ずっとラブラブ夫婦♡結婚生活をもっと楽しむ3つの秘訣

結婚して一緒に暮らすようになれば、ときめきが薄れてくるのは当たり前。

なかでも、子どもがいる家庭はそれぞれがパパとママになり、結婚する前とは全くの別人になってしまったというケースも少なくないのではないでしょうか。

今回は、いつまでもラブラブでいるために、結婚生活をもっと楽しむ3つのテクニックをご紹介します。

マンネリが気になっているカップルも、ぜひ参考にしてみてください。

1.お互いを名前で呼び合う

マンネリ

男女の関係を維持したいと思うなら、相手のことは名前で呼び合うべきです。

子どもたちにとってはパパとママであっても、だからと言って、お互いをパパやママと呼び合うのは止めにしましょう。

結婚してからも、結婚する前と同じようにお互いを呼び合うことが大切です。

2.セックスレスを防ぐ

マンネリ

子どもができると、セックスする時間や場所が限られてしまい、セックスレスになりがちです。

しかし、スキンシップが減れば心の距離も離れてしまうもの。

いつまでもラブラブでいたいなら、努力してでもセックスは続けるべきです。

3.夫婦で2人だけになれる時間を作る

マンネリ

子どもがいる限り、親としての責任から逃れることはできません。

しかし、子どもとの距離を置くことで、親としての役割から解放され、本来の自分自身を取り戻すことができます。

夫婦の絆を深めたいなら、たまには2人だけの時間を作りましょう。

ラブラブでいたいなら努力も必要

例えどんなに愛している相手であったとしても、“慣れ”は誰しもに訪れます。

だからこそ、いつまでもラブラブでいたいなら、時には努力も必要です。

手遅れになる前に、試してみてください。