shutterstock_590708636

「体の相性」って具体的に何?どうやって判断するの?

体の相性という言葉があります。この言葉は少しあいまいです。

何が合えば相性が良いと言えるのか、逆に何が合わなければ相性が悪いのか、イマイチピンとこないですよね。

そんなあいまいな言葉である体の相性とは、具体的にどんな相性なのか具体的にご紹介します。

相性1.キスの心地

shutterstock_188012843

キスをした時の心地よさは体の相性のひとつです。

キスをした時、違和感や不快感を感じることなくキスに夢中になれるか、頭の中がとろけてしまうようなキスができるかどうかが判断基準です。

キスをしたときに感じる相手の唇の厚さ、舌の動かし方などで少しでも違和感を覚えたり「いやだな…」と不快な気持ちを感じた場合、相性はあまり良いとは言えません。

相性2.体付き

shutterstock_416369755

見た目だけもである程度体の相性を判断できます。

一見して自分が好きな体型かどうか、たったそれだけです。噛み砕いた言い方をすると、ぱっと見でそそるかそそらないか、です。

実際に性的な行為をしたわけではありませんが、体付きという視覚的な情報だけでも本能は相性を判断していると言われています。

相性3.プレイの嗜好

shutterstock_567962668

オーラルセックスはどんなことをするのか、どのくらいの時間をかけるのか、セックスの最中はどんな体勢を好むのか等、始まりから終わりまで様々な嗜好が表れます。

当然ふたりにとってちょうどいい時間、お互いが好きな体位であれば相性は良いと言えます。

「相手に合わせて、相手の好きな体位を自分を好きになればいいのでは?」と思う人もいるでしょう。

しかし性的な嗜好の多くは本能的なものであり、好みのプレイというものは残念ながらそう簡単に変わるものではないのです。

相性が良い=愛情がどんどん深まる

shutterstock_590708636

大切なパートナーとのセックスは非常に心地よい幸せな時間です。

相性が良ければその心地よさはさらに大きなものになり頻繁にセックスをするでしょう。

その結果愛情がどんどん深まっていきます。良い男女関係を維持するということにおいて体の相性の良し悪しは非常に重要なのです。