【保存】デートで重要なのは別れ際?「次に繋がる解散の仕方」

気になる相手とデートをしたら、もちろん次もその次も約束をとりつけたいところですよね。

でも自分から「また会いたい!」なんていうのは断られるのもイヤだし恥ずかしい…そんなアナタに今回は次に繋がる解散の仕方についてご紹介します!

次に繋がる解散の仕方

話が盛り上がっている最中に解散

shutterstock_232816198

楽しい話をしている最中は時を忘れて楽しんでいると思いますが、またデートをしたいと思うのであれば、まだ話が盛り上がっていると思う状態で解散するのがオススメです。

長い時間デートをしていると、どんどんスマホを触る時間が増えてきたり、ダラダラした空気になってきちゃうんですよね。

空気が重くなってくると「…そろそろ帰る?」の合図で解散となりますが、話がはずんでる状態で帰ると言われたら「いいところなのにかえっちゃうの?」となり、帰るに対してのイメージは大きく変わります。

もちろん別れは惜しまれた方がいいのですから、「楽しかったな、また会いたいな」と思われるように楽しい気持ちの時に解散しましょう!

一緒にいると楽しい、時間がたつのが早いとポジティブワードを出す

shutterstock_383111350

人は喜んでもらうことが大好きです。だから自分が相手に何かを与えられているということがわかればまた会おうと思うんです!

その心理を利用して「○○(名前)と一緒にいると楽しい」「○○(名前)は面白いから時間がたつのが早い!」と相手がうれしくなっちゃうワードを別れ際、もしくは解散後の連絡時にたくさん伝えていきましょう!

重要なのは“アナタだからこそ”ということが伝わるようにすることです☆

見送ってもらったら二度振り返ろう

shutterstock_1056501119

デートの最後は最寄駅や、家の近くまで見送ってもらうことも多いでしょう。

見送られる時に、どれだけ振り返って手を振り返せばいいのか迷うことってありませんか?その正解は、二度振り返ることです。

一度だとあっけない感じがするし、何度も振り返るのも終わりがない。だから最後は二度振り返ります。

手を振ることに付け加えて「ありがとう!」と一言も付け加えておくと、より好感度アップ!

デートを次に繋げていくには、ベストなタイミングで解散する、相手を褒める言葉を伝える、見送ってもらったら二度振り返る、です。

デートをたっぷり楽しんだら次回のデートのお誘いが来るように解散し、たくさんデートを繰り返せるようにしていきましょう!