shutterstock_510773548

「私ってどう思われてるの?」ガードの強度で分かる男性の反応・3つ

みなさんは男性に対してどういう基準でガード を固めていますか?

たとえば、まったく興味のない男性に対するガードと、すぐにでも付き合いたい男性に対するガードでは全然強度が違うのではないでしょうか。

普通は興味のない男性にはガードを固めて、付き合いたい男性にはガードを緩めると思うのですが、本当にそれが正解だと自信を持って言えますか?

ガードの役割

ガードを固めるのも緩めるのも女性主導のことです。そのため、「男性を受け入れるかどうかの判断=ガードの強度」だと思っている女性が多いようです。

確かに一理ありますが、実はガードによって男性があなたとの将来性を無意識に見極めようとしていることをご存知ですか?

今回はガードの強度が男性に与える影響を一緒に見ていきましょう。


ゆるゆるガード

shutterstock_510773548

女性からすれば好きな相手にだけゆるゆるガードをしているのかもしれませんね。

しかし、それは相手の気持ちがあなたに向き始めた場合に効果的であって、始めからこのガードでアプローチすると悪印象 を持たれてしまう危険性があります。

いくら「〇〇くんだけだよ」と言おうとも、1対1になったらそういうこと言いかねない女性だと思われてしまっては元も子もありません。

一時はモテるでしょうが、そこに本当の愛があるかどうかの見極めは難しいかもしれません。


普通ガード

shutterstock_439864831

これが「ガード」と名前が少しだけ付いていますが、要は「普通」ということです。

しかし、最近は若干固めになっている女性が多いように思います。仮にそうだとするならば、ガードを緩める必要がありますが、それを怖いと感じる女性も多いのではないでしょうか。

男性は男らしさアピールというか、「行く時は行くぜ!」という雰囲気を醸し出していますが、実際にそうなると腰が引ける男性が多いのです。

2人きりで個室(ホテルや相手の部屋)に行かない限り、そこまでの危険性はないでしょう。ただ、こういう男性が使う手は「お酒 」です。自分も相手もお酒のせいで大胆な行動に出る作戦を使うので、その点だけは注意してください。


がっちりガード

shutterstock_759585928

これはもはや男性というだけで拒絶している状態です。これだと被害に遭う危険性は極めて低くなりますが、男性が寄りつかなくなります。

それどころか、そういう女性が入るだけでグループの雰囲気が変わるので、状況によって女友達からも拒絶されることがあります。

「自分をしっかり持つ」ということは大切なことですが、何事も少し隙のある方がかわいく見えるし、男性も攻めがいがあるものです。


どのガードがいいの?

shutterstock_212493655

こうなるとすべて一長一短です。それではガードの強度をどの程度に設定すればいいのか分からないかもしれませんね。

大切なことはガードを使い分けられる ようになることです。まず、基本は「普通ガード」です。何事も普通が一番です。

そして、嫌なアプローチをしてくる男性に対しては「がっちりガード」で拒絶してください。

さて、問題は気に入った男性にどうアプローチするかということです。大まかには次の3STEPです。

STEP1:交際まで(グループ交際中)は「普通ガード」
STEP2:交際直前「ゆるゆるガード」
STEP3:交際開始後「がっちりガード」

これが最も男性が安心できるガードの強度です。当然のことながらSTEP3でも2人きりの時は「ゆるゆるガード」がいいでしょう。

このギャップに男性は萌えるはずですから。


いかがでしたか?

ガードの強度によって男性の対応も変わりますが、男性との関係性で使い分けるのが良さそうです。

これをマスターするには男性との関係性や愛情度を正しく見極める必要があるので、相手をよく観察していかなければなりません。

がんばってガードマスターになりましょう。