初対面で差がつく!《自分を数倍良く見せる3つの裏ワザ♥》

人とはじめて会う時って「自分は相手にどう思われているかな?」と気になりますよね?

初対面で感じた印象は数年間は消えないと言いますし、できることなら自分をよく見せたい!なんて誰もが思うことでしょう。

そこでこの記事では初対面での印象良く見せる方法についてご紹介します。

お目当ての男性と会う機会があれば意識してみてください!

いつもより自分を数倍良く見せる方法

いつもより大きい声で話す


声の小さい人って印象に残りづらいし、最悪の場合、場所によってはなにを話しているのか聞こえないなんてことも…

そこまで声が小さい人はそう多くはいませんが、やはり声の通らない人が話すのと、しっかり耳に届く声をしている人で比べると印象に残るのは確実に後者のほうです。

なので日常的に声が大きいねと言われたことがない人であればいつもより大きめの声でハキハキ話すことにより良いイメージを持ってもらうことができますよ。

相手が話すときは目を見るようにする


相手と目を合わられているか、は相手に印象付けるためにはとても大切なことです。

まず目が合わないと話を真剣に聞いてもらえていないような印象を受けるので合わせないのはマイナスポイント。

逆に目を見て会話をするとかなり印象が良くなり、相槌もしっかりしていればより好印象を持たせることができますよ。

「今日楽しみにしていました」と一言添える


何気ない一言が頭に残ってうれしい気持ちになることって誰にでもあると思います。

それが初対面であれば「会えることを楽しみにしていました」という言葉なんですよね。

自分に置き換えて考えてみてほしいのですが、会うのを楽しみにしていたと言われたらシンプルにうれしく感じませんか?

しっかりとした会話が始まる前に相手が喜ぶ一言を添えることによって、そのあとのコミュニケーションが格段に取りやすくなりますよ!

相手に良い印象をもってもらうにはちょっとした対応を少しずつ気にするだけでも大きく変わります。

すぐに実践できることなので意識して使ってみてくださいね!