「もう別れたい・・・」決意した男が見せる行動6こ

男って不器用なもので、愛が薄れてきているとあからさまな態度をとってしまう人が多いんですよね。

そのため彼女であれば「そろそろヤバいかも?」と感じられると思いますが、確信を持てるというわけではないでしょう。

そこで今回は別れを決意する直前にとる態度行動についてご紹介していきたいと思います。

LINEの返信を今までより遅くする


女性のように常に誰かと連絡を取り合っていない男からすると好きじゃなくなってきた彼女にコンスタントに返信をするのはかなり億劫です。

そのため愛が減ってくると圧倒的にLINEの返信が遅れやすくなります。それに返信をしたとしても素っ気ない文章になりがちで、聞かれたことにしか答えないような業務的な返信の仕方にもなりますね。

ちゃんと返信はきているからといって安心はできません。LINEでの対応の悪さが目立ってきたら危険な状態であるという認識をしておいたほうがいいしょう。

話しかけられるだけでイライラしだす


男の中には愛が薄れてきているのにデートには誘ってくるという謎な行動をとる人もいます。でもやはり常にイライラしてる様子であることが多いですね。

今まで怒らなかったことで怒ったり、口調が強くなっている場合はデートの誘いがあっても破局間近です。

ここで同じように不機嫌になって喧嘩をしてしまうとそのまま喧嘩別れに繋がるので、態度に苛立っても切れ返さないように注意してくださいね。

「楽しいことないかな」と口に出す


彼女が目の前にいるにも関わらず「楽しいことないかな」と口に出すのは危険度マックスの状態。

そんなことを口に出すということはその場の状況に不満があることは確かですし、もっと言えば近頃のライフスタイルに不満があるということです。

楽しいことないかなの口癖が出た時には今後の付き合いをどうするべきかを真剣に考えることをオススメします。

SNSの更新頻度に変化


別れを考えている状態は、気持ちの整理がうまくできていなかったり、普段と違う心境になっていることもあり、日常の細かな言動にあらわれることがあります。普段よく使っているSNSに、変化があらわれるという男性も大勢います。

たとえば、普段から頻繁にSNSに投稿していた人は、頻度がグッと落ちたり、反対に、投稿頻度が少なかった人はやたら投稿が増える、といった、目に見える形であらわれるので、要チェックです。

トークを盛り上げようとしない


何気ない雑談をする恋人同士のLINEのやりとり。そこに「別れたいな…」と思っている男性の心理はあらわれます。

たとえば「そうなんだ!」「いいね!」だけの淡泊な返信が挙げられます。

「別れたいけど、なんて切り出したらいいんだろう…っていうか、この感じで気づいてくれよ」と思っているかもしれません…。

先の予定を立てるのに全然乗ってこない


「今度の週末どこにいく?」「来週記念日だね!何しよっか?」といった、先のスケジュールを話しているときに、全然乗り気じゃない。

すでに危険信号です。それもそのはず、もう別れようと考えている相手と先のことを考えても、無意味ですよね…。