「彼が虜になる…」”あえて動かない”がオススメって!?

男性にとって射精はセックスの最大の目的と言っても過言ではありません。

ですから、その瞬間にいかに気持ち良くなってもらうかに神経を集中させておくべきです。

そのために何をするべきかを理解しましょう。今までの常識にとらわれていてはいけません。

動きながらの射精は気持ち良さ半減


セックスをしている間、男性は絶えず快感がありますが、その中でもやはり射線は特別な存在です。

時間にすると僅か数秒しかありませんが、この瞬間に気持ち良さがピークに達します

この際の注意点として動きつつ射精をしてしまうのはよくありません。そうすると気持ち良さが大幅に減ってしまうからです。

全く気持ち良くないなんて事はないですが、半分程度にはなってしまいますから、せっかくのチャンスを台無しにしてしまっています。

もっとも、男性は射精の瞬間に動きを止めている事が多いです。問題なのは女性の側が動き続けてしまう事です。

なぜ男性が動きを止めるかですが、本能的にその方が気持ち良いからです。

射精の瞬間にできるだけ膣の奥の方で精液を出そうとしますから、奥にピッタリ密着したがります。

ですから、その瞬間は動きを止めるという事を意識しておいてください。

アソコのビクビク感に集中


男性が射精する瞬間をじっくり見た事があるという方はご存知かと思いますが、男性はその瞬間にアソコがビクビクと動きます。自分の意思とは無関係にアソコが動いてしまう訳です。

精液を皆さんの体内に送り込む瞬間の動きですから、これをじっくりと体感して頂きたいです。

そのために大切なのは「動かない」という事です。

それまでは動いていても構いませんが、射精しそうだと思った時には動きをストップしておいてください。

ビクビクと膣内で彼のモノが動いている様子がよく分かるでしょう。身体全体を激しく動かしているとこの感覚は決して分かりません。

膣内に彼のモノがある時だけではなくて、それ以外のフェラであるとか、手コキの際にも同じ事が言えますから意識しておきましょう。

ビクビク感が女の子に伝わっているかどうかは男性もよく分かっていますから、それによってお互いがより興奮する事になります。

いかがでしたか?

とにかく激しくピストン運動すれば男性が気持ち良くなるだろうというのは浅い考え方と言わざるを得ません。

あえて何もしない事によって、より男性を感じさせられます。

皆さんも早速試してみましょう。きっとその良さが分かります。