彼氏に依存しちゃう・・・はコレだった!

彼氏に依存をしてしまう自分を「このままでは良くないかも…」と思いながら、どうしても依存をしてしまうこともあるかもしれません。彼氏依存症というような言葉もあるくらいですから、珍しいことではないのです。


でもその理由を知れば、依存をすることが減る可能性は高いでしょう。その理由についてお伝えしていきますね。

愛されたい気持ちが強いから


shutterstock_274030400



もっと愛情が欲しいという思いが強いため、どうしても彼氏に依存をしてしまう女性もいるのです。彼氏が愛情表現があまりうまくない場合には、このようになることが多いでしょう。でも口下手で不器用な彼氏に対して愛情を求めても、辛くなるのは自分自身なのです。



彼氏の言いなりになってしまう


shutterstock_533093401

彼氏の言うことは絶対というように思う気持ちが強いと、彼氏に依存をする気持ちが強くなります。彼氏の言うことを聞いていれば間違いはないと、自分で思い込んでしまっているのです。

でも本当は自分はどうしたいのか、自分の心を大切にするようにした方が幸せになれる確率は高いでしょう。



決断力が無いから


shutterstock_56296516

元々決断力があまり無いような女性は、彼氏に依存をする傾向があります。

でも決断力は想像力にも関係しているのです。もしこうしたらどうなるだろう?そう考えるようにすることにより、決断力がつくこともありますので少しトレーニングをしてみるのも良いかもしれません。




彼氏に依存をする自分に満足をしてしまっていることもあるかもしれません。でももしも別れた時にはどうなるのでしょうか。

そう考えると自分らしさを大切にすることの方が重要なことなのです。そのことに気が付けば彼氏に依存をすることも減るでしょう。