今彼は当てはまる?結婚相手に必要な3つの最低条件

そろそろ結婚かな?そんな雰囲気が出てきたときに考えることはもちろんこの人でいいのかな?という疑問ですよね。

拒否する理由もないけれど喜んで!とも思えない自分がいる。できることなら「この人がいい!」と思えるようになってからプロポーズに応えたいですよね。

そこで今回は幸せな家庭を築くために結婚相手に求めるべき最低条件を3つご紹介します。今彼に当てはまっているのか結婚をイメージしながら確認してみてください!

結婚前に考える未来のダンナさんへの最低条件

幸せになるよりツライことを一緒に乗り越えられる人


世の中でアナタのことを幸せにできる人は正直なところたくさんいます。でもツライことを一緒に乗り越えたいと思える人には限りがあるはずです。

なぜなら一緒に頑張ろうと思う気持ちと愛情が必要だから。

大前提としてすきでもない相手と共に協力してツライことを乗り越えようという気持ちすら起きませんよね。

そのため「この人とならツラいことも乗り越えられる!」と思えるのであれば愛情はたくさんありますし、今後やってくる大きな壁も二人で乗り越えられるので結婚するにふさわしい相手であるといえるでしょう。

家事を率先して手伝ってくれる人


共働きが一般的になっている現代において家事を自ら手伝おうとしない男性は少し問題アリです。

いつもいつも手伝ってくれなくとも、忙しい時や、体調が悪い時のようになんらかの問題がある時には「俺がやるよ」と言ってくれる人なら結婚するべき相手なのではないでしょうか?

くれぐれも「俺が家庭を養っている」といばる男性は選ばないように注意しましょう。

仕事のグチを言わない人


人は成人してから定年の年齢を迎えるまでの長い期間、多くの時間を仕事をしてすごします。それなのに、仕事に対して不平不満を言う人なら少し考えなおしましょう。

確かに仕事はストレスを感じることもありますが、不満が限界に達したら転職の準備をしたり、なんらかのアクションを起こしたほうがいいですよね。

行動すら起こさずにグチしか言わないのは家庭の空気が悪くなるだけなので要注意です。

結婚してから大きく人が変わってしまうこともありますが、基本的には同棲したりお泊りデートしていれば見えてくる部分でしょう。

今の彼氏は当てはまっている!というのであれば素敵な結婚生活を送れるはずなので安心して結婚を前向きに考えていただければと思います。