large(17)

全6種類❤実はとぉ~っても深い、キスの種類と意味!

愛情表現の1つキス。キスにもさまざまな種類があって、よく知られているキスとあまり知られていないキスがあります。

ここではフレンチキスやディープキスだけじゃないキスの種類キスの意味するところも紹介します。

よく知られているキス3種類

ディープキス

キスの種類

「ディープとは濃厚な」の意味があるように、深い愛情表現のキスですね。

実は、日本人がよく使う「フレンチキス」とは本当は「ディープキス」のことだったのです!

たまたまフランス人のキスをみた日本人がネーミングしてしまったとか。

ライトキス

「ライトとは軽い」の意味があるように、挨拶代わりのキスですね。

日本人の多くが「フレンチキス」と勘違いしているのが、実はライトキスだったのですね。

バードキス

「バードとは鳥」の意味があるように、鳥がくちばしでつつき合うような口をとがらせて、片方が受け身になるキスをいいます。

激しいエッチの前触れにすることもありますね。愛情表現の1つですね。

あまり知られていないキス3種類

スメルキス

キスの種類

「スメルとはにおう」の意味があるように、お互いにまるでにおっているように、お互いの鼻をこすりつけ合いながらするキスをいいます。

これもエッチの前触れにすることもありますね。ドラマでも見たことありますね。

ピクニックキス

「ピクニックとはあのピクニック」の意味がありますが、ピクニックしながらキスするという意味ではありません。

ディープキスほど濃厚ではない、お互いの舌と舌をツンツンしながらするキスをいいます。

舌どうしが楽しそうにピクニックをしているイメージから来たのでしょうか…いずれにしてもピクニックキスをしているカップルは愛情いっぱいの印象ですね。

プレッシャーキス

キスの種類

「プレッシャーとは押す」の意味があるように、閉じた唇に唇をギュッギュッと押しつけて相手の唇の柔らかさを確かめながらするキスをいいます。

『キスした♡』という場合のキスはプレッシャーキスが一番多いですね。

最近パートナーとマンネリしちゃってる…なんて人も、いつもラブラブ♡という人も、いろいろなキスを試してみるのも楽しそうですね。

マンネリ解消にも役立つかもしれませんよ。