節約女子のどケチすぎる5つの習慣!やり過ぎが原因で彼と破局も!?

節約はほどほどにしておかないと、知らず知らずのうちに彼にも節約を強要し迷惑をかけているパターンもあります。

それでは、いったいどんな節約がやり過ぎといえるのでしょうか。

じっさいに 男性が引いてしまう5つの節約習慣をご紹介します。

節約女子のどケチすぎる習慣①「二枚重ねになっているティッシュを2枚に分けて使う」

shutterstock_641745379



じっさいに節約女子に多いのが の節約。あらゆる紙という紙を節約するという方法ですが、ティッシュ一枚を使うのも惜しいと、2枚重ねになっているティッシュを無理やり剥がし少しずつ使うという節約方法です。

これが癖になっていると、 うっかり男性の前でもやってしまうことも…この行動が日常だというあなたは、少々節約度がやりすぎている可能性があります。



節約女子のどケチすぎる習慣②「トイレは3回に1回しか流さない」

shutterstock_506313262



このトイレでの節約方法は節水の効果がとても高いのですが、もしも来客が来た時に、流し忘れていた…なんてことになりヒヤッとする経験にもなりかねません。

とくに気になる意中の男性に万が一見つかってしまって、 不快に感じられたり、印象が悪くなったりと、ごまかしがきかないなんてことになる可能性もありますので注意が必要です。



節約女子のどケチすぎる習慣③「光熱費を抑えるために室内が寒い・暑い」

shutterstock_399960664



この光熱費の節約方法は、相手にも 迷惑がかかっている場合もあります。体感温度は人それぞれですが、たくさんの服を着こまなければいけないほど部屋が寒かったり、真夏の猛暑日もサウナのような部屋になっていたりすれば、せっかくの彼とのお家デートだったり親しい友人が遊びに来たとしても、長居するのは不可能でしょう。

また、あなたのやりすぎなまでの節約に相手は気が引けるのもあたりまえかもしれません。


節約女子のどケチすぎる習慣④「デート代は彼に出してもらう」

large
出典:weheartit

とても気前のいい彼の場合は、男がデート代を払うことはあたりまえだと思っているかもしれません。

しかし、世の半数以上の男性は、以外にも割り勘を求めていたり、一部でも女性がお金を出すことは問題ないと考えています。

もちろん、おごってもらえるのであれば節約にはなりますが、相手の本当の気持ちを一度は聞いてみるべきです。


節約女子のどケチすぎる習慣⑤「節水のために洗濯をしない」

large
出典:weheartit

節約女子の中には、洗濯機を回すことをケチり、何日も同じ服を着まわしたり…なんてことも。

洗濯をする目安は、目に見える汚れだけではなく、服が しわになっていたり、汗の においなどにも気を使わなければいけません。とくに、下着類などは必ず毎日洗濯することが エチケットでもあります。



まとめ

もしも、この中にひとつでもあてはまる行動があったとしても、他人に迷惑をかけないように節約をすれば問題はありません。

女性としての最低限のマナーを守りながら楽しく節約することが、男性にはしかっり者で、イイ女だと認められるのです。節約もほどほどにすることをお忘れなく♡

関連記事

週間ランキング

  1. 1

    「可愛い春服だけ集めた!」おしゃれさんが今着てるモノって?

  2. 2

    「春のどんなコーデにも合わせやすい!」2022年欲しい、白スニーカーを特集!

  3. 3

    「30代でも着こなせる!」大人女子が選ぶべきビックカラーシャツはこれ!

  4. 4

    【キャンメイク】CICA、涙袋コスメetc…可愛くなれる神がかり新作をチェック!

  5. 5

    「付録のバッグが可愛い~!」今、買って損なしムック本BEST5

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「今年サラっと着たいシャツワンピ♡」2022年おしゃれさんのコーデは?

  2. 「2022年春の気分はスウェット!」こなれ感アップ、さらっと着たいもの♡

  3. 気温差のある春に大活躍!「ニットベスト」の着回しコーデ術♡

  1. 「前髪・アホ毛・おくれ毛・うねり髪に!」1本あると超便利なスーパーホールドヘアスティック

  2. おすすめのチークブラシ13選|プチプラからプロ仕様のブランドまでご紹介

  3. 【成城石井】低糖質&高たんぱく!やまだ式ロカボ Bentoがオンライン限定で買えるよ!