LINE必勝テクニック!男を惑わす3つの駆け引き方法

スマホ全盛期となった現代で社会では、気になる男性に手軽にアプローチできる方法の1つがLINEですよね。

電話やメールよりも気軽にチャレンジできる反面、既読スルーされたり未読になったままだとモヤモヤしちゃいますよね。

大人女子は好きな男性だからといって若い子同様のラインでの押せ押せアプローチは逆効果ですし、最悪の場合返事が戻ってきませんので注意が必要です

LINEで男を惑わす3つの駆け引き法


出典:weheartit

今日はそんな大人女子のためのLINEで男を惑わす駆引きテクニック3つを紹介していきます。

  • 長文は送らない


  • 返事はすぐに返さない


  • LINE上では「好き」は絶対禁止!


では次項より詳しく見ていきましょう。



長文は送らない

自分のことを知ってほしいという気持ちや失敗したくないという気持ちから丁寧に誤解のないようにと、ついつい一生懸命メッセージを作ってしまいますよね。

でもそれLINEを開いた瞬間にめちゃくちゃ「重い女オーラ」を発しています。 相手に文章を送る時には短く簡潔に送ることが相手も返事を返しやすいポイントになります。



返事はすぐに返さない

相手から返事が来るとついつい嬉しくてすぐに返事をしてしまいがちですよね。

でも「いつも俺に合わせてくれる都合のいい女」になりかねません。 ビジネスシーンなどではすぐに返事を返すのがいいとされていますが、恋愛においては全く逆です。

返事が返ってこなければ相手の男性は「どうしたんだろう」と返事が返ってくるまであなたのことをついつい考えてしまうでしょう。



LINE上では「好き」は絶対禁止!

告白してもいいタイミングかな?と思ってもLINE上での「好き」は絶対禁止です。

これは相手に対しての「好き」以外にも言えますが、「好き」を連発するアラサー女子は安っぽい女にみられます。 どうしても「好き」を言いそうになった場合には「嫌いじゃないかも」「悪くないよね」などと、上から目線で大人の余裕を見せつけましょう。



とにかく焦らして主導権を握ろう


出典:weheartit

LINEの恋の駆け引き全般に言えることですが、相手に好意がバレるとその瞬間に主導権を握られます。

大人女子のお作法として相手にも自分のことを考えさせるための焦らしポイント を作ってあげることが肝心です。

LINE上での恋の駆け引きをマスターしてあなたもモテ女を目指してみてください。