そりゃそうだ!『結婚できない20代後半女性』の特徴3つ

20代の内にいい人に出会って、1年くらい付き合ってから結婚

そして三十路を迎える前に第一子を出産したい——。

そんな理想を叶えるために試行錯誤を重ねたりしますよね? 

しかし、それが逆に結婚を遠ざけているかもしれません。

そこで今回は、結婚できない20代後半女性にありがちな特徴をご紹介します。

①『焦りすぎている』

shutterstock_767624584

焦りは禁物です。

焦ってしまうと自分を見失ってしまい、いい恋愛ができなくなるだけでなく、男性にもその焦りは気付かれてしまいます。

そうなると、せっかくいい関係を築けていても、最悪、別れに直結してしまうことも。

男性には男性なりの“結婚のタイミング”があるものです。

それをある程度早めることはできたとしても、即決させるのは難しいもの。

“なるようになる”精神も時には必要ですので、くれぐれも焦りすぎずに……。



②『結婚を諦めている』

large
(出典: weheartit)

一生結婚せずに、一人で生きていくと決めている女性であれば問題ありませんが、そうでない場合、絶対に諦めてはいけません。

焦りすぎず、そして諦めない……一見、矛盾に思えるこの2つですが、実際は全然違います。

結婚を諦めてしまうと、出会いの場に顔を出すことも億劫になるでしょう。

少しでも結婚をしたい気持ちがあるのであれば、少なからず出会いの場に顔を出すことは必要です。

③『自立していない』

heya
出典:weheartit


ここでいう自立とは、ちゃんとした仕事をしている、というわけではなく、人間的に自立しているという意味です。

結婚を意識しているのであれば少なからず親元を離れて一人暮らしをするなどしてみてはいかがでしょうか?

男性は結婚相手に対して様々なイメージを持った上で結婚を決意します。

そんな時、実家暮らしの女性だとイメージすらできないのが現実で、なかなか結婚に至らないケースもしばしばです。今が行動に移すいい機会かもしれませんよ?




結婚をするには運やタイミングも重要ですが、自分の気持ちや行動の方が遥かに重要です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。