モテ子はできる重要スキル!おごられ上手になる方法

ご馳走になるのはなんとなく居心地が悪いから…と、最初から割り勘を決め込んでいませんか?

男性も、気に入っている女性にはご馳走してあげたいもの。今回は、気持ちよくおごってもらうための方法についてお伝えします。

上手にご馳走になる方法

shutterstock_192752864

自分からも食事に誘う

気になる男性は、積極的に食事に誘いましょう。

「新しくできた○○のお店が気になっていたんですが…」というメッセージでお誘いすれば、断る男性はほとんどいません。普段から美味しいお店のリサーチは欠かさないようにしましょう。

控えめに注文する

ご馳走してもらえるからといって、高いものばかり注文するのは考え物。

逆に安いものだけを注文するのも、相手のふところ具合を低く見積もっていることになり失礼です。食べたいものを聞かれたら、本当に食べたいものを控えめに伝えましょう。

注文するときは、お店の人に直接注文するのではなく、男性にやんわりと伝えて選んでもらいます。

美味しそうに食べる

ご馳走になるときには、よほどのことがない限り、残したり料理の批判をするのはもってのほか。

笑顔でおいしそうに頂きましょう。会話も男性を楽しませるような話題を選ぶのが基本です。とくに他の男性の話などは避けるようにしましょう。

large
出典:weheartit

以前何度か「いいよ」と言われていても、毎回お財布を出す

毎回割り勘を断られるからといって、お財布を出さなくなってしまうのはNGです。

何度断られても、おごってもらうことが当たり前の態度にならないように気を付けましょう。

「お礼」は5回言う

食べ終わってお財布を出し「いいよ」と言われたときに1回目。お店を出るときに2回目。お店を出た後に3回目、家に帰ってからメッセージで4回目、次回会った時に5回目のお礼を言います。

「ご馳走様でした」と、「ありがとうございました」を交互に混ぜるとしつこくなりません。

いかがでしたか?食事は男性にご馳走になった方が恋愛は上手くいきます。

とはいえ相手を不機嫌にさせてしまっては元も子もありません。気持ちよくご馳走して頂いて、好印象を残しましょう。