3つのポイントで、全然気持ち良くないセックスが激変!

セックスで痛みを感じるのは、誰にでもあることです。経験が少ない人はもちろん、昔は経験豊富だった人でも、しばらくセックスをしていなければ、痛みを感じることがあります。

その痛み、「男性に喜んでもらいたいから…」と、我慢していませんか?この記事では、痛いだけのセックス解消する、3つのポイントをご紹介します!

リラックスさせてもらおう


性的な快感を得るには、リラックスが何よりも重要です。雰囲気だけでなく、身体がリラックスしている必要があり、それにはたくさん愛情を感じることが大切です。

あなたが幸せを感じられるスキンシップをたくさんしてもらいましょう。

性感帯を触るだけでなく、ハグやキスだって立派な前戯です。

ゆっくりほぐしながら


膣に指を入れるのも、男性器を入れるのも、いずれもゆっくりゆっくり時間をかけてください。

経験が少ない、もしくは久しぶりの挿入であれば、痛みを伴うのは当たり前なので、焦ったり恥ずかしがることはありません。

少しずつ挿入していき、痛いと感じたらすぐに止めて、痛くない場所まで戻します。その繰り返しで、少しずつ身体をほぐしていけば大丈夫です。

調子が悪かったらしない


「今日は体調が悪いな…」「今日はイマイチ濡れないな…」といったときには、無理にセックスをする必要はありません。

「彼氏に求められたし、喜んでほしいから…」と無理をしてしまうことで、セックス=つらいものだというイメージを持ってしまい、ますますセックスで快感を得ることから遠ざかってしまいます。しっかり断ることも重要です。

ただ、男性はセックスを断られると落ち込んでしまいがちなので、手や口でしてあげたり、セックスができない理由をちゃんと説明して理解してもらうのが大切です。

コミュニケーションが大切


やりたいくないのに、男性からの誘いを断ることができなかったり、「気持ち良さそうにしているし…痛いけど我慢しよう」とつらいセックスを強いられている女性は多いでしょう。

しかし、気分が乗らないときや、痛みを感じるときには、無理に我慢せず、男性にしっかり伝えてみましょう。
コミュニケーションをしっかりとって、お互い心地よくなれる関係になりましょう。