【保存】悩み別に色は変わる!コントロールカラーの選び方

ファンデーションのノリを良くし、ポイントメイクの効果を上げるには、自分の肌に合うコントロールカラーできちんとベースを作ることが大切です。

悩み別おすすめの色をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

くまの種類別・目立たなくしてくれるコントロールカラー

b_Y11215
出典:lancome

  • 青くま……ピンク、オレンジ
  • 茶くま……ピンク、イエロー
  • 黒くま……パール、イエロー、ライトベージュ
黒くまは下地を塗ってもなかなか隠れてくれないので、光の効果で飛ばしてしまうのが正解。コントロールカラーを使う場合は、明るめの色を選びましょう。

■公式ページ
http://www.lancome.jp/

顔色の悪さを目立たなくするコントロールカラー

S__4685841

血行が悪く、顔色が良くないことが気になる時には、赤みを補ってくれるピンクのコントロールカラーがおすすめです。

蒸しタオルで血行を促してからメイクを始めると、より効果的ですよ!

■公式ページ
http://www.sofina.co.jp/primavista/

肌の赤みを押さえるのに役立つコントロールカラー

a02

赤ら顔や赤ニキビが気になる時は、グリーンのコントロールカラーを使うと目立ちにくくなります。

ただし、塗りすぎると顔が不自然に白くなってしまうので、部分用として適量を塗るように気を付けてください。

■公式ページ
http://onlineshop.rmkrmk.com/

くすみを払って透明感を引き出すコントロールカラー

41925_01_l

加齢による黄ぐすみなどが気になる時は、ブルーのコントロールカラーを使うと黄色味を抑えることができます。

ただ、もともと色白の人が使うと顔が白くなりすぎることもあるので、使用量に気を付けましょう。

■公式ページ
https://www.ipsa.co.jp/

シミやソバカスを目立たなくするコントロールカラー

4549738970699_1260
出典:muji

シミやソバカスが気になる時は、薄いものならイエロー、濃いものならオレンジのコントロールカラーがおすすめです。

気になる部分に乗せたら指で軽くトントンと叩いてなじませ、仕上げにスポンジで境目をぼかしましょう。

■公式ページ
https://www.muji.net/

コントロールカラーを味方につけて明るい肌色に見せよう

肌にトラブルを抱えている時はメイクをしても満足のいく仕上がりになりにくいですが、コントロールカラーをうまく使えば、肌色を明るくクリアな状態に近付けることができます。

数種類の色を揃えておくと、いざという時にすぐ対応できて便利ですよ!