無意識言葉が危険…男性がマジで萎える3つのNGワード

無意識のうちに発してしまうNGワード。顔色ひとつ変えない男性でも実は心の中では傷ついているかもしれません。

わざわざ言わないだけで男性もたくさん心は傷ついています。言葉は人を喜ばせることもできますが、深く傷つけることもあるということを知りましょう。

では無意識で言ってしまいがちな女性に言われて萎えるNGワードを3つご紹介します。

男性が萎えるNGワード3選

「頼りにならないよね」と自信を無くさせる

shutterstock_511888939

これはもはや無意識ではないだろ!と言いたくなるような萎えワードです。本当にそう思わせてしまったのであれば仕方がないのですが、それでもなるべく直接言わないようにするべき言葉ですね。

男性は頼りにされることが大すきな生き物なので「頼りにならない」という言葉はとてつもないダメージがあります。

人としても男としても自信をなくしてしまう一言なので意識的に止められるのであれば口に出さないようにしてください。

「前の彼氏は〇〇だった!」と元カレと比較する

shutterstock_777591700

相手に不満がでるのは、なにか比べる対象があるからですよね。比べられて評価されているだけでもいやな気持ちになるのに、おまけに元彼がどんな人だったのかまでを知ってしまうのは大ダメージです。

それに傷もつきますが同時に腹立たしい気持ちにもなりますね。恋愛で元恋人の話を持ち出すのは基本的にNGですよ!

なんでもよくない「なんでもいい」

shutterstock_727198444

これが一番多くの女性が無意識で言っちゃっている言葉なのではないでしょうか。

なにを聞いても「なんでもいいよ」という女性は非常に多いです。本当になんでもいいのであればいいのですが、何か提案すると「え~」と気に入らないような反応。

「なんでもいい」という言葉には男性も参っています。適当に相手にされていると感じますし、提案しているのに却下されると本当に萎えます。

たまには自ら意見を言いましょう。傷つき度は高くないですが、かなり萎えてしまうので要注意です!

いかがでしたか?過去に発したことのあるワードがあったのであれば今後はできるだけ注意して、言葉にしないように気を付けてくださいね!