無題

あか抜け顔を作る♡チークの選び方と種類別正しい入れ方おさらい◎

メイクに欠かせないアイテムでありながら、意外となんとなく入れている人が多いチーク。ファンデーションと同じように、チークもパウダー以外にリキッドクリームなどの種類があります。

それらの効果の違い正しい入れ方をおさらいしておきましょう。肌色別のおすすめカラーもご紹介します◎

チークを最大限に活用できるようになると、幸せオーラが漂うあか抜け顔になれますよ♡

種類別!チークの効果と入れ方

チークの中でも代表的なパウダーチークリキッドチーククリームチークの3つの効果と正しい入れ方を覚えておきましょう。



■ パウダーチーク

最も一般的なパウダーチークはブラシで乗せるのが基本です。ケースにはじめからついてきたブラシは少々小さいことが多いので、チーク用のマイブラシを持っておくと良いです。大きめのブラシを使うとふんわりとした仕上がりになります。

ブラシでパウダーを取ったら、そのまま肌に乗せずに一度ティッシュや手の甲などで余分な粉を落としてから乗せるのがポイントです。


index
出典:amazon

■ リキッドチーク

液状になっているリキッドチークは、お肌の透明感をキープしたまま発色するのが特徴です。お肌の内側から色付いているようなナチュラルな仕上がりになります。

こちらもブラシや手に取りそのまま頬に乗せるのはNGです。一度手の甲に乗せてから、ブラシや指の腹でポンポンとなじませるように乗せていきましょう。



31hK2HwSG7L
出典:amazon

■ クリームチーク

練り上になっているクリームチークは、発色の良さと崩れにくさが細大のメリットです。

こちらもリキッドチークと同様に、一度手の甲に乗せて度合いを見ながら頬に乗せていきましょう。



41zA0ymcmFL._SX425_
出典:amazon

あなたのお肌に似合うチークカラーはコレ☆

チークを選ぶときに重要なのは、自分のお肌の色です。アイメイクやリップメイクなどとのカラーバランスよりも、まずは地肌の色味と相談しましょう。

地肌の色味は大きく分けて2つ、黄味がかったお肌青みがかったお肌があります。日焼けをすると小麦色に焼ける人は黄味がかったお肌、赤く焼ける人は青みがかったお肌、という風にタイプ分けが出来ます。

黄味がかったお肌には、サーモンピンク・アプリコット・コーラルピンク・オレンジレッドなどオレンジ寄りのカラーがおすすめです。

青みがかったお肌には、スモーキーピンク・ローズピンク・マゼンタ・ブルーレッドなどボルドー寄りのカラーが良く似合います。



チークを制すれば顔がいっきにあか抜ける!



チークの入れ方にこだわると、表情の見え方が変わってグッとあか抜けた印象を作れます◎

お手持ちのチークと地肌の色味との相性をを見直して、種類に合った正しい入れ方を心掛けてみてくださいね!