嫉妬しすぎて辛い…!恋愛の悩みを軽くする処方箋

「彼と連絡がつかない、彼の周りの女の子が気になって嫉妬してしまう…」

女性が恋愛においてもっとも自分を見失ってしまう瞬間がこの2つですよね。

冷静さを失ってしまってついつい彼につめよって自爆…!ということも多々見受けられます。

そこで今回は、恋愛の悩みを軽くするための処方箋2つをご紹介。パニックになってしまった時こそ、落ち着いて思い出してみてください。

自分が未来にいると仮定する

large
出典:weheartit

例えば彼からメールが来ない…と悶々としてしまうときは、3日後の未来に自分がいると仮定してみましょう。

もちろん彼からのメールはすでに来ています。彼との関係にも特に問題はなく普段通りの日常です。そこから3日前を振り返ってみると、そんな悩みは本当に大したことがないと思えてきます。

そうやって過ごしていると心に余裕が生まれ、実際にちゃんとメールが来ます。


ケンカしてしまった時も

同じように、彼とケンカしてしまった時も、3日後のすでに仲直りしてしまった未来に自分がいると想像しましょう。

そこから振り返ってみると、3日前はただケンカしたという不快さだけではなく、彼がどこか別のところに行ってしまうのではないかという不安も持っていたことに気づくかもしれません。

さらに悩みが深い時は、1年後、あるいは3年後に自分がいると仮定してみましょう。そこから振り返ってみると、もっと負担は軽く感じられるはずです。


嫉妬を手放す

shutterstock_683169130

恋愛が終わってしまう理由の9割は嫉妬が原因だと言われています。

いま上手くいっていない理由に「嫉妬」が絡んでいないかどうか考えてみましょう。相手が嫉妬している場合は、嫉妬しないように心配りをすることで、自分が嫉妬してしまっているときは、嫉妬してしまっているということを素直に伝えることで大部分が解決します。

嫉妬の感情を見栄で隠してしまうと、相手を信頼しているかどうかなど別な問題にすり替わってしまいます。

問題をシンプルにして解決するためにも、嫉妬を認め、きちんと相手に伝えることで、嫉妬してしまうような行動をやめるようにしてもらいましょう。


large
出典:weheartit


いかがでしたか?恋愛をしていれば悩みはつきものです。自分が一番楽になれる方法を身に着けて、ワンランク上の余裕のある女になりましょう。