【男性心理】確実に落ちる、LINE頻度と黄金タイミング教えます

好きな人とLINEを楽しみたいけれど友達のようにガツガツ連絡をしてしまったら嫌われてしまうんじゃないか・・・?っていう不安ありませんか?

確かに男性は、女性に多い四六時中友達と連絡を取り合っているなんてことはそうそうありません。

では、男性とLINEをするときはどれくらいの頻度タイミングでレスポンスをすればいいのでしょうか?

男性心理を回答していきたいと思います。

レスポンスタイミングに正解はない


正直なところレスポンスタイミングって正解がありません。

身も蓋もないようなこといいますが、結局は相手に合わせるしかないんですよね。

忙しい男性もいれば暇な男性もいるので、LINEの返信が返ってくるまでの時間を見て、少し早めに返すというのがおすすめです。

また、ある程度交流があれば、何時に手が空いているかわかると思うので、時間ごとに調節するのがいいでしょう。

夕方まで仕事で忙しいのにすぐに返信があると「返さないと」と気を使わせてしまうかもしれません。

そう思わせてしまうくらいなら、仕事が終わる直前(定時なら17:30くらいとか)に返信をすればいいのです。

連投は2回まで


連絡が遅いときや、伝え忘れたとこがあるときって相手の返信を待たずに追撃することありますよね。

これは、あまりに連投されるとウザいだけなので、前に送った返事から時間が経過している場合はもう1通送るだけに収めておきましょう。

とはいえ、毎度相手の返信が遅いからと追撃していては確実に嫌われます。

本当に伝えたいことがあったり、究極に寂しくてかまってほしいときだけ送るようにしてください。

基本的には恋人になるまでは、重く思われてしまう行動はNGです。

寝る前は返信しないようにする


布団に入る時間になるとLINEのレスポンスも早くなり「もっとたくさん話したい」と思うかもしれません。

でも、相手も次の日の予定があるし、寝ブッチされないためにもある程度の時間がきたら自ら区切りをつけましょう

「おやすみ、また明日」と挨拶をして翌日「おはよう」と言い合える仲ならなにも気にする必要はないですが、そこまでの関係に行き着いていないなら自分が先に連絡を止めることで翌日も「昨日寝ちゃった」と気軽に連絡できるので、区切りをつけるのは鉄則です。

男性からしても「おやすみ」と言って翌日「おはよう」と言われると粘着されている気分になるので寝ブッチされて連絡がくるほうが違和感を持ちません。

毎日の連絡が途絶えた場合は3日は空けよう


もし毎日のようにLINEをしていて急に既読無視をされたときには、最低3日は空けるのが理想です。

毎日のように連絡を取り合っていた相手だったら、1日〜2日であれば自分が既読無視していることは男性もわかっています。

それに既読無視しているということはなんらかの理由があるということなので、せめて3日は空けて新しいネタを持って再連絡するのが望ましいですね。

連絡をするときはいつも話していた内容での話題が無難です。「あのとき言ってた仕事の〇〇の話だけどさ…」というように話の流れを知っているから、報告するくらいの軽さで連絡するのが重くなくていいと思います。

頻度が少ない相手には1週間はあけたいところ


普段から常につながっている相手でなければ、既読無視された場合は1週間程度は空けるべきです。

LINEをザーッとスクロールして過去をさかのぼってみてください。

相手からのLINEの数と自分が送ったラインの数が比例していなければ、送りすぎだということです。

また話のボリュームを見て、自分は毎回6行くらい送っているのに、相手は1行だけなんてことが多いのも熱さが比例していないので危険ですね。

送る内容のボリュームとタイミングはバランスを見てください。1週間たってもいつも自分からLINEがはじまるという場合は一度相手から連絡がくるのを待つのもうざがられないためには必要です。

好きな人へのLINEでも、結局はひとりの人間として迷惑な行為はしないべきというのが一番わかりやすい回答になります。

あとは相手との連絡タイミングのバランスを見て合わせていくことです。

男性とのLINEの頻度に困ったら参考にしてみてくださいね。