「なるほど…!」男性をトリコにする、フェラのやり方。

フェラは彼との関係を築く上で欠かせないテクニックの1つになります。

AVの見よう見マネで頑張っている方が多いでしょうけど、しっかりポイントを押さえておく事によって、より彼に気持ち良くなってもらう事ができます。

具体的に何をすればいいかですが…

ズバリ「できるだけ奥まで咥える様にする!」です。

とても単純ですが、これが絶大な効果を発揮しますから、皆さんも是非頑張って、このやり方をマスターする様にしてください。

チカラを入れるのではなく逆に「抜く」ようにする

フェラ

とても単純な「奥まで咥え込む」という行為ですが、これを実際にやろうとすると嗚咽感に襲われてしまう事になります。

要するに吐きそうになってしまう訳ですけど、この時に我慢をして頑張ってしまう方もいるでしょう。

大好きな彼のためなら我慢できる!という健気な精神ですが、残念ながらこれは長続きしません。

フェラをする時間は短くても数分、長ければ10分以上になりますから、その間耐え続けるのは現実的に極めて難しいです。

そこで意識して頂きたいのは、とにかくできるだけ「喉のチカラを抜く」ようにする事です。

そうする事によって以外なくらい奥まで入っていくようになります。

彼のペニスのサイズにもよりますが、平均的な大きさであれば根元まで全て咥える事も可能になってきます。

いきなり全ては難しいですから、彼を練習台にして少しずつ試していってください。

くれぐれもバナナで練習するのは止めておきましょう。

中途半端な長さで折れて窒息してしまう恐れがあります。

男性の本能は「奥」を激しく求めています!

フェラ

男性が女性器に挿入する際「とにかく奥に!」と無意識の内に考えています。

そうする事によって気持ち良くなるからですが、これは本能的に妊娠させやすくするためという説が存在しています。

フェラは奥まで入れても妊娠する訳ではありませんが、理屈としては全く同じと考えて頂いて構いません。

そうする事によって口腔内の粘膜と彼のペニスがピッタリ密着しますから、通常のフェラとは比較にならない程の快感を与える事ができます。

イザ射精するタイミングになった時も、できるだけその状態をキープする様にしてください。 むせてしまう場合は少し手前に持って行ってもらって、そこで出してもらう様にしましょう。

口や喉の中に出された精液について、可能であれば「全て飲み込んで」あげてください。

男性にとってとても大切な体液ですから、これを外側に出してしまうのは一種の「拒絶」になります。 彼に好かれたい気持ちが強いなら、絶対に飲んでおく様にしましょう。

いかがでしたか?

フェラは誰でも簡単にできますが、だからこそ何となくこなしてしまいがちです。適当にやっても効果はありますが、こういった点について気をつければ効果は何倍にもなります。

彼とセックスする際は、フェラのやり方を意識してみてましょう。