【保存】SEXでイクためのポイント3つと感度倍増6つの秘訣。

今回は少しでも多くのカップルが素敵なオーガズムに達することができるように、オーガズムに達したことのある方々の意見をまとめてみました。さらに、いつもよりさらにSEXが楽しくなる秘訣をご紹介します。

みんな「オーガズム」を経験してるの?


ネットには様々な統計が公開されています。総合的に判断すると、オーガズムに達したことがあるかに関しては男性ばかりが(勝手に)達して、女性が置いてけぼりになっているということがいえそうです。
「オーガズムに達したことがある・・・約40%」
「毎回オーガズムに達する・・・約10%」
「ペニス挿入中にオーガズムに達する・・・約20%」

このような結果が出ています。どうやらSEXにおける快感の得られ方には男女間で大きな差がありますね。ただ、男性のほとんどは女性をオーガズムに導きたいと強く願っているようですよ。

Point1:前戯が重要


女性がオーガズムを感じるためには、まず女性の体を快感を受け入れる体質に変えていかなければなりません。

その方法は様々ですが、ステップはどの女性も共通していることが分かっています。

共通するステップは女性の膣がしっかりと濡れることなのだそう。

ただ、バカな男性はすぐに指を挿入して乱暴に刺激を加えて濡らそうとします。これは明らかにAVの影響でしかなく、理想は何も挿入をしなくても外部への刺激だけで膣内が濡れることなのだそうです。

この完璧な前戯をなくして女性のオーガズムはあり得ないといわれています。とにかくこの前戯にすべてがかかっているといっても過言ではありません。

Point2:喘ぎ声


こちらもネットの声を拾ってみると、SEXの時に喘ぎ声が出る女性は約50%だそうで、中にはどうしても喘ぎ声が出ないという女性もわずかながらいました。

ただ、自然と喘ぎ声が出る女性の場合は、いつもと違う喘ぎ声を自分で意識的に出してみると良いかもしれません。

普段大きな喘ぎ声をだしがちな女性は口を抑えてでも喘ぎ声を出さないようにしてみるとか、普段小さな喘ぎ声しか出していない女性は、わざと大きな喘ぎ声を出してみるといった感じです。

もちろん、これに関しては「演技になるじゃないか」との指摘があるでしょう・・・その通りです。

今回は女性がオーガズムに達しやすい状況を作ることが目的のため、喘ぎ声の演技で男性をその気にし、女性自身も気持ちを高めるという意味では、喘ぎ声のコントロールはとても有効だといえます。

Point3:素直にリクエスト


SEXが上手すぎる女性に男性が引いてしまうというのは事実です。しかし、恥ずかしいからといってされるがままというものにも男性は興奮しません。

その中間がベストなのですが、なかなか難しいですね。そこでオススメするのが「素直にリクエスト」するというものです。

こうすることで、SEXに対してある程度の積極性を確保できるとともに、あくまでリクエストなので主導権は男性に与えることができるのです。

うまくいけば思い通りのSEXをしてもらえるかもしれないし、少なくともリクエストをしたという事実が、女性自身を興奮させることにもつながるのです。

テクニック < 気持ち

いかがでしたか?
女性が素敵なオーガズムに達するためには男性の協力が不可欠です。ただ、その事実を男性に告げるだけでは、男性の貧相なテクニックに頼るだけになってしまいます。

これだと女性が思い描くような素敵なオーガズムは永遠に訪れないと覚悟しましょう。

何よりも大切なことは女性の中でSEXに対する期待が高まっていることです。

この気持ちの高まりがそのままSEXの興奮や快感にもつながっていることを意識しておきましょう。

続いてはいつものSEXがより楽しめる秘訣をご紹介


いつもの彼氏と、いつものプレイで、いつもより3倍感じるSEXをする方法をお教えします。

勝負下着

みなさんは勝負下着を持っていますか?

特にセクシーな下着である必要はありません。

写真集やH動画を見る男性は、セクシーなものに興奮しますが、実際に自分の彼女が身に付けるとなると、そこまでのものは求めていないようです。

ただ「いつもと違う」「こんな下着持ってたの?」と思わせる程度のレア度は必要です。

勝負下着を着けると男性が興奮することはもちろんのこと、女性自身も興奮しますよね。

特に色の持つ効果は高いと言われています。

男性は赤系の色に、女性は紫系の色に興奮すると言われています。

体位のおねだり

SEX中に体位を変えることってありますよね。

その多くは男性が勝手に体位を変えているのではありませんか?

SEXでは基本的に男性が”動”で、女性が”受”の姿勢であることが多いので、これは当然の結果だと言えます。

しかし、SEXの途中から積極的になる女性に男性はかなり興奮すると言われています。

微妙な問題ですが、最初から積極的だと”好きもの”の可能性がありますが、途中から積極的だと”俺とのSEXで興奮した”と感じるのだそうです。

そう勘違いさせれば、男性は女性のお願いを聞きまくるようになるはずです。

だって、 男性は単純な生き物ですから。

集中力をアップさせる

あまり感じられないのは、しっかりSEXに集中していないからかもしれません。

テレビや音楽は消して、身体の一部や肌やシーツの質感にも意識を向け、感覚を研ぎ澄ませてみましょう。

普段から香りを嗅ぐ、瞑想をするなど感度を高める訓練をするのも効果的です。

内転筋を鍛える

内ももにある内転筋が衰えている方は損をしているかも!太ももをぎゅっと閉じる力があれば、より感じやすくなりますよ。

内転筋を鍛えるためには、普段から座ったときに足を閉じるくせをつけるのが近道です。トレーニングをするなら、内ももにボールや本などを挟みキープしてみて。

血行を良くする

血行不良で下半身が冷えていると、大事なところの感度が下がってしまいます。柔軟性もなくなるので、体勢が辛いと感じ集中できない原因にも。

SEX前にはお風呂に入る、お酒を少しだけ飲むなど血行が良くなることをすると良いですよ。

SEX前にお風呂に入ることは、体を清潔にするだけでありません。

最も重要なことは体を芯から温めることにあります。

例えば、男性の性器が固くなる仕組みは性器に豊富な血流が確保できた場合です。

女性の体が柔らかくモチ肌のようになるのは体温上昇をしているからです。

特に女性の体温が上昇すると、子宮や膣の温度も上昇するので、愛液の分泌量が増え、大きな快感へと結びつくのです。

恥を捨ててみる

恥じらいがあるせいでブレーキをかけていませんか?

もっと感じるためには、その恥を捨ててみることが大切です。要望を素直に伝えれば彼もきっと応じてくれるはず。一歩扉を開いてみて。
いかがでしたか?

SEXで感じるためには多少の工夫は必要です。

しかし、人間改革のような大掛かりなことは必要ありません。

同時に、ここには大きな愛情がなければ何もうまくいかないでしょう。

いつも以上の素敵なSEXをしたければ、ぜひお試しください。