コツがあった!年下と付き合うのに大切な3つの心得

年下の男性と付き合うのってどう思いますか?年下は恋愛対象外という人もいれば、絶対に年下がいいという人もいます。

中には一度年下の男性と付き合ったことがあり、年下の魅力にすっかりハマってしまった、なんて人もいるでしょう。

年下の彼氏は、同い年の彼氏や年上の彼氏と付き合うのとは少し違った年下ならではのコツがあります。

この記事では、そんな癖のある年下彼氏付き合うのに大切な心得をご紹介します。

年下彼氏とと付き合うコツ:過度に甘やかさない


年下の彼氏と付き合う女性に多い傾向なのが、彼女ではなくお母さん的な立ち位置になってしまう人です。

つまり、過度に甘やかしてしまい、生活の何から何まで世話を焼いてしまうのです。

つい優しくしたくなる、世話してあげたくなるという気持ちになりますが、やりすぎはNGです。

家族を性的な対象として見ることができないのと同じく、お母さん的な立ち位置になったあなたのことを異性として見ることができなくなります。

年下彼氏とと付き合うコツ:しっかり者でいつつも時にはギャップを


年下彼氏は、基本的には年上であるあなたを慕い頼っています。

同級生の彼氏や年上彼氏と違いあなたがリードするという場面も多いでしょう。普段の立ち振る舞いからデートプラン、スケジュール管理など、大人の女性として抜け目ないようにしましょう。

しかし、何事においても完璧すぎる隙のない女性では、圧倒されて一線を引かれてしまうので逆効果です。

実は虫が苦手、実は超甘党で苦いものが食べられない、などの女の子らしさを感じさせるギャップも大切です。

基本的にはしっかりしつつも、あなたが苦手なものはあえて克服しないで女の子らしさを演出できると良いでしょう。

年下彼氏とと付き合うコツ:大人の色気を見せる


若い未熟な女性にはない大人の魅力は大きな武器になります。見た目や香り、仕草など大人ならではの色気を演出しましょう。

たとえ年齢差が1,2歳だけでほとんど同世代という場合でも十分です。1歳だけの年の差でも、年上の相手には無意識に大人の雰囲気を見出してしまうものです。

年下彼氏と付き合うと、いい女に成長できる

年下彼氏と付き合うことは、女性からリードする場面が増えたり、甘えたがるのに応じたり手を焼くことが多いかもしれません。
しかし、一見面倒に見えることですが、その手間を上手くこなせる一つ上の女性にあなたを高めてくれるでしょう。