1回目のデートで拒否反応!男を引かせた女性の行動とは?

あなたは初デートで意識していることってありますか?

1回目デートとなれば男女ともに、ある程度緊張した状況で挑んでいることでしょう。

しかし、ごくまれに1回デートをしただけで「もうこれ次はないな」と感じてしまうような女性っているんですよね。

女性からすると特に悪気もなくした行動でも、男性からすると萎えてしまう行動はいくつかあります。

なので今回は、1回目のデートでもう次はないと感じてしまった女性の行動についてご紹介します。

遅刻で到着

遅刻で到着

まず出鼻をくじかれてしまうのが遅刻です。

5分〜10分程度であればわりと悪気もない感じで遅れてきちゃう女性っていますよね。

男側としても文句をいうほどの遅刻でもないので深くは気にしませんが、謝罪する気持ちが見えなかったらかなりのマイナスポイントとなります。

財布を出さなかった

財布を出さなかった

男は奢る前提でデートをしているわけですが、一円も出す気が見えないデートだったら、もう次の2回目のデートはイメージできません。

やっぱり男も格好つけたいわけですから「出さなくていいよ」という会話は一応したいわけです。

それに1回目から財布を出さない女性と付き合ってしまったら男性からすれば地獄ですよね。

お金は人と人との関係をもつれさせるので、カップルになるまではある程度の配慮はしたいところ。

スマホを触っている時間が長かった

スマホ

待ち時間に頻繁にスマホをさわっている女性は、次のデートは誘わないでおこうと思う代表です。

理由としては「デートが退屈なのかな?」と感じると反面、「失礼だな」と感じるからですね。

スマホは人生のお供としてあるくらい身近なものですから、無意識に触ってしまうものなのだと思います。

でも、デートの間は緊急でない限りはあまり長時間スマホに目を向けるのは避けるべきですね。

1回目のデートで見切りをつけられてしまうのって正直人間性に問題がありますよね。

常に、同じ対応を相手にされた場合どう感じるのかを考えながら1日を過ごせば、萎えられることは避けられます。

ぜひ1回目で失敗しないデートをしていただければと思います。