「超絶ヤバい新境地」5日間愛し合う、ポリネシアンセックスとは

ハワイ・サモア・ニュージーランドなどの島々を含むポリネシアでは、5日間かけて行う伝承的性行為があります。

刺激的な快感を得るためではなく、精神のつながりを大事にするといった、儀式的な特色が話題に。

今回はそんなポリネシアンセックスの、やり方メリットデメリットを紹介します。

ポリネシアンセックスのやり方

5日間のセックスって意味が分からない?そんな疑問を解消するため、まずはポリネシアンセックスの基本方法をご紹介。

4日間は陰部ふれない


5日間の長時間セックスをしていきますが、最初の4日間は挿入はもちろん陰部を触れ合うのも禁止

裸になって抱きしめ合ったり、キスをしたりして4日間過ごします。

この期間は、相手をしっかり見つめて、愛おしい気持ちを増大させましょう。

5日目は挿入して30分間ホールド


4日間、入れるのを我慢した二人にとって、ついに喜びの瞬間が。

しかし5日目にもルールがあり、挿入前は1時間以上愛撫をする・挿入後30分間は腰を動かさない必要があります。

30分間密着状態をキープできた後は、今までにない幸福感が二人を包み込むでしょう。

その他の細かいルール

お互いの愛情をより深く感じるためには。
  • 愛撫の前は食事をとりすぎない
  • スマホの通知はオフ
  • 挿入時は二人の骨盤が密着する体位
  • 射精後はすぐに体を離れない
以上のルールを守ります。

二人のつながりを妨げないように、互いの存在を意識し続けるのが重要です。

ポリネシアンセックスのデメリット


ここまでに紹介したやり方を知って、すでにデメリットに気づいている方もいるでしょう。

ポリネシアンセックスは、5日間毎日愛撫できる時間の余裕と、4日間挿入を我慢する忍耐力が必要です。

特に難しいのは忍耐

5日目まで挿入を耐えたとしても、入れてからの30分間が我慢できず射精するケースもあり、1回目は失敗に終わることも。

ポリネシアンセックスのメリット


セックスの常識が変わります。

5日間じっくり時間を使ったセックスは、続けて何回もイッてしまうほどインパクトが大きく、大事な人とするセックスの喜びやありがたみを再確認できます。

また誰でも簡単にできる方法ではないので、やり遂げたときの達成感は大きく、二人の心の距離もより近づくでしょう。


ポリネシアンセックスは、理性を保った状態をキープして、お互いの尊さを確認し合います。

感情に任せたセックスとは違って、神秘的儀式を行ったような人間の美しさを感じられるでしょう。