3D
価格:1,100円(税抜)
公式サイト:https://www.nomorerules.net/all_products/eye_brow/

ダーク、ミディアム、ライトの3色パレット。アッシュ系のカラーも多く柔らかい美人眉を作りやすいアイテムです。

アイブロウブラシと、アイシャドウブラシがセットされているので、外出先でもささっとお直しができます。

ボビイブラウン/ナチュラルブローシェイパー

ボビイブラウン眉マスカラ
出典:Qoo10

■ボビイブラウン/ナチュラルブローシェイパー
価格:3,600円(税抜)
公式サイト:https://www.bobbibrown.jp/product/2327/20492/natural-brow-shaper-hair-touch-up#/shade/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89

クリームジェル処方の眉マスカラ。質感が軽くアッシュ系カラーが多いので、濃いめの眉毛におすすめです。

円錐型ブラシが細かい毛までキャッチしてカラーリングしてくれます。

RMK/スクリューブラシ

RMKスクリューブラシ
出典:rakuten

■RMK/スクリューブラシ
価格:800円(税抜)
公式サイト:https://onlineshop.rmkrmk.com/ja/Root-Category/BRUSHES-%26-TOOLS/BRUSHES-%26-TIPS/

アイブロウを自然な印象に仕上げるために欠かせないコーム。

メイクブランドの質が良いアイテムなのにお手頃なお値段が嬉しいです♪

ヘビーローテーション/アイブロウペンシル

ヘビーローテーション/アイブロウペンシル
出典:Qoo10

■ヘビーローテーション/アイブロウペンシル
価格:800円(税抜)
公式サイト:https://www.isehan.co.jp/heavyrotation/product/eyebrow/Eyebrow_Pencil/

柔らかくてかきやすい1,6ミリ細芯なので、強くなりすぎず自然に仕上がります。

カラーもアッシュ系が多いのでしっかり眉さんにおすすめのアイブロウペンシルです。

【眉タイプ別】濃い眉毛さんのメイク術

濃いめの眉毛でも、毛の生え方や毛質によって特徴はさまざまです。

それぞれに合わせたおすすめのメイク術とポイントをご紹介していきます。

①しっかり眉

しっかり眉
出典:beauty-matome

しっかり眉
出典:beauty-matome

毛の1本1本にコシがあって、太さもあるしっかり眉毛です。

毛根がしっかりしているため、抜き残しや剃り残しもとっても目立ってしまうので、眉毛のケアも定期的に行う必要があります。

明るい色のパウダータイプを使用して、柔らかく仕上げるのがおすすめです。眉マスカラも忘れずに使いましょう!

使用アイテム

コームやスクリューブラシ
アイブロウパウダー(ダーク系、ライト系の2色を使用)
アイブロウブラシ
眉マスカラ

メイク術

1 コームやスクリューブラシで毛流れをしっかり整えておきます。


しっかり眉毛
出典:beauty-matome


2 眉頭1センチ外側からライト系パウダーで隙間を埋めるように描いていきます。しっかり眉さんは、濃くなりすぎないように毛をとかすように毛流れに合わせて動かすのがポイントです。
3 眉山はなだらかに仕上げ、角ができないようにしましょう。


しっかり眉毛
出典:beauty-matome


4 スクリューブラシを使って、すでに描いてある眉中央のメイクを眉頭に向けてぼかします。

隙間がまだあるようだったら、ブラシに残っている微量のパウダーでとかすように描いていきます。


しっかり眉毛
出典:beauty-matome


5 しっかり毛が生えていて長さもあるのであれば、眉尻は描く必要はありません。先に眉マスカラをつけて眉尻の毛流れを整えて、必要であれば後から眉尻を描き足します。
6 眉尻に隙間があったり、長さが足りない人はパウダーで足していきます。長さは黄金比の眉尻の位置よりも内側に仕上げましょう。


しっかり眉毛
出典:beauty-matome


7 眉頭を、眉頭から眉間に向けて少しぼかしたら完成です。指や何もついていないアイシャドウブラシを使うと簡単にぼかせます。


■しっかり眉さんのポイント
・色を少量のせるだけでも濃くなりやすい為、ブラシやペンシルは擦るのではなく、毛流れに沿って軽めに動かします。
・眉を描くときのカラーは、髪の毛の色よりも薄めのカラーにすると印象が柔らかくなります。

エレガンス/パーフェクトブロウパウダー

エレガンスアイブロウ\パウダー
出典:rakuten

■エレガンス/パーフェクトブロウパウダー
価格:4,000円(税抜)
公式サイト:https://www.elegance-cosmetics.com/elegance/products/eye/perfect-brow-powder/

濃淡2色のアイブローカラーとノーズカラーまでがセットされたパレット。

自然な眉の色で仕上がり、ノーズカラーで眉頭を自然にぼかすこともできます。

ベースに配合された撥水、撥油性に優れたオイルが汗や皮脂に強く仕上がりが長持ちします。

シュウウエムラ/アイブロウマニュキュア

シュウウエムラ眉マニュキュア
出典:Qoo10

■シュウウエムラ/アイブロウマニュキュア
価格:3,000円(税抜)
公式サイト;https://www.shuuemura.jp/color-makeup/eyes/eyebrow/eyebrow-manicure/SHU10030.html

ウォータープルーフタイプで崩れにくい眉用のヘアマニュキュア。

発色の良さが特徴で、ブラシが小さいためよくつきます。

しっかり眉さんのコシのある眉毛を柔らかい印象に変えてくれます。

②太くて下がり気味

太くて下がり気味
出典:beauty-matome

太くて下がり気味
出典:beauty-matome

毛1本1本がしっかりしていて、毛流れに癖がある下がり気味眉さんは、眉尻が下がった顔に見えやすいです。

強くならないように仕上げながらも眉山に目線が行くようにして、お顔を引き上げるリフトアップ眉にするのがポイントです。

明るい色のパウダータイプを使用し柔らかく仕上げて、部分的にハイライトを使うことでリフトアップ効果が出ます♪

眉毛に垢抜け感を出すために眉マスカラは明るめの色を選ぶようにしましょう。

使用アイテム

コームやスクリューブラシ
アイブロウパウダー(ダーク系、ライト系の2色を使用)
アイブロウブラシ
アイブロウペンシル(眉尻や眉山のみ)
ハイライト
眉マスカラ

メイク術

1 毛流れをしっかり整えておきます。


太くて下がり気味
出典:beauty-matome


2 眉頭1センチ外側からライト系パウダーで隙間を埋めるように描いていきます。毛をとかすように毛流れに合わせて動かすのがポイントです。


太くて下がり気味
出典:beauty-matome


3 眉山はカーブををつくらずなだらかに仕上げますが、眉尻に向かって下がる直前の角のところだけは、少しプラスで色をのせてはっきり見えるようにしておきます。

眉山の毛量が少ない人はペンシルを使用しても良いでしょう。


太くて下がり気味
出典:beauty-matome


4 眉毛中央から角を作った眉山までの、1センチくらいの幅にハイライトを入れていきます。目線が眉上にいき、下がって見えにくくなります。


太くて下がり気味
出典:beauty-matome


5 スクリューブラシを使って、すでに描いてある眉中央のメイクを眉頭に向けてぼかします。

隙間がまだあるようだったら、ブラシに残っている微量のパウダーでとかすように描いていきます。描いた後は眉頭をぼかします。

指や何もついていないアイシャドウブラシを使って眉間に向かってぼかしましょう。


太くて下がり気味
出典:beauty-matome


6 しっかり毛が生えていて長さもあるのであれば、眉尻は描く必要はありません。

先に眉マスカラをつけて、必要であれば後から眉尻を描き足します。

その時、眉マスカラを毛流れに沿ってつけてしまうと下がり気味に仕上がってしまうため、眉マスカラは眉頭から耳の上に向かうようなイメージで横にとかしていきます。
7 眉尻に隙間があったり、長さが足りない人はダーク系のパウダーで足していきます。眉尻を眉頭の下部分より低い位置にならないように仕上げたら完成です。


■太くて下がり眉さんのポイント

・下向きの毛流れに負けないように、ハイライトを使用してリフトアップをさせるのがポイントです。
・眉マスカラをつける向きも、下がりすぎないように横に流すようにつけましょう。

セルヴォーク/インディケイトアイブローパウダー

インディケイトアイブローパウダー
出典:Qoo10

■セルヴォーク/インディケイトアイブローパウダー
価格:3,500円(税抜)
公式サイト:https://celvoke.com/Form/Product/ProductDetail.aspx?pid=4571469498050

セルヴォーク独自のベース紛体で、ナチュラルなのにしっかりとした色で眉を描くことができるアイブロウパウダーです。

赤みや黄み系などの強めなモードカラーもあるので、垢抜け感がしっかり出せます。

ヴィセ/リシェ インスタントアイブロウカラー

ヴィセ眉マスカラ
出典:rakuten

■ヴィセ/リシェ インスタントアイブロウカラー
価格:800円(税抜)
公式サイト:https://www.kose.co.jp/visee/eye_brow/instant_eye_brow_color.html

ひと塗りでカラーリングしたような眉になる美発色マスカラ。

毛流れをキープして整えてくれるので、下がり眉毛にぴったりです。毛が短い部分につける時も、地肌につきにくいコンパクトなブラシです

セザンヌ/パールグロウハイライト

セザンヌハイライト
出典:Qoo10

■セザンヌ/パールグロウハイライト
価格:600円(税抜)
公式サイト:https://www.cezanne.co.jp/lineup/4939553041122/

眉上に少しつけるハイライトは、小さなコンパクトサイズで十分です♪

パールグロウハイライトは、その名の通りぎっしり入ったパールが肌に密着するので、明るくなめらかに仕上がります。

美容液成分配合で1日中しっとり仕上がります。

③毛量が多い眉

毛量が多い眉
出典:beauty-matome

毛量が多い眉
出典:beauty-matome

毛量が多い眉毛は、眉メイクにメリハリが出しづらく全体的にペタッとした印象に見えやすいです。

強さを出さないように柔らかく仕上げて、軽やかな立体感を出すことがポイントです。

眉マスカラやパウダーは、アッシュ系で軽さが出るような色で仕上げましょう。

使用アイテム

コームやスクリューブラシ
アイブロウパウダー(アッシュ系ダーク系、ライト系の2色を使用)
アイブロウブラシ
眉マスカラ

メイク術

毛量が多い眉
出典:beauty-matome


1 毛流れをしっかり整えておきます。


毛量が多い眉
出典:beauty-matome


2 眉頭1センチ外側からライト系パウダーで隙間を埋めるように描いていきます。ブラシは、毛をとかすように毛流れに合わせて動かすのがポイントです。
3 眉山はなだらかに仕上げ、角ができないようにしましょう。


毛量が多い眉
出典:beauty-matome


4 スクリューブラシを使って、すでに描いてある眉中央のメイクを眉頭に向けてぼかします。

隙間がまだあるようだったら、ブラシに残っている微量のパウダーでとかすように描いていきます。

眉頭を眉間に向けてぼかします。指や、何もついていないアイシャドウブラシを使うと簡単にぼかせます。


毛量が多い眉
出典:beauty-matome


5 しっかり毛が生えていて長さもあるのであれば、眉尻は描く必要はありません。先に眉マスカラをつけて眉尻の毛流れを整えて、必要であれば後から眉尻を描き足します。

眉マスカラは、髪の色よりも白っぽいアッシュ系を使用して軽やかさを出します。

眉毛の毛流れがバラバラしていると綺麗に見えないので、眉頭は上に向かって、中央から眉尻へは横から下向きの毛流れにそって丁寧にぬりましょう。

毛量が多いと、必要以上に眉マスカラもついてしまいます。眉マスカラは、ブラシの先端を使ってつけると失敗しにくいです。
6 眉尻に隙間があったり、長さが足りない人はダーク系パウダーで足していきます。

毛量が多い人は眉毛が強く見えやすいので、柔らかさを出すために、長さは黄金比の眉尻の位置よりも内側に仕上げましょう。

■毛量が多い眉さんのポイント
・眉を描く色はアッシュ系を選ぶようにして、眉毛に軽さを出していきましょう。
・毛量が多いので、眉マスカラが大量につきやすいです。ブラシの先端を使って、少量ずつつけるようにしましょう。

ナチュラグラッセ/アイブロウパウダー

エレガンスアイブロウパウダー
出典:Qoo10

■ナチュラグラッセ/アイブロウパウダー
価格:3,200円(税抜)
公式サイト;https://www.naturaglace.jp/products/detail/55

2色入りでブレンドして使うこともできる優れもの。

オリーブ系のカラーは毛量が多い人におすすめ、ふんわりとした自然な立体感を出してくれます。

にじみにくく、自然な仕上がりが続くアイブロウパウダーです。

エクセル/アイブロウマスカラN

エクセルアイブロウマスカラ
出典:rakuten

■エクセル/アイブロウマスカラN
価格:1,300円(税抜)
公式サイト:https://noevirgroup.jp/excel/g/g48881/

密着カラーリング処方で、べたつかずふんわりとした立体的な美眉に仕上がります。

成分に微粒子パールが配合されていて自然な立体感がでるため、毛量の多い眉毛におすすめ。

とかしやすいスリムストレートブラシも使いやすいです♪

④密度濃いめの眉

密度が濃いめの眉毛
出典:beauty-matome

密度が濃いめの眉毛
出典:beauty-matome


密度が濃いめの眉毛は、のっぺりとした印象に見えてしまいます。

眉毛1本1本の存在感を出しすぎるのも、濃さを強めてしまうのでカラーマスカラはジェルタイプの質感の軽いものを選びましょう。

色は髪色よりもほんの少し明るめの自然なカラーで仕上げます。

使用アイテム

コームやスクリューブラシ
アイブロウパウダー(ダーク系、ライト系の2色を使用)
アイブロウブラシ
眉マスカラ

メイク術

密度が濃いめの眉毛
出典:beauty-matome


1 毛流れをしっかり整えておきます。立体感を出したいので、眉頭は少し毛を立ててとかします。


密度が濃いめの眉毛
出典:beauty-matome


2 眉頭1センチ外側からライト系パウダーで隙間を埋めるように描いていきます。

毛をとかすように毛流れに合わせて動かすのがポイントです。
3 眉山はなだらかに仕上げ、角ができないようにしましょう。


密度が濃いめの眉毛
出典:beauty-matome


4 スクリューブラシを使って、すでに描いてある眉中央のメイクを眉頭に向けてぼかします。

隙間がまだあるようだったら、ブラシに残っている微量のパウダーでとかすように描いていきます。眉頭から眉間に向けてぼかします。

指や何もついていないアイシャドウブラシを使うと簡単にぼかせます。


密度が濃いめの眉毛
出典:beauty-matome


5 しっかり毛が生えていて長さもあるのであれば、眉尻は描く必要はありません。

先に眉マスカラをつけて眉尻の毛流れを整えて、必要であれば後から眉尻を書き足します。
6 眉尻に隙間があったり、長さが足りない人はダーク系パウダーで足していきます。

長さは黄金比の眉尻の位置よりも内側に仕上げましょう。


■密度濃いめの眉さんポイント
・立体感がないと、のっぺり仕上がってしまうので、メイク前にしっかりコームで眉の毛先をふんわりさせましょう。
眉頭は、縦にとかして立てるとすっきり見えます。
・立体感の出やすいジェルタイプの眉マスカラを選びましょう。1本1本コーティングがされて、毛先がふわっと立ち上がって仕上がります。

ジルスチュアート/アイブロウパウダー

ジルスチュアートブローパウダー
出典:Qoo10

■ジルスチュアート/アイブロウパウダー
価格:3,200円(税抜)
公式サイト:https://www.jillstuart-floranotisjillstuart.com/site/jillstuart/r/r10101020/

3色入りのブロウパレット。粉っぽさがなく、しっとりした質感でふんわり眉をつくってくれます。

汗・皮脂に強いので長時間美しい色味が続きます。クリスタルフローラルブーケの香リが嬉しい♪

エチュード/カラーマイブロウマスカラ

出典:rakuten

■エチュード/カラーマイブロウマスカラ
価格:650円(税抜)
公式サイト:https://www.etudehouse.com/jp/ja/products/detail/211040299

べたつかないソフトホールドジェルタイプのマスカラ。

速乾性なので、密度の多い眉も立体的に軽い質感で仕上がります。

汗や皮脂による崩れを防いでくれるので、美眉が1日中キープできます。

濃い眉さんにおすすめの人気眉マスカラ

濃いめの眉毛を仕上げるときに、欠かせないのが眉毛用マスカラです。

メーカーによって、質感も色も種類が様々です。

今回は発色と色持ちに注目して厳選した、おすすめランキング5をご紹介します!

⑤エテュセアイエディション (ブロウマスカラ)

エテュセ眉マスカラ
出典:Qoo10

■エテュセアイエディション (ブロウマスカラ)
価格:1,200円 (税抜)
公式サイト:https://www.ettusais.co.jp/eye/brow-mascara/

アッシュ系カラーがとっても綺麗な眉マスカラ。

細かい毛もしっかりキャッチして色をつけるツリー型ブラシです。

汗皮脂に強くて崩れにくい、お湯で落とせるフィルムタイプです。

発色:★★★★☆
色持ち:★★★☆☆

④dejavu(デジャヴュ)アイブロウカラー

デジャヴ眉マスカラ
出典:Qoo10

■dejavu(デジャヴュ)アイブロウカラー
価格:800円(税抜)
公式サイト:https://www.dejavu-net.jp/items/eyebrow/ebc/

ブラシがコンパクトで肌につきにくい極小サイズが特徴。

ミクロフィルム成分が毛1本1本に薄膜フィルムを形成するので、ダマになったり固まりません。

自然に仕上がり発色も良いです。

発色:★★★★☆
色持ち:★★★☆☆

③カネボウ化粧品ケイト 3Dアイブロウカラー

ケイト眉マスカラ
出典:Qoo10

■カネボウ化粧品ケイト 3Dアイブロウカラー
価格:ノープリントプライス
公式サイト:https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/products/2020928

自然に毛流れを整えて、ふんわりとした質感をキープするミツロウ成分配合。

お湯で簡単にオフできるのに、つけている間は皮脂にも汗にも強い優れものです。

地肌につきにくいように設計されたブラシは小回りがきいて、小ぶりで使いやすいです。

発色:★★★★★
色持ち:★★★☆☆

②リンメル/プロフェッショナル 3Dブロウ マスカラ

リンメル眉マスカラ
出典:Qoo10

■リンメル/プロフェッショナル 3Dブロウ マスカラ
価格:1,200円(税抜)
公式サイト:https://www.rimmellondon.jp/products/3d_brow_mascara/

繊維が入っているので、立体的な質感に仕上がります。

お湯で落とせるフィルムタイプですが、日中は崩れません。眉の負担にならないように美容成分も配合されています。

赤み黄みの効いたエッジィなカラー展開で発色も綺麗♪

発色:★★★★★
色持ち:★★★★☆

①KISSME ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ

ヘビーローテーション眉マスカラ
出典:Qoo10

■KISSME ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ
価格:800円(税抜)
公式サイト:https://www.isehan.co.jp/heavyrotation/feature/coloring_eyebrow/

汗、皮脂だけでなく摩擦にも強く崩れにくいアイブロウマスカラ。

アッシュ系のカラーバリエーションが多いので、濃いめの眉毛さんにとってもおすすめです。

発色もとてもよく、ひと塗りでしっかりつくのも◎

発色:★★★★★
色持ち:★★★★★

まとめ

眉毛はお顔の印象を変えてしまう大切なパーツです!

濃いめの眉毛でも、メイク術や選ぶ製品で大人な美人眉になれるんです♪

自分にぴったりの製品を見つけて、自信を持って眉メイクを楽しんでくださいね♪