美人はやっている♡幸せ体質になる方法7つ

「幸せ」かどうかを決めるのは、他の誰でもなくあなた自身です。

物事を悲観的に考えていると、幸せを感じることはできませんよ。

ここでは簡単に幸せ体質になれる方法をご紹介していきます。出来ることからでも始めてみてください。

1.生身の人間関係を大切にする



スマホやSNSが普及してネット上での付き合いが増えたことにより、私たちは直接人と会って交流する機会が少なくなってきたといわれています。

友人はおろか恋人ともスマホを通してやり取りすることが多くなっていませんか?

しかし、画面上での言葉のやり取りだけで相手のことがわかるかというと、疑問がわいてきますよね。

対面することで見える相手の外見、表情、声のトーン、スキンシップなどから、相手の感情や気持ちを微細に感じ取れることが必ずあるはずです。

そういった気付きがコミュニケーションの築き方を磨くことへとつながります。

生身の人付き合いを大切にすることで好きな人とより深い関係を保つことができ、その付き合いの中で人から思いがけないアドバイスをもらえたり、あるいは嫌なことを忘れるくらい楽しい時間を過ごせたりするかもしれません。

それくらい人とのつながりは私たちに幸せをもたらしてくれるはずです。

2.心から打ち込める趣味を持つ



ネガティブ思考を上手に切り替えることができる人は、一人でも打ち込めるような趣味を持っている人が多いです。

それをやっている間は無心になって集中して楽しめるような趣味 です。

お菓子作りでも、裁縫でも、楽器演奏でもなんでもいいのです。体を動かすことはストレス解消に良いので、ランニングやヨガなんかもおすすめです。

気持ちの切り替えが上手い人は周囲から見てもイキイキとしていて魅力的なものです。

自分が幸せを感じられる時間をつくれるというのはひとつのスキルかもしれません。

3.笑顔を作る



無理に口角を上げるだけで、脳は“笑っている状態”だと認識します。

不思議なものですが、脳をだますことで幸せホルモンの分泌にも繋がるのです。

いつも、しかめっ面になっていませんか?

それでは幸せも逃げてしまいます。

4.ありがとうを口に出す



周囲の人や今ある環境に感謝している人ほど、人生の満足度が高いものです。

感謝の気持ちを持つためにも、日ごろからありがとうを口に出す癖をつけましょう!

言われた相手はもちろん、言った本人も気分が良くなる魔法の言葉です。

5.人と比べない



あなたは世界にたった一人の特別な存在です。

人と比べて優劣をつけたり、悩んだり、嫉妬したりするのはやめましょう。

最初は難しいかと思いますが、自分は自分だといつも言い聞かせることで変わります。勝ち負けにこだわるのも辞めましょう。

6.スマホから目を離す



スマホばかりに囚われている人は、今目の前にある幸せに気づくことは難しいでしょう。

今日は空が綺麗、少し暖かくなってきたな、素敵なお店を発見!そんな風にアンテナを張ることで、幸せをたくさん感じられる体質になりますよ。

7.健康的な食事をする



身体が不健康になると、心も健康さを無くしていきます。

身体のことを考えた食事を摂るようにしている人は心も安定しているものです。

食べ過ぎ、食べないダイエット、コンビニ食(添加物がたっぷり!)は止め、身体が喜ぶような食事に切り替えてみましょう。