「まじで無理です。」イタイ女の特徴がヤバかった!

こういう女は無理だ。。。男が「イタイ女」だと感じる特徴をチェック!

ぜっかくの出会いの場でも、こんな面を見せていたらモテないかも!?

過去の栄光引きずり女

過去の栄光引きずり女
出典:shutterstock


これははっきり申して中途半端に可愛い女性に多い勘違いですね。

学生時代とか20歳あたりは若いという理由だけである程度モテるじゃないですか。そんな古い時代の記憶を今も覚えていて「私も一応モテたんだよ!」と過去の話をされたらイタイ女だなと感じます。

この過去の栄光引きずり女は、最終形態まで行けば中学生時代にモテたことを覚えていて今でも自分はイケると思っている人もいるくらいだから困ったものです。

昔のモテた話をするってことは今はモテていないと言っているようなもの。それなら言わないほうがマシじゃないですか?

あまり聞かない名前の酒を頼んで酔っ払う女

あまり聞かない名前の酒を頼んで酔っ払う女
出典:shutterstock


オシャレを意識しすぎてカタカナの長い名前がついたカクテルを頼みがちな女も勘違い女代表格。

本当にお酒が好きならいいんですよ。でもカッコつけて頼んでおいて一番最初に酔っ払う姿なんかを見たら「何だこいつ?」って思います。

バーの雰囲気とオシャレなお酒の写真を取り出したときにはもうそっち系か…と呆れますよ。インスタ映えのために無理をするのはやめましょう。イタイです。

人がいつも自分を見ていると主張する女

人がいつも自分を見ていると主張する女
出典:shutterstock


電車の中や居酒屋でのご飯中など、人がたくさんいる場所で「あの人めっちゃ見てくるんだけど!」と人からいつも注目されている感を出してくる女。

それはあなたに興味があって見ているわけではなく、あなたが相手を見ているから相手もあなたを見ているんですよ。

目が合うというのはお互いが見つめ合ってはじめて成立するものですよ。見られているなんて人聞き悪い。あなたが見ているんです。

このパターンの勘違い女は大抵の場合が自意識過剰でしょう。気をつけましょうね。

待ち時間があるととナンパされると言う女

待ち時間があるととナンパされると言う女
出典:shutterstock


少し待ち合わせに遅れただけで「待ってる間のナンパがうざすぎて…wいつもナンパされるから待つの嫌なんだよね」とわざわざ言っちゃう女も「なんのアピール?」と心の中で突っ込まれていますよ。

待たされたことに対しての嫌味+ナンパされるアピールのダブルパンチとか、なにを言ってほしいんでしょうか。

メイクが濃すぎる女

メイクが濃すぎる女
出典:shutterstock


濃いアイメイクなど常にばっちりメイクの女性を見ると「クラブ通いしてそう」と思う男性は意外と多いようです。

自分もクラブが好きという男性を除いては、やはり夜遊びする女性はあまりイメージも良くなく真っ先に”ビッチ”のレッテルを貼られてしまうみたい。

露出が多いファッションをする女

露出が多いファッションをする女
出典:shutterstock


露出が多いファッションは自分に自信がないとなかなかできません。

男性から見ても「自分から男を誘いそう」と積極的な女性をイメージさせるようです。

自信があるパーツは見せ付けるのではなく、さり気なくアピールしたほうが男性からも高評価を得られそうです。

ノリノリで下ネタについてくる女

ノリノリで下ネタについてくる女
出典:shutterstock


女性同士で下ネタを話すのは珍しいことではないでしょう。

中には男性に聞かせられないようなえげつない内容を話すことだってあるはず。

けれど、そういった話を恥ずかし気もなくする女性を”チャラい”と感じる男性がいることも事実です。

男性がいる場での下ネタは控えめにしておきましょう。

ブランド物が大好きな女

ブランド物が大好きな女
出典:shutterstock


毎回違うブランドのバッグやアクセサリーを持っていると「貢いでくれる男性がいるのでは?」と見られてしまうことも。

男性にとってはブランド好きの女性=お金がある男性が好きという方程式が常識なので、ブランド好きはあまり公言しない方が良いでしょう。

自分の話ばかりをしてくる女

自分の話ばかりをしてくる女
出典:shutterstock


話を聞いてもらいたくて、やたらと自分の話ばかりをしている女性はいませんか? あなたに興味のある男性でさえも、終始あなたのことばかり聞いていたのでは、ゲンナリしてしまいます。

自分が話したい気持ちは置いておいて、まずは男性に質問するところからはじめた方がいいかもしれませんね。