男性大興奮♡SEX中に愛おしさが止まらない女性の仕草3つ

念願叶って愛する男性と付き合えるようになったとしても、もっともっと愛して欲しいのが女性の本音ではないでしょうか。それでは男性は一体どんな瞬間に愛おしさを感じているのでしょうか。

今回はSEX中女性の仕草に男性が興奮してしまう、そんな愛おしさが止まらなくなる仕草をご紹介します。

愛され仕草①:しがみつく



SEX中、女性にしがみつかれることに快感を覚える男性が多いようです。

抱き合うというソフトなものではなく、「絶対に離れない」といわんばかりに強くしがみつく感じが優越感に浸れるといいます。

しがみつくことで男性は自分のSEXで女性を十二分に感じさせていると実感できるのだそうですよ。

愛され仕草②:目をつぶる



日本人女性はSEXの時に喘ぎ声を含め、素の自分、感じている自分を恥ずかしく思って色々なことを我慢する傾向があります。

その一つが「目をつぶる」という行為。「目を閉じる」のではなく、「目をつぶる」という力の入った行為をすることで、必死さが伝わります。

必死に耐えている姿こそが、自分のSEXに自信を持つことにつながるので、そんな女性の表情を見て男性は満足したり、興奮したりするのです。

愛され仕草③:頭をなでる



「逆でしょ!」って思ったあなた、男性だって頭をなででもらえるなんて思っていません。

だからこそ、頭をなでたり、抱きしめたり(ただし、頭は胸の位置で)してみてください。

男性が主導権を握るSEXが多いでしょう。そして、普通に抱き合っても体格差から女性の頭が男性の胸の位置に来ることが多いでしょう。

そこを意図的に逆にすると急に男性が甘えてくるかもしれませんよ。


いかがでしたか?

SEXのテクニックに自信を持っている男性は意外と少なくとも、女性を感じさせたいと思っているものです。

そして、女性の反応で満足させてあげられているかの判断をしています。自分のSEXで満足してくれた女性を可愛く思わない男性はいません。

実際に女性がそこまで感じていないとしても、男性に好かれたいのであれば「愛され仕草」を実践してみてください。

きっと幸せそうな男性の顔が見られますよ。