脈あり?脈なし?一度振られてもチャンスがあるってどんな時?

好きな人に告白し振られてしまうのは悲しいことです。失恋のダメージでひどく落ち込み、生活に支障が出るなんてこともありますよね。

しかし、それだけ落ち込むということは、それだけ好きな気持ちが大きかったということに他なりません。

それほどの大きな気持ちは簡単に諦めてはいけません。何故なら、一度振られたとしても諦めないでまた告白したらOKをもらえた、というケースは多いのです。

この記事では、1回振られたけど実はまだ脈ありなパターンをご紹介します。

また、諦めたほうがいいパターンもあわせてご紹介します。

脈ありパターン1.タイプの女性じゃない、と言われた場合

shutterstock_619992797

もし彼のタイプの女性じゃなくてもまだまだチャンスはあります。諦める必要はありません。
タイプ=どんな女性が好きか、というのは意外と簡単に変わってしまうものです。

ブレイクしている女優の顔の特徴や、困り顔やおフェロメイク、あひる口といった流行などの影響を受けて簡単に左右されます。

タイプかどうかは時間が経てば変わるものなので、焦らず時間を置きましょう。

脈ありパターン2.自分のことで手一杯の場合

shutterstock_557612260

仕事が忙しい、趣味に熱中している、といったタイミングで告白しても上手くいかないことが多いです。

男性は仕事も趣味も、熱中するとそれに傾注しすぎてそれ以外のことに意識を向けられない傾向があります。

その熱い気持ちの邪魔をしないようにしましょう。

諦めた方がいいのはこんな時

shutterstock_381189358

告白したときに、友達のままでいたいと言われた時には手を引いたほうが良いでしょう。

何故なら、友達のままでいたい=あなたが恋愛対象外であるということを表しています。

友達以上の関係を望んでいない、友達というボーダーラインを越えて欲しくないと一線引いている状態なので、そこから挽回するのはかなり厳しいでしょう。

基本的に何回も告白されるのは嬉しい!

shutterstock_752728837

基本的に告白されて嬉しくない男性はいません。一度だけでなく何回告白されても嬉しいと感じます。

2回目に告白した時に、「1回振ったのにまだ好きでいてくれたんだな」とあなたの一途さに感動しOKしてくれる、なんてこともあります。

1回目の告白で振られたときどうしても諦められそうになければ、振られた理由をきいておくと良いでしょう。

それを改善して2回目に告白すればOKをもらえる可能性が高まります。