原因はこれ!超タイプの男と付き合えない理由6つ

「モテないわけじゃないけど、何故か好きな人との恋愛だけは上手くいかない(付き合えない)」って人、結構多いですよね。

実はそういう人には共通点がいくつかあります。

好きな人と上手くいかない理由を知って、次の恋愛成就につなげましょう!

本来の自分でいられなくなるから



超タイプな人を目の前にすると、緊張したり、良く見せようとしてしまったり。その不自然さや余裕のなさが、両想いになれない理由になっていますよ。

もっと自然体で楽しく過ごせたら、男性も心を開きやすくなり上手くいく確率も上がってくるかも。

自分の良い所ばかり見せようとする

好きな人にはやはり、自分の悪い所を見せたくないですよね。 でも自分の良い所ばかり見せると、相手から「面白味のない人」「スキがない人」だと思われて、距離を置かれてしまう可能性があります。

なのでたまには、好きな人に自分の弱みや短所を見せてみましょう。 頑張りすぎない姿や頼りない姿が、可愛いと思ってもらえるかもしれませんよ。

顔色をうかがってしまう



嫌われたくないから…と、好きな人の顔色をうかがうクセがついてしまっていませんか? たとえばどこかに出かける時、「○○君の好きなところで良いよ」と言って合わせてしまう人は多いはずです。

でもそれでは、相手から「都合の良い女」と思われる原因になります。 顔色をうかがうのではなく、自分の意見も言いつつ、お互いに歩調を合わせていくことが本当の恋愛なのです。

好かれる自信がない

好きな人と上手くいかない人のほとんどが、好かれる自信がない傾向にあります。 好きな人が素晴らしく見えるために「私なんか好かれるわけがない…」と一歩引いてしまうんですね。

でもそれじゃ、好きな人との関係性はそこで終わってしまいます。 自分を必要以上に卑下せず、「自分は好かれる価値がある」と思ってアプローチしてみましょう。 また、自分磨きをして自信をつける方法もおすすめです。

外見だけ見ている



ある程度人生経験のある男性なら、女性が自分のどこを見ているかは分かるものです。モテる男性なら尚更のこと。

「あぁこの子は自分の顔が好きなんだなぁ」と気が付いてしまうと、それを恋心に変えるのはとても難しくなります。男性だってもっと芯の部分を愛してくれる女性を求めているのです。

好きという態度がですぎてしまう



あまりに顔がタイプだと、好き好きオーラが出てしまうことも。好意を持たれていると知った男性は、安心をしてそれ以上努力をすることを辞めてしまいます。

さらに、彼に好かれるためにといろいろなことをしてしまうと一気に“便利な女”確定!

男女どちらか一方の想いが強すぎると、恋はなかなか上手くいかないのです。

そもそも“ファン”状態

超タイプ=好きな人になるとは限りません。そもそも本当に彼のことが好きなのかどうか、自分の胸に手をあてて聞いてみましょう。

ファンのような気持ちだった場合、自分自身も本気じゃないのだから上手くいかないのは当然のこと。「好き」と「カッコいい!」を間違わないようにしましょう。