se

メイクマニア女子が陥りやすい“やり過ぎ”NGメイク特徴3つ

メイクが大好きでコスメブランド情報に詳しく、新作コスメに目が無い、いわゆるコスメフリークと呼ばれる女性がいます。

その美意識や情報収集能力の高さに驚かされることもしばしば。

しかし、あまりにコスメが好き過ぎて「そのメイク、ちょっとやり過ぎじゃない?」と突っ込みを入れたくなるくらい、気合いが入り込んだメイクを施している方も多いようです。


(出典:weheartit.com

素肌っぽさを残したナチュラルメイクがトレンドの今、あまりにもバッチリ過ぎるメイクは逆に浮いてしまうかもしれません。

自分のメイクが“やり過ぎ”ていないか、いま一度見直してみませんか?

メイクマニアだからこそやりがちなNGメイクの特徴をチェックしましょう。

要注意!!メイクマニアだからこそ陥りやすい“やり過ぎ”NGメイク特徴3つ

1:ベースメイクを完璧に作り込み過ぎる

se
(出典:weheartit

誰もが持っているシミ・くすみ・シワ・クマといった肌の悩み。

メイクマニアの方は、ファンデーション・下地・コンシーラーなどあらゆるグッズを駆使してそれらをカバーする術を知っています。

しかし、肌の悩みをカバーして完璧な肌をつくろうと頑張り過ぎると、ベースメイクが完全な厚塗り状態になってしまう危険が…。

厚塗りのベースメイクはひと昔前のような老けた印象を与えるため、逆効果です。

トレンド肌を目指すなら、肌のアラを隠すことに専念するよりも、自然なカバー力のあるファンデでツヤを出してくすみを飛ばすなどの工夫をしましょう。


2:アイラインが太い

large2
(出典:weheartit.com

メイクのトレンドがどう変わっても、パッチリ大きな目は女性の憧れですよね。

そこで“やり過ぎ”女子が目を大きく見せるためについついやってしまうのが、真っ黒なアイラインを太くひいてしまうこと。

太いラインが流行った時期もありましたが、最近のトレンドからいうと、くっきりと太く描かれたラインはいかにも「流行遅れ」な印象になってしまいます。

今目指すべきはあくまでもナチュラルなデカ目。アイシャドウの締め色で陰影をつけ、目のキワにまつ毛の隙間を埋める程度にラインを引けば十分です。


3:口紅だけが浮いている

き
出典:weheartit


バッチリ過ぎるメイクの定番、口紅の厚塗りにはご用心!

特にレッド系の濃い色のリップを使う場合、リップペンシルできっちり輪郭をとった上に発色の良い口紅を塗りたくると、まるで唇だけが浮いているような印象になります。

最近では色付きリップバームリップティントなど様々なタイプのリップアイテムがあります。

あえて指でぼかしたり、ティッシュオフするだけでも自然な唇になります。他のアイメイクやチークとのバランスを見て、メイクの最後に唇だけ浮いていないか確認するとよいでしょう。