ランチェスターの法則でヒモ解く、ファッションとモテの関係

突然ですが、男性は「美しい服を着ている女性が好き」なのではありません。
「その女性の美しさを引き立たせるファッションと、そのような服を着た女性が好き」なんです。

ただし、いくら美しさを引き立たせるファッションといっても、ダメなものはあります。タトゥーがその代表です。

ここでは、そんなファッションとモテの関係をランチェスターの法則をもとに解説していきます。

どんなファッションでも似合う女性

large
出典:weheartit

どんな服でも着こなす女性っていますよね?
そういった女性は、ファッションの選択肢が多いので、それだけ男性へのアピールのしかたが幅広いといえます。

このような女性を、ランチェスターの法則では「強者」と定義しています。
そして「強者の戦略」をとることが、もっとも効果的だと言われています。

強者の戦略は、ミート戦略とも呼ばれ、乱暴な言いかたをすると「圧倒的な物量と戦力差でねじ伏せる」ことです。

つまり素敵な男性に、いろんなファッションを次々と見せることによって、ライバルたちよりも美しいと思わせるのです。

たいていの男性は、「どんな服を着ても美しいのだから、ものすごく美しい女性なのだろう」と思います。その結果、多くの男性からの好意を勝ち取ります。

いわゆるモテる女です。

ファッションにこだわりがある女性

large
出典:weheartit

一方、似合う服が少ない、あるいはファッションにこだわりがある女性もいます。
ランチェスターの法則は、そういった女性を「弱者」と定義しています。

弱者の戦略は、ずばり一点突破です。
つまり、もっとも似合うファッションだけに集中して、そういったファッションが好きな男性だけをターゲットとします。

男性は、「その女性の美しさを引き立たせるファッションと、そのような服に身をつつんだ女性が好き」ではありますが、だからといってファッションに興味がないわけではありません。

たとえば、ミニスカが好きな男性は多いのですが、実はそれと同じくらい、ミニスカをはいている女性が嫌いな男性もいます。

ただし、「別の服を着てくれればOK」くらいのかるい感覚です。
男性が彼女の服装に干渉するのは、そういった理由からです。

こういった男性の好みや流行を切り捨てる戦略が「弱者の戦略」です。

弱者の戦略によって、好意を寄せる男性は少なくなりますが、しかし局地的には勝利をおさめます。

幅広い層にアピールする強者(モテる女)に勝てるのです。

広く愛されるか、深く愛されるか

shutterstock_696230005

ランチェスターの「弱者の戦略」を、もっとも効果的に実践しているのは、実は、タトゥーや鼻ピアスをしている女性だったりします。

タトゥーや鼻ピアスは、おそらく男性がもっとも嫌うファッションです。
たとえどんなに美しくても、性格がよくても、育ちが良くて教養があって自分のことを深く愛してくれる女性であっても、その女性の背中いっぱいに毘沙門天のタトゥーがしてあれば、それだけでダメという男性は多いです。

というより、男性の99%以上がダメでしょう。
素敵な男性との出会いを期待するなら、タトゥーと鼻ピアスは止めたほうがいいです。

ただし、タトゥーや鼻ピアスが好きな男性は、ゼロではありません。

そういった男性は非常にレアですが、逆の見かたをしてみると、そういった男性とって、タトゥーや鼻ピアスをしている女性もまた非常にレアな存在です。

このせまい需要に集中することこそ、ランチェスターの法則「弱者の戦略」です。

お互いなかなかめぐり合えないだけに、一度結ばれるとその愛は深くなる傾向にあります。
ランチェスターの法則は、もともとは戦争のために生み出されたものですが、現在はビジネスの世界で活用されています。

ランチェスターの法則を意識して、いつもとは違う服の選びかたをしてみてはいかがですか?

もしかしたら運命的な出会いがあるかもしれません。