失恋から立ち直るのに時間がかかる人の考え方・行動パターン5つの特徴

失恋をすると辛い気持ちになりますよね。いつまでも失恋をひきずって泣いている人もいれば、失恋したばかりなのに、もう次の相手を見つけている人もいます。

この失恋から立ち直る時間の長さの違いはどこからくるのでしょう…。どうやら、失恋から立ち直るのに時間がかかる人には考え方や行動にある共通した特徴があります。

ここでは失恋から立ち直る期間が長くなってしまう人の特徴を紹介します。

1.何かと美化しがち

shutterstock_509942053

元彼との思い出は楽しいことばかりではなく、思い出したくないような辛いこともあるはず。

だから、元彼との思い出を良いことも悪いことも半々程度に思い出せる人なら失恋からの立ち直りも案外早いです。

しかし、良かったことだけでなく、辛かったことも全て美化してしまう傾向のある人は終わった恋をズルズルと引きずりやすいです。

2.元彼からもらったものをいつまでも大切にしまってある

shutterstock_1012398997

物には罪はない…と元彼からもらったものを捨てずに使い続ける人も多くいれば、元彼を思い出させるものは全て処分してしまう人さえいます。

もらって使う事で、『元彼からもらった物』という意識がなく『自分の物』として使っているケースでは問題ありません。

ところが、手紙やメール、メモ書きといった細々としたものまで思い出として大切にとっている場合はとても危険。失恋からなかなか立ち直れなくなってしまいます。

3.熱中できるものがこれといってない

shutterstock_509001580

暇な人ほど余計な事をしたり考えたりするもの。そして、考えることもつまらないようなもの、プラスにもならないことが多いのです。

ただただ、毎日職場と自宅の往復だけでこれといった楽しみもないようでは辛い気持ちをひきずったままとなってしまいます。

4.別れたことを納得できていない

shutterstock_769962037

どうして別れてしまったのだろう…私の何がいけなかったのだろう…と彼と別れたことが納得できていない場合も失恋から立ち直るのに時間がかかります。

特に元彼への思いが強ければ強いほど、なかなか失恋から立ち直れないでしょう。失恋した、別れたという事実はしっかり受け入れましょう。

そして、終わったことは終わったこととして、きっぱりと諦めることも大切です。


5.相談できる人がいない

shutterstock_742049233

悩みを相談する相手がいない場合も失恋から立ち直るのに時間がかかります。

誰にも話さずに、一人頭の中で悶々と考えているだけでは、まるで負のスパイラルにはまったかのようになってしまい、なかなか辛い思いから抜け出せません。

相談するとまでいかなくても、辛い思いを他人に話すことも、失恋から早く立ち直るためには大切です


失恋から立ち直るのに時間がかかるか、かからないかの違いは、見た目からはなかなか判断できません。

女性っぽい女性よりも男性っぽい女性の方が失恋をひきずりがちということも知ってましたか?

これは、男性が女性よりも所有欲が強いことと関係があるのです。