「デートに誘われた!」男がセフレとデートする理由が最悪だった。

気になる彼とはセフレの関係。体の関係でしかないのはわかっているけれど、たまにはデートもするからもしかして彼女に昇格できるパターンもある!?

と、セフレなのにデートをすることがあると恋人への昇格を期待しちゃう女性は多いのではないでしょうか。

でも先に結果を言うとセックスだけでなく、お出かけデートをすることがあったとしても、セフレから恋人への昇格はあまり望めません。

じゃあどうして彼はデートに誘ってくるのか。が疑問となると思うので、今回は男がセフレとデートをする理由を紹介します。

特定の恋人がいなければデートもする派が多数



特定の恋人がいないのに彼女にしてくれず、セフレ止まりの場合は気晴らしにデートをするという男性は多いです。

本命がいればデートをするのはリスクしかないし、お金がかかるのが痛い。

でも特定の恋人がいない場合は、気分次第で全然デートはアリなんですよ。それだけの理由なんですよね。

この気分次第というのが、セフレに恋する女性からすれば迷惑な思わせぶりなんですが…。

「最近デートもするしそろそろ発展ありか!?」と妄想を膨らませているあなた。残念ですが、ただの気分です。

危機感を感じたときもデートする



セフレって男からしたらかなり都合の良い存在なんですよね。

でも女性はセックスが好きでない限りは都合よく使われているだけと感じるでしょう。となるとこの後に起きる問題は、女がセフレを止めようとする。ですね。

でも男からするとセフレを止められるのは困る。そこで起きるのが機嫌取りデートです。

女性は体の関係だけでは不満になるので、仕方なく男性はたまにデートに誘うんですよ。

また、楽しいセックスをするためにも作業にならないようにデートを挟むパターンもあります。

もしセフレの関係をやめようとしたことがあるなら、単なる機嫌取りだということを理解しておくと心が乱されないで済みますよ。

食事だけすることはよくある



セフレとセックス以外で一緒にすること第一位は食事です。

セックスする前にお腹が空いていればご飯を食べますし、たまにはお酒を飲んでからヤリたいこともあります。

なのでセフレなのにご飯はよく一緒に食べるから恋人になれるかも!?と想像するのは間違っていますね。

食事からのホテルはデートに換算しないほうがいいです。要はセックスするまでの一部の演出ですよ。

あとは、セックスだけするのは申し訳ないと思っているときも食事に誘うことがあります。

さすがに毎回セックスだけして解散するのは気が引けるので腹満たしついでですね。

告白してみればわかります



デートに誘われていても恋人への昇格がないということに納得がいかないなら、告白して本人に回答を貰えばいいと思います。

「セフレはセフレだよ」なんて失礼なことをいう男はいないと思うので、さらっと流されるだけだと思いますが。

厳しい話ですが、付き合う前にセフレ化してしまうと恋人になれる可能性は非常に低いですよ。

なぜなら男からすれば、付き合わなくてもセックスできるなら付き合う理由がないからです。

女性はセックスを脳でも感じられるのでセックスをすると興味がなかったのに好きになってしまったというパターンがありますが、男はセックス=好きには繋がりません。

セックスに対する男女の違いはこれだけ大きいのでここは理解が必須ですね。

一度だけ相性を確かめるためにセックスをするのは、話は別ですが数回に渡る行為があるなら基本的には未来はないでしょう。


セフレと一言でいっても良い関係でなければ気持ちよくセックスすることもできないのでたまにはデートもします。

風俗に行くことを考えれば、たまのデートは安いもの。関係を維持できるのが一番ですからね。

キツイことを言いますが恋人へ昇格するパターンは本当に稀なのでくれぐれもセフレには期待はしないように。