胸が小さくても、彼を満足させる対処法教えます。

おっぱいが大きい方が男性からモテるというのは何となく聞いた事があるのではないでしょうか?

大きい場合は何の問題も無いですが、小さいとなるとダメなのかなぁ?と不安に感じてしまう方もいるはずです。

セックスの際に不利になってしまうかどうか、また、そうだとすれば、それをどうやってカバーしていくか、その方法を説明していきます。

女性らしさの象徴が大きなおっぱい

女性らしさの象徴が大きなおっぱい
出典:shutterstock

セックスの際におっぱいの大きさというのはかなり重要な要素になります。

女性から見た女性の胸は単なる膨らみに過ぎない訳ですが、男性から見た場合はそうではないという事をよく理解しておかないといけません。

一言で言ってしまえば、おっぱいは「女性らしさの象徴」になるでしょう。

見るだけで幸せな気持ちになりますし、触った時の感触も男性からすると楽しみの1つになります。

また、セックスの際には、いわゆる「パイズリ」というプレイが行われる事があります。

これは男性のペニスをバストで挟み込んでマッサージする様に刺激するというものです。おっぱいに挟んだ状態で上下に動かしてみたり、揉んでみたりといった具合です。

自分自身が考えている以上に、男性にとって特別な存在がおっぱいだと認識しておかなくてはいけません。

小さいおっぱいの場合にどうすべきか?

小さいおっぱいの場合にどうすべきか?
出典:shutterstock

問題になってくるのは、自身のおっぱいが小さい場合になります。

いわゆる巨乳の女性の割合は少ないですから、皆さんが少数派になってしまうという事は考えられません。

多くの人達は小さい訳ですから、それを前提に対処法を考えていく必要があります。

肝心のその方法ですが、それ程難しくはありません。やり方は、自分自身の「身体全体を使って、男性の身体を包む様にする」というものです。

皆さんも男性に抱き締められると安心感を感じるでしょうけど、それと同じように「男性も包まれるのが大好き」です。

ベストの方法はおっぱいで包むというものですが、それが十分にできない場合は身体全体を使ってください。

手や腕、胸やお腹、太腿や足を男性に絡ませる様にしてください。そうする事によって、おっぱいに負けないだけの女性らしさを男性に感じさせる事ができます。

いかがでしたか?

結論から言えば、おっぱいが小さいからダメなんて事はありません。ですが、その対処法が分かっていなければ損をしてしまう事になります。

身体を彼に密着させる様にしてください。包むという事を意識して、それを実践する様にしましょう。