「行って良かった!」後悔しないラブホの選び方。

セックスをする場所がないとき、2人だけの思い出を作りたいときなど、ラブホテルは愛し合う2人にとって大変ありがたい存在です。

しかし全てのラブホが最高の時間を演出してくれるわけではありません。

ラブホの中には、2人の思い出を嫌なイメージに変えてしまう、居心地の悪い店舗もあります。

そこで今回はラブホで後悔しないための、選び方のテクニックを紹介します。

高級感のある内観

高級感のある内観
出典:shutterstock


ラブホを利用する目的はセックスをすることなので、接客サービスにお金をかけない分、お部屋のクオリティに全リソースを注いでいます

それはつまり、チープなビジネスホテル並みの宿泊費で、高級観光ホテルのようなリッチルームに泊まれるということです。

清潔にされているのはもちろん、普段旅行では泊まれないような、高級感のある部屋をチョイスすることをおすすめします。

ラブホなら、プール付き・露天風呂付き・100㎡以上の巨大ルームなど、滅多にお目にかかれないゴージャスな部屋に泊まれますよ。

都会から少しだけ離れる

渋谷や新宿・梅田や難波あたりではラブホの数が多く、周辺の観光地へアクセス良好といったメリットがありますが、とにかく料金が高いデメリットがあります。

観光ではなくラブホでの滞在時間をメインに楽しむのであれば、綺麗な設備で料金も安い、郊外よりのラブホをおすすめします。

例えば露天風呂付きの部屋をエリアで比較すると、新宿なら安くても一泊10,000円前後しますが、池袋なら7,000円台で泊まれます。

少しの距離で値段が大きく変わるので、特別なこだわりがない場合は、郊外よりのラブホがお得です。

予約OKなラブホ

予約OKなラブホ
出典:shutterstock


通常の宿泊施設では考えられませんが、ラブホは店舗によって予約できないところがあります。

その理由は、そもそも男女がデートの終盤などに突発的に入るケースが多いから。設備を豪華にしている分人件費を抑えているから。などなど。

「カップルでラブホに行く」という明確な目的があるなら、予約可能店舗が絶対におすすめです。

「希望する部屋が満室だった」「待ち時間が気まずかった」など、トラブルを回避できるので、予約OKなラブホを選びましょう。

食事が美味しいラブホ

食事が美味しいラブホ
出典:shutterstock


ラブホの醍醐味は、大好きな人との甘い時間やゴージャスな部屋の設備だけではありません。

ホテルによっては、しっかりとした厨房を用意して、調理免許を持つスタッフを雇っているので、レストラン顔負けの料理が楽しめます

しかもフード料金は格安だったり、朝食は無料だったりサービス旺盛なので、せっかく行くなら美味しいメニューがあるラブホが良いでしょう。

料理に関しては、ラブホ検索サイトなどで口コミをチェックすると分かりやすいですよ。

関連記事

週間ランキング

  1. 1

    「可愛い春服だけ集めた!」おしゃれさんが今着てるモノって?

  2. 2

    「春のどんなコーデにも合わせやすい!」2022年欲しい、白スニーカーを特集!

  3. 3

    「30代でも着こなせる!」大人女子が選ぶべきビックカラーシャツはこれ!

  4. 4

    【キャンメイク】CICA、涙袋コスメetc…可愛くなれる神がかり新作をチェック!

  5. 5

    「付録のバッグが可愛い~!」今、買って損なしムック本BEST5

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「今年サラっと着たいシャツワンピ♡」2022年おしゃれさんのコーデは?

  2. 「2022年春の気分はスウェット!」こなれ感アップ、さらっと着たいもの♡

  3. 気温差のある春に大活躍!「ニットベスト」の着回しコーデ術♡

  1. 弾力もっちり泡を塗って寝るだけ!?クレシェソワの濃厚ムースマスクをレビュー。

  2. 「しまむら、可愛すぎて驚いた!」絶対買い逃したくない名品BEST5

  3. 【2022年夏トレンド】ウルつや水滴ネイルを100均セルフでやってっみない?